いろいろ所持雑感

実は横浜は強かったかもしれない。 セ・リーグ 各チームにおける外国人活躍度 について雑感

このエントリーをはてなブックマークに追加

広島歓喜の瞬間まで、本当に、もう少しです。 そこに至るまでの、関係者の努力に頭が下がります。 戦力分析していてつくづく、そう思います。

ある日、突然、チームは強くなれないです。

関連記事 広島Bクラス時代の迷走と今後 2013年 総括と展望

当時記事で書いた通り、そして多くの広島ファンさんが感じていた通り、

上昇気流を感じるが故に、2014年シーズンの広島、前途洋々に感じています

その基調にのっての栄冠になりそうです。

一方、 横浜苦戦の原因を鑑みますに、横浜も怪我が多かったですが(山口が2回計1か月半、今永1か月、藤岡痛恨、梶谷、筒香、ロペス骨折)、

それ以上に誤算だったのが外国人です。



以下、現在の各チームにおける外国人の貢献度です。

使用した数字はRCWINと、RSWINです。 どれだけ勝利をリーグ平均に比べ生み出したかです。

チーム全体で、この数字の合計が0の場合、72勝72敗(=144試合ですがイメージし易すさを優先しています)の予想成績となります。

この数字の合算が+10の場合、82勝62敗、つまり貯金20となり、-10の場合は62勝82敗が予想成績となります。

この数字で+10を超えて来ますと優勝相当、+15以上で独走となります。

昨年は、+4.5のヤクルトが優勝しましたが、混戦だったセでした。

関連記事 2016年 新春セ・リーグ順位予想 編集後記

新春予想記事にも書きましたが、チーム間格差(近年比較で)が2012年(村田、杉内を補強した巨人との差)との比較で随分縮まりました。

尚、 2015年、チームRSWIN、RCWINの合算順にみますと、 巨人+7 広島+5 ヤクルト+4.5 中日-1.5 阪神-7 横浜-9

でした。

関連記事 2015年08月31日 監督変えず、現行体制の維持でも良いのでは? 横浜の生え抜きだけでみた戦力推移と、その雑感

中畑監督の采配については、全面的に肯定できない部分もありましたが、チームとしては当該期間中着実に戦力を増してきています。 そして、最下位当たり前から、普通の最下位レベル(合算で-10 借金20相当)で4年間を終えました。

-20(借金40)以上が当たり前だった時代を思うと、質的には随分改善されています。 外国人に頼らない骨太さがあった事は記事で書いている通りです。

尚、今年、優勝間近の広島さんですが、2014年には巨人さんを抑えリーグトップの数字を記録しており、近年実績で言いますと非常に安定したチームでした。

さて、今年です。 日本人選手含む、チーム全体の合算値云々詳細は総括記事に回す予定ですが、

現在、各チームの外国人が生み出しているRCWINと、RSWINの合算値は以下の通りです。

① 広島 +7.92 ② 阪神 +4.03 ③ 巨人 +2.32 ④ ヤクルト +1.61 ⑤ 中日 +1.49 ⑥ 横浜 -4.34

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

実は横浜は強かったかもしれない。 セ・リーグ 各チームにおける外国人活躍度 について雑感

seriseriさん、コメントありがとうございます。

>外国人野手に関していうと、近年はやはりNPBのレベルも相当上がっているので

最近、ドンドン、NPBがMLB化しており(投手の使う球種)、
そうなりますと、MLBで活躍出来ない打者は、活躍し難くなるというのが私の抱いている印象です。

仰る通り、
三振率は、ダイレクトで効いていますね。

ビシエド、もう少しホームラン打つと思っていましたが、打ちたがり屋さんなので苦労しています。
(ボール気味のボールが多く、苦戦しています)

>外国人の補強はほぼ唯一の即効性のある補強可能な選手なのに、このようにハードルが高い(MLBの年俸高騰の煽りを受けてますね)のは、思い切った資金投入ができないチームには難しくなってきていると感じますね。。。

野手は、本当に難しいです。
即通用するケースが見当たらなくなり、

>日本で本格的に開花するのに年単位での対応が必要

適応能力も含め、考える必要がありそうです。

実は横浜は強かったかもしれない。 セ・リーグ 各チームにおける外国人活躍度 について雑感

外国人野手に関していうと、近年はやはりNPBのレベルも相当上がっているので、MLBでそれ相応の実績がある、あるいはプロスペクトとしての期待値がある程度以上に高かった選手で、かつ三振率が高くない選手というのが活躍する条件な気がします。それも、本格的に稼働するのは1年目ではなく、2年目、3年目以降となることが多いです。それだけ、NPBのレベルが高く、他リーグからの移籍の場合、馴染むのに時間がかかるということだと思います。そういう意味では初年度から活躍を期待することは相当難しいんだと感じます。
例えばエルドレッドにせよ、バレンティンにせよ、MLBファンなら名前くらいは聞いたことがあるプロスペクトで、それでも日本で本格的に開花するのに年単位での対応が必要でした。アンドリュー・ジョーンズやケーシー・マギー、ギャレット・ジョーンズなんかはバリバリのMLB選手でしたが、やっぱりそれなりな時間がかかります(対応力に個人差はあるが)。さらには福留なども野手の場合は帰ってきてからの対応に時間がかかる典型だと思っています。そういう観点が外国人補強の場合は抜けているのかなと感じる次第です。ついでにビシエドやホアン・フランシスコは三振率が高すぎて使い物にならない典型ですね(笑)
外国人の補強はほぼ唯一の即効性のある補強可能な選手なのに、このようにハードルが高い(MLBの年俸高騰の煽りを受けてますね)のは、思い切った資金投入ができないチームには難しくなってきていると感じますね。。。

実は横浜は強かったかもしれない。 セ・リーグ 各チームにおける外国人活躍度 について雑感

temoさん、コメントありがとうございます。

>阪神は資金力がありながら呉ら高額選手を解雇して、
思い切った編成になるはずでしたが、しかし、数字で見る限りはうまくいっていますネ。

CSを勝ち上がった2014年(8.5を記録)との比較で、半分以下ですから、阪神ファンさん的な感覚で言いますと、活躍してないと感じているかもです。

ですが、
まずまず活躍しています。

>外国人スカウトに失敗しているのは残念です。

もう少し、ガンバって欲しいです。
特に中継ぎには苦言を呈したい状態でした。

阪神さんもシーズン中にサターホワイトを獲得していますが、まずまず活躍していますし、差を覚えます。

>反面、チームとしての成熟具合が、現時点での彼我の差、だと思いたいところです。

阪神さんの場合、チーム方針が変わった事で副作用が生じており、
鳥谷、上本、ゴメスらのバッティングスタイルが変化しています。
その結果の・・・もあると思っています。

コーチ陣も、ほぼ総入れ替えですし、チーム成熟度で言いますと差がある状況です。
その差はありますかね。

実は横浜は強かったかもしれない。 セ・リーグ 各チームにおける外国人活躍度 について雑感

こんばんは。

外国人の活躍度の記事、読ませていただきました。
シーズンが始まる前にも言われていたと思いますが、阪神は資金力がありながら呉ら高額選手を解雇して、
思い切った編成になるはずでしたが、しかし、数字で見る限りはうまくいっていますネ。
こうして考えてみると、確か、阪神との間でサードと中継ぎを取り合っていた(らしい)横浜が、
どうも貧乏クジというか、外国人スカウトに失敗しているのは残念です。
反面、チームとしての成熟具合が、現時点での彼我の差、だと思いたいところです。

個人的には、DeNAになってから3年目の外国人選手が少ないところで、ロペスに頑張ってもらいたくもあります。

こんな記事も読みたい

ジャイアンツ2軍、 平均点の選手より個性が光る選手を【頑張れ!ジャイアンツ 2017】

誰かあのネット記事の間違いを指摘してあげてくれ【チュート・ハンパーのレッツゴープロ野球!】

石原慶幸という存在【カープ一筋40年の独り言】

3戦目、コレつかうこと多いやよ!/しーえす、どんなところやよか? [9月5日~8日]【ベイスたんのブログやよ!】

ヤクルトの執念。逆転負け。【ベイスターズファンの慟哭】

CSへの道険し【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

とにかかく目の前の試合に勝つしかない【YOKOHAMA lover】

石田健大6回86球無失点交代と中継ぎの内角使い方問題【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

ブロガープロフィール

profile-iconaaakkk

。。。。
  • 昨日のページビュー:6362
  • 累計のページビュー:11148326

(10月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2016年 新春セ・リーグ順位予想 
  2. 落合GMの評価とは? 雑感
  3. 広島本部長発言から感じた違和感と、広島の評価を下げた理由
  4. 来季、オリックスの布陣を予想してみた
  5. 大竹の巨人移籍でセ4球団ニンマリ!?
  6. 巨人30億円補強による影響と雑感(巨人がプロテクトから外すかもしれない選手について 他)
  7. 大島、俺なら使わないに関しての雑感
  8. 李大浩 2年総額7億円じゃあ…「話にならない」に対する検証
  9. 中村ノリ 懲罰降格に対する雑感・・・
  10. 某二塁手の実力を検証

月別アーカイブ

2019
01
2017
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss