ダブルボギーの憂鬱

鬼木采配 守りに入る?

このエントリーをはてなブックマークに追加

甲府戦は残念な引き分けでした。 もっと残念なのはスタメンがACLと同じメンバーだった事。このメンバーは間違いなく現在の川崎のベストメンバーでしょう。しかしベストコンディションメンバーだったのかというと疑問が残ります。 これまで素晴らしい采配を見せてきた鬼木監督だけに、このあたりは少し迷いが出てきているのかなあと。 後半は全体的に動きが鈍くなった中、特に阿部、車屋あたりはかなり疲弊していたように見えます。登里離脱により左サイドの選手が長谷川だけとなり、やりくりが難しい状況であったのは間違いないでしょう。 何人かの主力を休ませる意味でも個人的にはエドゥを入れて谷口、奈良のスリーバック、左サイドハーフに長谷川、右サイドハーフにエウシーニョ、最前列に家長、小林、中村憲剛という布陣が見てみたかったし、それを試しやすい相手だったと思います。 あるいはエウシーニョではなくスタートからハイネルで良かったかもしれない。 エウシーニョは常に前がかりとなり攻撃では相手の脅威となる反面、他の選手の守備負担が大きくなっています。だからこそエウシーニョを生かしエウシーニョの守備の穴を小さくする為にもスリーバックが有効だと感じます。甲府戦の1失点目は、エリア内で大島は無理が出来ない中、大島のカバーを怠ったエウシーニョの責任だと思いましたし、恐らくこういう油断こそがこれまで川崎フロンターレをタイトルから遠ざけてきた要因なのだと思います。 鬼木監督の守備戦術意識がまだまだ浸透しきれていないのかもしれない。 中2日のルヴァン杯は大胆なターンオーバーが必要となるも相手はベストメンバーで挑んでくるだろうから失点だけは避けたいところ。 起用された若手がどれだけ活躍して底上げが出来るかもこの試合の見所の一つ。 ただ川崎の生命線であるボランチだけはどうにもならないのが1番の悩みかもしれない。 個人的にはネットの出場停止を見越して大島・家長、あるいは大島を休ませる為にネット・家長のボランチを試してほしいと思います。 フロンターレの現メンバーで大島・ネットの代役を果たせる事が出来るのは唯一家長だけ のような気がします。 この過密日程をいかに乗り切るか、鬼木采配に注目しましょう。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

去年アルビを低迷させた吉田達磨監督はなぜヴァンフォーレで残留圏に留まっているのか?【アルビレックス新潟シンドローム】

栃木vs盛岡(8月26日)観戦の周辺をウロウロ写真で振り返る【4thDayMarketCenter】

最後はグダグダ〜栃木vs盛岡(8月26日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆【4thDayMarketCenter】

【白鳥城の騒霊】なぜアジアサッカー連盟(AFC)は、旭日旗を「差別的」と認定したのか? ~旭日旗問題の背景にある歴史的原因を探る~【白鳥城の騒霊】

鬼木マジック~風間体制負の遺産を財産に~【ダブルボギーの憂鬱】

前半終了【ダブルボギーの憂鬱】

Jリーグホームスタジアム訪問記~川崎フロンターレ~【This is J-league】

大島欠乏症は大久保嘉人の影響【ダブルボギーの憂鬱】

ブロガープロフィール

profile-iconadams-cot

  • 昨日のページビュー:35
  • 累計のページビュー:1184073

(11月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. フジテレビ最悪
  2. 低レベルなJリーグ中継
  3. 世界の松山
  4. 国際仕様の松山と国内仕様の石川
  5. 日本ゴルフツアー選手権
  6. マキロイ時代の突入
  7. 最近は日本ツアーも面白い
  8. ミスジャッジによる大きな勝利
  9. G大阪 岩下選手の許されざる行為
  10. ダメ監督の定義

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2016
11
10
09
08
05
04
2015
12
11
09
08
07
06
05
04
03
2014
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss