「ビバ!だらだら」 湖国スポーツ

おめでとう! 初勝利!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロ野球が開幕し、対戦もちょうど2廻り目となった4月第3週。

「初」勝利が目白押しとなりました。

13日は、ジャイアンンツ菅野投手が「神宮球場」初勝利。

12日は、ホークス和田投手が「メジャーからのNPB復帰」初勝利。 マーリンズ期待の若手・二木投手が「正真正銘プロ」初完投、初勝利。

同じ、12日。 ホークスの斐紹選手も「スタメンマスク」初勝利を飾りました。

本当におめでとう!


福岡ソフトバンクホークス、背番号#22、斐紹選手。

山下アヤツグ。 2010年、ドラフト1位。 捕手、習志野高校出身。

昨年は、僅かに11試合の出場で、 通算でも、23試合、20打数5安打。

それが、今シーズンは、細川選手、鶴岡選手、高谷選手、 並み居る先輩を押しのけての「開幕スタメンマスク」

しかしこれは「勝ち取った」というより「育てる」ためのもの。

現に、先発が摂津投手、和田投手といった 実績あるベテラン投手に限っていることからもわかります。

しかし、摂津投手の不調、打線の低調さとあいまって 斐紹選手がスタメンの5試合では、4敗1分けと未勝利。 開幕11試合で、3勝6敗2分けとスタートに躓いたホークスの 要因のひとつとして、挙げられても致し方ないところ。

4月9、10日の鹿児島・熊本シリーズでは 高谷選手が打っての連勝、借金1まで戻り、さすがにこれは・・ と考えましたが。

さすがは工藤監督。

動じません。

ライオンズ戦、和田投手とのコンビで、斐紹選手が先発マスク。

すげー、どこまで腹が据わっているんだろう。

しかしながら、先発マスク初勝利を挙げた翌日の大宮では また、高谷選手に戻っていました。

多少、負けても、じたばたせず、予定通り「?」、チャンスは与える。

しかし、勝った(しかも打った)とはいえ、簡単に出場機会は増えない。  ※7試合、14打数5安打、打率.357、打点1。

工藤監督が優しいのか、厳しいのか。

いえ、そのバランスが絶妙なのでしょう。

『育てながら、勝つ』2016年シーズンに、期待します。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ビバ!野球 (ホークス)
タグ:
ドラフト1位
斐紹
初勝利
熱闘パ・リーグ
福岡ソフトバンクホークス

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

第4週【かずのすけの日記】

マエケンは変わらなければならない【カープには物語がある 】

3連勝したけども・・【中京地区を応援】

湯上谷竑志(元南海・ダイエー)インタビュー5 大阪から福岡へ【阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」】

いつかこの試合を思い出してきっと泣いてしまう【神﨑奈和の「ろくなもんじゃねぇ!」】

やきゅうがおしごと!【ぬるライクホークス】

ほとんど負け試合をひっくり返しての6連勝・・・吉村の2発につきる【南の島からホークスを応援する】

明日は良い夜明けを迎えたい【無銘のひとりごち】

ブロガープロフィール

profile-iconagnis1969

管理人:くーまん
岐阜県生まれ。
京都で学生時代を謳歌した
バブル世代。
現在は、湖国在住。
  
マール・ブランシュのモンブランと
浜田省吾を、こよなく愛する
『体脂肪率8%』 の漢。
 
2010年春、
双子の息子と娘を授かり、
仕事・家事・育児に驀進中
な為、ブログは「週刊」化。
 
ホークス・ファン歴’82~
K-1ナマ観戦歴’96~
滋賀レイクスターズの
ボランティア歴’07~
(参入0年目から)
シィカさん親衛隊No.2、
改めフキさん近衛隊先鋒
 
愛機ニコンを片手に
アリーナへ、スタジアムへ。
初号機D50 (2006/02~)
弐号機D5100 (2011/09~)
 
ブログ開設:2006/11/01
(それ以前のアーカイブは
 ココログから転載)
 
画像、図表、文章などの
著作権は、特記のない限り、
管理人にあります。   
選手名を呼び捨てにしている
場合がありますが、
他意はありません。
論理性、道徳性に欠ける
コメントは削除される
可能性があります。
誤字脱字、事実誤認記事が
ある場合は御指摘ください。
  • 昨日のページビュー:50
  • 累計のページビュー:5434815

(05月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 盗まれた 『五輪韓国人選手、竹島アピール問題』 レポ。
  2. 消された日本代表選手。 冤罪を認めない、Jリーグの”闇”
  3. 東京 ”ドームラン” 批判を、嘆く。
  4. 大阪桐蔭、うちとったり。 されど、3季連覇を止めた代償は大きかった。
  5. 貴方が愛するJクラブが、ライセンスを取り消される日。~J1・J2まとめ~
  6. センバツ。 イチ押し1年生エース(新2年)、無念の敗退。。
  7. グラゼニ。 12球団総年俸事情。
  8. 1勝の格差。 選手年俸的に最も効率よく、勝ちを積み重ねた球団は。
  9. 貴方が愛するJクラブが、ライセンスを取り消される日。
  10. 西武と巨人のドラフト10年戦争。

月別アーカイブ

2017
02
2016
11
10
09
08
07
06
04
03
2015
10
09
07
06
05
03
02
2014
12
10
09
07
06
05
04
03
02
2013
12
11
10
09
08
07
06
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss