「ビバ!だらだら」 湖国スポーツ

ビバ!蹴球 (南アW杯)

やっぱり、オランダ! しかし、日本も、このまま突き進め!

国際親善試合 2009/09/05 (土) 14:00 (現地時間) / 21:00 (日本時間) @オランダ・エンスヘーデ 日本代表 0-3 オランダ代表  ※ファン・ペルシ(後半24分)、スナイデル(後半28分)、フンテラール(後半42分) 実はオランダ・ファンの私、  ※EUROのイタリア戦、フランス戦参照。 「どっち目線で観ちゃうんだろう・・」 と、思って観だしまし......続きを読む»

おめでとう!岡田JAPAN! 今なら、中田ヒデの言葉もよくわかる?

ワールド・カップ 南アフリカ 2010 アジア地区最終予選 2009/06/06 (土) 23:00 (日本時間/現地時間 19:00) @タシケント 日本代表 1 【試合終了】 0 ウズベキスタン代表  ※得点; 岡崎慎司 (前半09分)  ※退場; 長谷部誠 (後半44分) 勝ちました! 南アフリカへ、一番乗りです!! おめでとう、日本代表!!! 前半......続きを読む»

でかした!岡崎慎司の決定力を観よ! 残り45分、集中だ!

ウズベキスタン、といえば。 1997年のフランス・ワールド・カップ予選の途中、 加茂周監督が更迭されて。 コーチから昇格した岡田武史監督が、初めて指揮を執った場所。 うーん、あれから、12年ですか、、 たしか、中田英寿が、スタメンを外されたんですよね。 (トップ下は、森島寛晃だったかな? これは間違ってるかも) と、いうわけで。 第二次・岡田ジャパン、W杯まで、あと1勝!......続きを読む»

W杯予選。 日本代表、南アフリカ一番乗りへ!

ワールド・カップ 南アフリカ 2010 アジア地区最終予選 2009/06/06 (土) 23:00 (日本時間/現地時間 19:00) @タシケント 日本代表 - ウズベキスタン代表 昨年9月から始まった、最終予選も、残すところ3試合。 気がつけば。 あと1勝で、ワールドカップ出場が決まります。 来るウズベキスタン戦で勝てば、世界最速での出場決定!......続きを読む»

いざ!オーストラリア戦! 「アジアの洗礼」 だけでは、満足できない!

ワールド・カップ 南アフリカ 2010 アジア地区最終予選 2009/02/11 (水) 19:20 @横浜国際総合競技場 日本代表 - オーストラリア代表 いよいよ、ワールドカップ予選の天王山、オーストラリア戦です。 ということで、 ドイツW杯敗戦時の記事 (ココログ) を読み返してみたんですが。 そのあと、アジアカップでも対戦、 『アジアの洗礼』 を浴びせたのも、記憶に......続きを読む»

いざ、オーストラリア戦! 「カイザースラウテルンの蹉跌」 を、思い出そう!

ワールド・カップ 南アフリカ 2010 アジア地区最終予選 2009/02/11 (水) 19:20 @横浜国際総合競技場 日本代表 - オーストラリア代表 いよいよ、ワールドカップ予選の天王山、オーストラリア戦です。 アジア・カップ予選では、バーレーンで苦杯を舐め。 前哨戦のフィンランドは、オーストラリアの仮想敵国として、 どうだったの? とか。。 うーん、いいですねえ。......続きを読む»

達也!玉田!!闘莉王!!! そして、オーストラリアは。

2010 FIFA ワールドカップ・アジア最終予選 第3戦 2008/11/19 (水) 19:30 (現地時間)/25:30 (日本時間) @カタール・ドーハ 日本代表 【 】 カタール代表  得点; 田中達也 (前半19分)、玉田圭司 (後半2分)、田中マルクス闘莉王 (後半23分) やってくれましたね~ 珍しく、直前の試合 (シリア戦) の好調ぶりが反映されて。 そこ......続きを読む»

『ドーハの悲劇』 から、15年。 あの時、貴方は・・?

2010 FIFA ワールドカップ・アジア最終予選 グループ1 2008/11/19 (水) 19:30 (現地時間)/25:30 (日本時間) @カタール・ドーハ 日本代表 【 】 カタール代表 『ドーハの悲劇』 独身寮の食堂、若いモン総出で、鈴なりになって、観てました。。 たしか、NHK-BSで。 現地から、スタジオに切り替わって、、 解説の方々が、凍ってました。。 ......続きを読む»

W杯アジア最終予選、第2節。 本日深夜、BSで。

ワールド・カップ 南アフリカ 2010 アジア地区最終予選 第2節 2008/09/10(水) ウズベキスタン - オーストラリア @ウズベキスタン カタール - バーレーン @カタール バーレーン戦の興奮&冷や汗が、ようやくおさまってきた今日この頃。 本日深夜には、早くも第2節が、行われます。 グループ1最強の名高いオーストラリアが、初登場。 アウェー戦を......続きを読む»

取って、取られて。 やはり、最終予選は甘くない。

ワールド・カップ 南アフリカ 2010 アジア地区最終予選 第1戦 2008/09/06(土) 21:30 (現地時間/日本時間27:30) @バーレーン・マナマ バーレーン 2-3 日本代表  得点;中村俊輔(前半18分)、遠藤保仁(前半44分)、中村憲剛(後半40分)     ;サルマン・イサ(後半42分)、オウンゴール(後半43分) 後半。 ひさびさ、ゆっくり観られる試......続きを読む»

俊輔、先制弾! 遠藤、コロコロPK炸裂!

ワールド・カップ 南アフリカ 2010 アジア地区最終予選 第1戦 2008/09/06(土) 21:30 (現地時間/日本時間27:30) @バーレーン・マナマ バーレーン 0 【前半終了】 2 日本代表  得点;中村俊輔(前半18分)、遠藤保仁(前半44分) 前半開始早々は、まずまず日本ペース。 よしよし、けっこう動けているぞ、、と。 そして、前半18分。 ペナル......続きを読む»

御詫び。

2008/09/05付けエントリーにて、 南アフリカW杯・アジア地区最終予選の日程について、 第1戦&最終戦がアウェー戦になっていたことを取り上げ 「日本サッカー協会の外交力が弱まってきている・・ と感じてしまう」 という記事を公開しました。 多くの皆様から、 「日程は最初から決まっており、事実無根」 というコメントをいただきました。 該記事の真意は、危なっかしい代表を見て心......続きを読む»

日本サッカー協会の外交力は、低下しているのか。

南アフリカ・ワールドカップ、アジア地区最終予選のスケジュールを見て。 珍しいことに、気が付きました。 ワールド・カップ 南アフリカ 2010 アジア地区最終予選 第1戦 2008/09/06(土) (現地時間/日本時間27:00) @バーレーン バーレーン - 日本代表 2008/10/15(水) 開始時間未定  @埼玉スタジアム2002 日本代表 - ウズベキスタン ......続きを読む»

日本、快勝。 松井大輔、キレキレ!

ワールド・カップ2010 アジア地区3次予選 グループ2 第3節 2008/06/02 (月) 19:20 @日産スタジアム 日本代表 3-0 オマーン (2位/勝ち点6/2勝1敗)  (3位/勝ち点3/1勝2敗)  得点 ; 中澤佑二 (前半10分)、大久保嘉人 (前半22分)、中村俊輔 (後半4分) いやー、いい試合でしたねえ。 岡田ジャパンというくくりでなくても、 こ......続きを読む»

再開、W杯アジア3次予選。 それと・・

ワールド・カップ2010 アジア地区3次予選 グループ2 第3節 2008/06/02 (月) 19:20 @日産スタジアム 日本代表 - オマーン (2位/勝ち点3/1勝1敗)  (3位/勝ち点3/1勝1敗)  ワールドカップ予選が、再開されますね。 3次予選のフォーマットとしては、4か国で争い 上位2か国が最終予選へ出場することになっています。   前節、アウェーでバーレ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconagnis1969

管理人:くーまん
岐阜県生まれ。
京都で学生時代を謳歌した
バブル世代。
現在は、湖国在住。
  
マール・ブランシュのモンブランと
浜田省吾を、こよなく愛する
『体脂肪率8%』 の漢。
 
2010年春、
双子の息子と娘を授かり、
仕事・家事・育児に驀進中
な為、ブログは「週刊」化。
 
ホークス・ファン歴’82~
K-1ナマ観戦歴’96~
滋賀レイクスターズの
ボランティア歴’07~
(参入0年目から)
シィカさん親衛隊No.2、
改めフキさん近衛隊先鋒
 
愛機ニコンを片手に
アリーナへ、スタジアムへ。
初号機D50 (2006/02~)
弐号機D5100 (2011/09~)
 
ブログ開設:2006/11/01
(それ以前のアーカイブは
 ココログから転載)
 
画像、図表、文章などの
著作権は、特記のない限り、
管理人にあります。   
選手名を呼び捨てにしている
場合がありますが、
他意はありません。
論理性、道徳性に欠ける
コメントは削除される
可能性があります。
誤字脱字、事実誤認記事が
ある場合は御指摘ください。
  • 昨日のページビュー:35
  • 累計のページビュー:5435120

(05月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 盗まれた 『五輪韓国人選手、竹島アピール問題』 レポ。
  2. 消された日本代表選手。 冤罪を認めない、Jリーグの”闇”
  3. 東京 ”ドームラン” 批判を、嘆く。
  4. 大阪桐蔭、うちとったり。 されど、3季連覇を止めた代償は大きかった。
  5. 貴方が愛するJクラブが、ライセンスを取り消される日。~J1・J2まとめ~
  6. センバツ。 イチ押し1年生エース(新2年)、無念の敗退。。
  7. グラゼニ。 12球団総年俸事情。
  8. 1勝の格差。 選手年俸的に最も効率よく、勝ちを積み重ねた球団は。
  9. 貴方が愛するJクラブが、ライセンスを取り消される日。
  10. 西武と巨人のドラフト10年戦争。

月別アーカイブ

2017
02
2016
11
10
09
08
07
06
04
03
2015
10
09
07
06
05
03
02
2014
12
10
09
07
06
05
04
03
02
2013
12
11
10
09
08
07
06
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss