ダブルボギーの憂鬱

大島離脱とエウシーニョの守備

このエントリーをはてなブックマークに追加

引き分けより痛い大島の2ヶ月離脱。 この引き分けを前向きにとらえるのは難しい。一番重要で替えのきかない選手がいなくなったわけで鬼木監督もかなり厳しい状況に追い込まれました。 これからの2ヶ月間の約10試合のボランチは誰を起用するのか、これまでの流れでは森谷あるいは板倉になるのでしょう。 個人的にはエウシーニョを1列前に上げて田坂を右SB、家長を緊急ボランチとして起用する方法が良いと感じています。 大島が何故凄いのか、相手を背負いながらボールをキープしかわして行く事で自らスペースを作り守備のギャップを作れます。森谷もかなり良くなったとはいえ、前から圧力をかけてくるチームや中盤のプレッシャーが強いチーム相手には通用しないでしょう。 川崎で唯一その動きが出来る選手は家長だけです。 もう一つの理由として、エウシーニョが上がりっ放しになった時の守備のカバーはこれまで奈良、奈良が出られない時は大島か阿部が必ず右サイドに下りて守備をしていますが、最近の阿部を見ているとその運動量にチームが甘えてしまった結果、阿部のパフォーマンスが極端に落ちてしまっていると感じます。 先日の神戸戦、前半を終えての走行距離を見てもらえればわかると思います。阿部がダントツの1位、エウシーニョは名前すら入っていません。本来ならあれだけ攻撃参加するサイドバックは走行距離において他を圧倒して1位になっていなければおかしい。 それならばいっそのことエウシーニョを前に置く事で他の選手の守備負担はかなり軽減出来るだろうという発想です。 エウシーニョを1列前に上げるくらいならハイネルに替えても良い。ハイネルなら守備の運動量でも貢献出来る。 サイドバックが攻撃参加するからこそ攻撃に厚みを持たせられるという意見もあるでしょうが、それによって他の選手のパフォーマンスが下がってしまっては本末転倒です。 緊急事態を乗り切る為にも是非こういう布陣を素人ながらに見てみたいと思うわけです。 川崎フロンターレの心臓・大島不在の2ヶ月間、それから近いうちに訪れるネットの出場停止、鬼木采配はどう出るか、注目です。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【浦和レッズ】私と堀監督のサッカー感の違い【スポーツが好き過ぎて】

広島戦フェーズ2:個の力に頼る攻撃では、組織的守備は崩せない【1Q92】

災難として割り切るしかない~川崎vs清水(09月20日)観戦の周辺をウロウロと…【4thDayMarketCenter】

悪癖【コラム風ブログ】

難しい選択~失意の4失点~【ダブルボギーの憂鬱】

クラブ初のACLベスト4へ【コラム風ブログ】

川崎フロンターレ 横浜F・マリノス 小感【ニコ小鉢その2(仮)】

王者のメンタル、王様の風格【ダブルボギーの憂鬱】

ブロガープロフィール

profile-iconadams-cot

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1187419

(12月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. フジテレビ最悪
  2. 低レベルなJリーグ中継
  3. 世界の松山
  4. 国際仕様の松山と国内仕様の石川
  5. 日本ゴルフツアー選手権
  6. マキロイ時代の突入
  7. 最近は日本ツアーも面白い
  8. ミスジャッジによる大きな勝利
  9. G大阪 岩下選手の許されざる行為
  10. ダメ監督の定義

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2016
11
10
09
08
05
04
2015
12
11
09
08
07
06
05
04
03
2014
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss