About Football

海外移籍は本当に「早いうちに」がいいのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

■日本人選手の海外移籍は今や当たり前である

 今オフも日本人選手の海外移籍が取り沙汰されている。まだ実現には至っていないものの、齋藤学と柴崎岳の両選手がそれぞれ海外に行くのではないかとの噂がある。  一昔前まで日本人選手の海外移籍は一大ニュースだった。日本代表はほぼ国内組で編成されるのが当たり前だったし、だからこそ数少ない海外組はそれだけで輝いて見えたものだ。しかし昨今は日本人選手のレベルが上がってきたということもあり、海外移籍もそれほど珍しいものではなくなった。Jリーグにも海外移籍経験者がだいぶ増えてきた。そんな中で最初に挙げた両選手には焦りもあるのだろう。年齢的にも、代表定着という目標としても。

■「海外移籍は早いうちにするべき」は本当か

いつからか「海外に移籍するならば早い方が良い」という意見をよく聞くようになってきた。  今のサッカー界において、23歳はもはや若手とは言いづらくなってきている。確かに若手と言えば若手だが、20歳前後で活躍する選手が増えてきている中、23歳を若手扱いするのも少々難しい。柴崎岳のように24歳ともなれば立派な中堅選手だ。  極端な話、18歳での海外移籍と30歳での海外移籍はその意味合いも違ってくる。18歳での海外移籍はそのほとんどの場合、青田買いという意味合いが強い。即戦力としてではなく、じっくり育てての将来的な戦力としての獲得だ。だが30歳ともなればベテランである以上、即戦力の意味合いが強い。求められる能力が違うのだ。18歳は結果がでなくても長い目で見てもらえるが、30歳はそうもいかない。そういったことも踏まえての「早いうちにするべき」だと思われる。  しかし早すぎる海外移籍には弊害もある。  仮に18歳でプロ入りしたとする。そこが国内であれ海外であれ、プロ入り後はまずプロ仕様の技術を身につけることから始まる。しかしJリーグと海外、特に欧州とではプレーレベルに差がある。高校から海外に渡った選手がその高いレベルに適応しようとしている間、Jクラブに加入した同い年の選手達は一足先にJリーグに適応し、早々とプロデビューを飾っている、などということもよくある。無論、海外に渡ってすぐに適応出来るに越したことはないのだが、それは口で言うほど簡単ではない。  そのような早期の実戦経験で差を付けられても、ゆくゆく結果を残せればいいのだが、そう上手くもいっていないのが現状だ。  高校から直接海外に渡った伊藤翔は、加入したグルノーブルでは満足に試合に出れず、その後国内へと復帰している。同じく高校から海外に渡った宮市亮は今も海外の地で奮闘はしているのだが、フィジカル面での適応に苦しみ、怪我を繰り返している。日本のユースからスペインへと渡った指宿洋史も、下部リーグとはいえ二桁得点を上げるなどの活躍を見せた。その後満を持して国内に復帰し「日本代表も狙える逸材」との評を得たが、現実にはなっていない。

■何が成功で、何が失敗なのか

「試合に出られないことが失敗だと思っていない」  2010~2012年にドイツのケルンに在籍した槙野智章の言葉である。槙野のケルン時代の成績は確かに数字上で見れば失敗なのかもしれない。移籍1年目の出場は5試合、翌年も3試合のみの出場に留まり、志半ばで日本に帰国した。  10代のうちから海外に渡ったとしよう。移籍先で満足に試合に出られずベンチを温める日々が続く。世間一般の目で見ればこの移籍は失敗と捉えられるだろう。しかし冒頭の言葉にもあるように、試合に出られないこと=失敗と考えるのは僕らの勝手な固定観念とも言える。試合に出られずとも、異国の地で経験を積み、それを今後の人生に還元出来るのであれば、それは成功と言ってもいいのではないだろうか。  サッカー選手として、もしくは一人の人間として様々な経験を積むために「海外移籍は早いうちに」がいいのかもしれない。若いうちの失敗は何度でも挽回できる。国内復帰後に結果を残せれば、再び海外へと渡れる日も来るはずだ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

海外移籍は本当に「早いうちに」がいいのか

なにを起点として見るか で変わるでしょう

日本代表がW杯で優勝するような戦力を有する為なら、有望な若手を片っ端から欧州に送り、ダメなら戻すを繰り返す
それによって若い年代から欧州のサッカーのレベルに対応できる選手が排出され、それが各ポジションで総勢50人ほど作ることができればW杯でも戦える戦力になるでしょう

ただ有望な若手が国内からいなくなりすぎるのも問題だと思うので、そのバランスは難しいでしょうね

協会が日本サッカーの強化という名目に力を入れたいのであれば、少なくとも短期留学や対欧州戦を必要以上に詰め込むべきだと思います

結局海外移籍の一番のメリットは、日本にいるよりも世界レベルを経験しやすいこと
に尽きます

CWCの鹿島のような特例でもない限りレアルのようなチームと試合をすることは不可能です
がリーガにいればレアルやバルサと プレミアなら ブンデスなら
というように一流を経験できます

こんな記事も読みたい

2016グランパス選手評 背番号34 グスタボ・サントス・コスタ【赤の血潮と、青の魂】

【鹿島】 新国立競技場を鹿島のホームスタジアムにするという構想【常勝紅鹿】

川崎フロンターレボランチ~攻撃陣陣予想【ダブルボギーの憂鬱】

ブロガープロフィール

profile-iconaboutfootball

東北の某県在住、25歳男。
黄金の某J1チームを愛す。
某某言ってるのはなんかそのほうがかっこいいと思ってるからです。
  • 昨日のページビュー:540
  • 累計のページビュー:18703

(02月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. Jに韓国代表GK大集合という珍現象
  2. 海外移籍は本当に「早いうちに」がいいのか
  3. About Football
  4. 戦術ロングスローがトレンドとなる日は来るのか
  5. ブーイングという愛情表現

月別アーカイブ

2017
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年02月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss