いろいろ所持雑感

昨夜の高城は悪くないリードでしたが・・・それと、パットン

このエントリーをはてなブックマークに追加

高城への批判が凄かったです。

同様に薮田を打てない白崎への怒号も凄かったですが結果至上主義過ぎる気がします。 広島ファンさん側の昨夜の薮田への評価でも聞いて欲しいです。

昨夜の薮田が、どういう投球をしたかも理解できていないようでしたが凄く悲しくなりました。 批判するのも構いませんが、どういう水準の攻防がなされ、結果、どうしてダメだったか?

why? どうして打たれたのか、どうやれば抑えられたのか?

その意識がないと、結果至上主義に陥り易いです。 選手を過度に批判しない為にも、そして、より深みのある野球談議する為にも、お願いしたいです。

最も、内容ではなく、その結果に一喜一憂するのも野球の醍醐味です。 そして、感情が、昂ぶるのも野球ファンだからなんでしょう。 これも野球の一部かもしれません。

さて、 高城に関してです。

ヤスアキをリードしての7回の攻防。 状況に応じて配球を変え、その成長を覚えました。 ワンアウト2,3塁と、ツーアウトで配球の質が違っていましたがわかりますかね。

その機微がわかれば良いのですが・・・ その方針自体、定石なのですが、松山への対処に、その成長を覚えます。

松山(落ちる球が得意)とか、ヤスアキと相性が良く、その松山に対し上手く対応したんですけどね。

(後日、時間がある時にでも、その攻防について追記するかもです)

しかも、事前にマウンドに歩み寄り、ヤスアキと、方針を決めて挑んでいます。

あれだけ打たれても、ランナーを出しても、粘り強く、最後の一線を超えさせませんでした。

濱口への対応も含め、もう少し、ベイの第二捕手を評価して欲しく思っています。

次に、 パットンです。

パットン攻略法はコンパクトに振り抜く事でしたが、早速、広島さんにヤラレテしまいました。 あのストレートに球威があれば、詰まるのですが、

そう言う類のストレートではないようです。 球質は軽いように感じました。

ヤクルト戦でも流し方向に意識が高い打者に対し、パットンは苦戦して居ました。 初見でも対応されていましたが、球質が軽く(可能性として)、他に軸になる変化球がない。

コンパクトに振り抜く意識で対応されると変化球自体が機能し難いです

マシソンのように、球威で押しつぶされますと、コンパクトに振り抜いても前に飛ばずせず対応が難しいのですが、パットンの、それは、どうも私の想定以上に軽そうな感じです。

解説の宮本さんが、 パットンを評し、暫くは大丈夫じゃないのか?っと語っていましたが、

存外早く、その暫くが終わってしまいそうな感覚です。 広島さんのような右打ち、しっかりしている打線が、セで、どの程度あるのかわかりませんが、 昨夜のような試合を見てしまうと、パットン、広島戦で機能し難く感じます。

広島さんの場合、

2015年08月19 なぜ? 広島は八木を苦手としているのか? 雑感

この対策で、 2015年オフに、かなり右打ちの練習をしています。(確か石井打撃コーチが音頭をとっていたハズ)

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

昨夜の高城は悪くないリードでしたが・・・それと、パットン

それでも9回の配球は疑問だらけです。
コメント失礼します。
まず新井に対してですが、ストレート3球で1-2に追い込んでから外ボール球のスライダーをやっとこファールにします。ここで高城は外角低めストレートを勝負球に要求(見せ球を要求したようには見えない)。内角高めに抜けたボールを二遊間に打たれましたが、最終回の先頭打者しかも新井に対してあまりにも簡単に行きすきました。もう1球スライダーを見せるか、むしろ勝負球はスライダーで良かったと思います。
続く鈴木誠也には初球のストレートが高めに抜け、2球目のストレートを中途半端なスイングでファール。3球目のストレートが高めに浮きセンター前にはじき返されます。鈴木誠也は前の打席(投手=ヤマヤス)にストレートで3球三振に倒れていましたが、同じ配球で抑えられるほど易しい相手ではないと思います。また、あれだけストレートを意識させた挙句に要求するストレートにどんな意図があったのか。未だ理解出来ません。
そしてノーアウトランナー1・2塁からエルドレッドに同点打を浴びる訳ですが、鈴木同様前の打席で低めの変化球を2球続けて内野ゴロ(記録は内野安打)を打たせた次の打席でした。低めの変化球を完全に狙われていましたね。高城の要求よりも少し低かった分オーバーフェンスこそしませんでしたが、前の打席の反省をしっかり活かしたナイスバッティングでした。もしこの場面で変化球を要求するとしたらワンバウンドかバットの届かないコースです。しかし高城のミットはストライクゾーンの中にありました。
ここまでくると高城は打者の前の打席の配球を覚えていないのではないかと思ってしまいます。若しくはスコアラーのデータを信じ切って試合で得た情報に耳を塞いでいるのか。どちらにせよ心配ですね。
確かにパットンは一本調子ですし細かいコントロールもありません。それでも何とかしなければならないのが捕手の務めではないでしょうか。厳しい意見かもしれませんが、9回の高城のリードは批判されて当然かなと思います。

昨夜の高城は悪くないリードでしたが・・・それと、パットン

コメント失礼します。

高城よかったと思います。
リードだけじゃなく落ち着きがありましたからね。
須田の場面でランナーが走りましたが、外すように指示を出してましたし、山崎の時にはワイルドピッチの後にツーシームを投げさせて三振を取りました。

パットンについてはコンパクトに対応されると苦しいですね…ストレートで空振りが取れないとスライダーも効果が半減してしまいます。

エルドレッドの時にはもっと低めやコースが外なら空振りや引っ掛けて内野ゴロという計算もあったと思います。
結果は打てれてしまいましたが…

散々叩かれている高城ですが成長してます。

白崎についてですが、薮田投手が完璧でした。
あれは打てません。
150キロ以上のストレートをコーナーに決めてフォークもありますからね。
絶好調の時の筒香でも苦戦するだろうし、打てないかもしれません。
それくらいよかったです。

昨日の高城は素晴らしかったですよね

いつも楽しく読ませてもらってます。
高城の昨日の試合のリードは素晴らしかったですよね。正直見てて感動さえしました。
ピンチのシーンでその成長を実感しました。
簡単にストライクをとりにいかず、打者と駆け引きする。常に最悪の結果を考えながらそうならないように手を打っていくという意思が伝わってきました。

5回の満塁で2アウトエルドレットとの対戦では、無死満塁から2アウトまでこぎつけたわけでストライクを欲しがって痛打され、「あ〜あせっかく2アウトまでとったのに」ということになりそうなシーンですが、カウントが悪くなってもストライクを欲しがらずバッターと駆け引きできてました。
押し出しにはなりましたが、ヒットやホームランを打たれることの可能性としっかり天秤にかけながらリードしているのが伝わってきました。

松山の打席のシーンでも、無理にストライクを取りにいかず打者の打ち気と駆け引きしながら結果三振。
山崎の調子がさほど良くなかった中で、よく無失点で抑えましたよね。

パットンとはあまり実戦でリードした経験がなかったためにうまく噛み合っていなかったかなとは思いますが、特に悲観的になるようなものには見えませんでした。

今までは幼い印象を拭えなかった高城ですが、昨日の試合でしっかりとした1軍の大人のキャッチャーに成長していることがわかってうれしかったです。

他のブログでは悲観的な意見ばかりですが正直「なんで?」という感じでした。
まあ、筒香には復調して欲しいですし、白崎はもっとたくましくなって欲しいし、9回に点とっていればと思います。でも

・濱口は1軍で十分通用する。しかも広島打線相手でも通用することが証明された。
・高城のレベルは1軍のキャッチャーとして他のどのチームの主戦キャッチャーとも遜色ないレベルに達しつつある。戸柱を休ませてもまったくレベルは落ちない。

という点はもっと喜んでいいことだと思うんですよね。
濱口は今後もローテを守れるし、高城はこの年齢でここまで成長してくれたわけで、チームにとってすごく大きなことですよね。

チーム状況が苦しいことに変わりはないですが(中継ぎを休ませたい)、チーム力は確実に上がっていることを昨日の試合で感じました。

こんな記事も読みたい

連敗脱出のホークスの論点、今後へ向けて【関東在住でタマスタに観戦に行くぐらいにはホークス好きなファンの駄文】

決戦は水曜日【横浜から楽天イーグルスを応援するブログ】

《マリーンズ》歯車ガッタガタ【南大阪に吹くマリンの風】

負けたというより、カープが恐ろしすぎる。【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

次が大事【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

言いたくないけど、そろそろ見つめなくてはならない【野球から横浜DeNAベイスターズを扱うブログ】

筒香嘉智の軸足問題【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

一本調子は仕方ない【百万の綺羅星】

ブロガープロフィール

profile-iconaaakkk

ベイスターズファン です。

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:9940901

(04月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2016年 新春セ・リーグ順位予想 
  2. 落合GMの評価とは? 雑感
  3. 来季、オリックスの布陣を予想してみた
  4. 大竹の巨人移籍でセ4球団ニンマリ!?
  5. 広島本部長発言から感じた違和感と、広島の評価を下げた理由
  6. 巨人30億円補強による影響と雑感(巨人がプロテクトから外すかもしれない選手について 他)
  7. 大島、俺なら使わないに関しての雑感
  8. 李大浩 2年総額7億円じゃあ…「話にならない」に対する検証
  9. 中村ノリ 懲罰降格に対する雑感・・・
  10. 某二塁手の実力を検証

月別アーカイブ

2019
01
2017
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss