いろいろ所持雑感

横浜、二軍育成状況確認② 阪神ファーム成績と一軍に戦力が供給され始めた状況について 

このエントリーをはてなブックマークに追加

本来ならカテゴリー違いですが、 横浜の二軍成績を評価する為の参考資料として位置しています。

前記事 横浜、二軍育成状況の確認の① 序論 前資料

ご了解願います。

横浜の状況を理解して頂くには、他球団との比較をした方が分かりやすいです。 中日の二軍状況を俯瞰する為に、前資料として、

横浜の育成状況記事を書いた目的と同じです。

関連記事 中日の育成状況 その確認の前に横浜のモデルケースを



以下、阪神さんの状況です。

4年目北條、飛躍の裏にある阪神の新育成システムと超変革の融合

とありますが、 阪神の状況が良くなり始めたのは、和田監督2年目以降。 切っ掛けは中村GMの就任が大きかったように感じます。

もっと言いますと、 南球団社長就任以来、陰に陽にチーム強化に取り組んでます。

中日さんのような派閥争いが原因の強烈な断裂ではなく、球団として失敗体験も成功体験も共有していたのが強みだったかもしれません。

金本阪神と、谷繁中日の大きな差ですが、

前任者が畑を耕し、種を撒き、その芽が芽吹きつつあった状態だった事は大きいです。

かつ、阪神ファンさんが、今は芽が芽吹き始めている状態で、その収穫まで時間がかかると認識できている事も大きいでしょうか?

ファンに支持され難い監督は、その場を維持できないです。 名将の条件の一つかもですが、球場を、ファンを味方にできない監督は流れを失いやすい場合が多いです。

今年も(高木監督の解任理由が成績不振であり、順位も4位であった事で成績に関しては不寛容でしょうか?)、Aクラスにすら進出できないのは谷繁に責任がある論を展開していた中日系さんとの温度差は大きかったように感じます。

その一方で、

戦力分析上、より上位だった(評論家諸氏が上位進出を予想しています)金本阪神が最下位になっても、スポナビ系の阪神プロガーさんは割合、自重的に記事を書いてくれるそうな気がしています。

和田阪神が記録していた3位より順位が下ることを許容してくれた阪神ファンさんと、そうなるように空気作りをしてくれた阪神前フロント(数年の成績低迷を許容するような空気感の醸成)。

そうなるよう、前任球団社長が道筋を作ってくれた事が大きいです。 60歳で退任なさりましたが、普通はないです。

球団とファンの現状認識を埋めてくれています。 球団が、その姿勢を明確にし、情報の非対称性を埋めてくれていた事に対し、中日さんは、その逆だったわけです。

球団による支援も、 金本阪神と、谷繁中日では違い過ぎます。

金本監督的に、やり易い環境が整っていたわけです。

巨人さんも、清武の乱の影響か?、妙な世代間断裂が生じていますが、苦戦しているようには感じます。

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

横浜、二軍育成状況確認② 阪神ファーム成績と一軍に戦力が供給され始めた状況について 

ssさん、コメントありがとうございます。

>勇気を持って多くの若手を一軍で使ったのは金本監督の英断ですが、それまでに素質が高い選手(特に野手)をある程度の段階まで育成出来ていた。
>特に中村GMが編成に加わってからは、ドラフトで獲得する選手の質も明らかに以前の阪神とは変わった気がします。

はい、種を撒いていたと思っています。
若干、阪神さんも真弓監督時代に、あれ?という状態に陥ったのですが、その反省に基づき上手く体制を整えましたよね。

問題は、それが組織的なものなのか、中村GM個人による所(南球団社長、和田さん含むトロイカ体制も大きかったですが)が大きいのか、これからですかね。

>あとは順調にその花を咲かせる事が出来るかどうかですね。
まあここが一番難しいんでしょうけど。

そこが一番、気になります。
コーチ陣見ますと、監督同様、経験がなく、何処まで育成に向くのか不明なんですよね。
危うい部分も感じはします。

横浜、二軍育成状況確認② 阪神ファーム成績と一軍に戦力が供給され始めた状況について 

仰るとおり、阪神の場合はこれまでの種蒔きが大きかったですね。
勇気を持って多くの若手を一軍で使ったのは金本監督の英断ですが、それまでに素質が高い選手(特に野手)をある程度の段階まで育成出来ていた。
特に中村GMが編成に加わってからは、ドラフトで獲得する選手の質も明らかに以前の阪神とは変わった気がします。
あとは順調にその花を咲かせる事が出来るかどうかですね。
まあここが一番難しいんでしょうけど。

横浜、二軍育成状況の確認② 阪神ファーム成績と一軍に戦力が供給され始めた状況について 

wan85さん、コメントありがとうございます。

>特に志半ばで亡くなった中村GMについては、その実績に対して正当な評価がなされていない

私的評価ですが、良い仕事していたようには感じています。
中日がファームチーム成績の割に、一軍へ戦力を供給出来ていませんが、まぁ、それりゃ、そうで、

一方、金本監督が、戦力を2軍から引き上げられるのは、その準備が出来ていたからです。
出来てないと、巨人や中日さんのように、有力な候補が不在になります。

>本当に選手の育成には時間がかかり、我慢が必要ですね。
>今年のカープを見ているとよくわかります。

2番、菊池とか見ていますと、感慨深いですが、ある日、突然強くならないです。

>私も今年の阪神の低迷にイライラしていたことを反省し、我慢強く見守りたいと思います。

新規一転、リセットが掛かっており(前向きな体制変革)、
その副作用が随所に見受けられます。

数年かかる変革と思いますので、その変化を注意深く見守って下さい。

個人的に、全体統括で金本監督の補佐が必要とも思っています。
球団上層部も含め意見を言える人が少ないですかね。

危険な部分も感じます。(危うさを強く覚える)

監督も孤独になり易いでしょうし、中村GM、南球団社長、和田監督のように上手く連携できると良いのですが、若干、賭けに近い部分は覚えます。

編成も含め、全部投げていますからね。

監督に対等な立場でモノ申せそうなのは、
掛布さんぐらいでしょうか?

この人、本当に優秀と思います。
いい仕事していますかね。(横浜に欲しいです)

「横浜、二軍育成状況の確認② 阪神ファーム成績と一軍に戦力が供給され始めた状況について 」へのコメント

阪神ファンですが、コメント失礼します。和田監督、中村GM時代の将来のチーム強化への取り組みについて、冷静かつ的確に評価していただき、感謝しています。特に志半ばで亡くなった中村GMについては、その実績に対して正当な評価がなされていないと常々感じていましたので、他球団ファンの方からこのような見方をしていただいている事に対して嬉しく思います。本当に選手の育成には時間がかかり、我慢が必要ですね。言われている通り、チームは突然強くなりません。今年のカープを見ているとよくわかります。私も今年の阪神の低迷にイライラしていたことを反省し、我慢強く見守りたいと思います。

こんな記事も読みたい

【8月】鎌熊通信【投】【札幌ドームが見える部屋から】

千賀1失点完投でマジック19!!【南の島からホークスを応援する】

他力・・・【愛しのレッド】

今永昇太、7回93球無失点交代問題とブルペンの登板数問題【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

山﨑康晃と三浦大輔のストレート問題【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

ツキもあったとはいえ、いろいろな逆境をはねのけての勝ちは本当に大きい【温故知新ベイスターズ~2017】

接戦を逆転で制して連勝!須田、山﨑康晃が好救援!【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

息詰まる熱戦。執念で勝ち切る。【ベイスターズファンの慟哭】

ブロガープロフィール

profile-iconaaakkk

。。。。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:11469726

(12月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2016年 新春セ・リーグ順位予想 
  2. 落合GMの評価とは? 雑感
  3. 広島本部長発言から感じた違和感と、広島の評価を下げた理由
  4. 来季、オリックスの布陣を予想してみた
  5. 大竹の巨人移籍でセ4球団ニンマリ!?
  6. 巨人30億円補強による影響と雑感(巨人がプロテクトから外すかもしれない選手について 他)
  7. 大島、俺なら使わないに関しての雑感
  8. 李大浩 2年総額7億円じゃあ…「話にならない」に対する検証
  9. 中村ノリ 懲罰降格に対する雑感・・・
  10. 某二塁手の実力を検証

月別アーカイブ

2019
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss