いろいろ所持雑感

広島本部長発言から感じた違和感と、広島の評価を下げた理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

前記事で、2016年広島の可能性を記述しました。

可能性を感じる広島ですが、

反面、チームを引っ張るべく30代前後の主力野手選手が不在で、 チームが苦しくなると、混乱が長引く傾向にあると感じてます。

ヤクルトで言う、川端、畠山のような主力野手が不在です。

若いチームとは、そう言う傾向があります。(経験がなく、引き出しがないので当たり前なのですが)

2014年、横浜が序盤苦しんだ際、それを救ったのは、中村ノリヒロという4番です。 2015年、広島を救ったのも、新井。

チームの調子が悪くなった時、その空気を変えてくれる人が、強いチームには多数、居る場合が多いです。 その面で、広島は手薄だったかもしれません。

もっとも、 菊丸他が経験を踏むに従い、そう言った若さも、解消傾向なのですが、 未だ残っている気がします。

その原因を読み解くと、 形のありやなしや。

横浜の場合、筒香、お願いしますという打線の核(圧倒的な個、ヤクルト野村監督で言う4番)と、苦しくても最後は山崎という、必勝の形があります。 ファンも、それを期待しているので、球場の空気変わります。 相手も、やり辛いでしょうね。

形がありますと、選手個々は、そこに向けて準備して行きます。 気持ちが一致しやすく、力を出し易いです。 後ろの形が決まっていると、中継ぎ陣も準備し易いですが、そんな感じです。

野球とは準備のスポーツと思いますが、 その必勝の形に向けて、チーム全体が準備していくと、より力を発揮しやすいです。

その形を作り易くしてくれるのが試合で主力として出ている30歳代前後の試合経験豊富なベテランである場合が多く、 かつ、形が壊れても、見失わせないようにするのが、そんな選手達です。

形がなく見失うと、2014年の4月の横浜のように無残なチームになります。 チームがバラバラになり空中分解しかねます。

広島の場合、必勝の形が作れず、ない故に、戦力の割に勝てなかったと見ています。 2015年、その面で苦戦しています。 OB前田が、一時期の広島を指してプレッシャーに負けていると精神論で語っていましたが、それは、その時期、勝ち方を見失っていたからです。

広島に覇気がない理由の考察と、横浜

一方で、勝ち方がわかっていると、ヤクルトのように、頑張れます。

ヤクルトが優勝できたのは、その必勝の形があったからで、 これは阪神も同様です。

さて、 そんな広島に対し、 そのチームの責任者の一人が、現場リーダーに対し、投げかけたコトバですが、

【カープ】本部長「緒方監督にも話をしたが1点差負けはベンチの責任。今季はマズイ野球で戦略が足りなかった」

本部長:緒方監督にも話をしたが、1点差負けはベンチの責任。シーズンの得失点差はプラス32。野球がまずく、戦略が足りなかった。

本部長:投手攻略を打者任せにしてはいけなかった。待球、右打ちなどはベンチの指示でやりたい。石井、東出両打撃コーチは戦略を練ることができる。

新井打撃コーチ騒動とリンクしているかもですね。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

広島本部長発言から感じた違和感と、広島の評価を下げた理由

ithinksoさん、コメントありがとうございます。

どちらにしろ異例の発言とは思います。
かつ、かなり強い表現での不満表明です。

新井コーチ騒動もあり、上層部が現場に対し、疑念を抱いても仕方がない面あるかと。

長年の課題に対してだけなら、
あのような強い表現使わないと私個人は考えています。

取りあえず、その問題点指摘に対し、現場は真摯に取り組んでいる。(オーナーは評価している)
その結果は、石井、東出、両打撃コーチに掛かっていると言う事なんでしょう。

なんですが、やはり厳しいコトバとは感じます。

両打撃コーチの頑張りで、長年の課題と、
>1点差負けはベンチの責任。シーズンの得失点差はプラス32。野球がまずく、戦略が足りなかった。

という部分で、どれほど改善できると球団が考えているのか不明ですが、
強化担当者の責任者としての発言として聞くと、私のような見解になってしまう場合もあると考えます。
(かなり不満に思っている)

編成に問題があるのはわかっていても、采配面にも強い不満があった。

今回、課題として挙がっている話(右打ち、進塁打含め)は、
積み重ねですし、直ぐに、どうにかなる種の話でないと感じていますが、
采配になっています。

やはり、厳しいコトバとは思います。

もう少し、上手く表現できると良かったですが、

ご指摘の内容も御尤もと感じる部分がありますが、強化担当責任者のコトバです。
異例の発言ですし、ざらりとした違和感も感じます、


>「緒方監督に反省してもらわないといけない部分はあるが、同時に成長を期待している。」
「もちろん編成にも反省はあるので、現場と編成とそれぞれ課題克服に向けて進んで行こう。」

は、わかるんですが、
現場の戦略次第で勝てるわけですよね。

長年の課題が絡んでいるのにです。

ここで、どの程度勝てるようになるかで、定量化が出来ませんから(球団じゃないとわからない)、見解わかれるかもですね。

私的には、直ぐには難しく、徐々に良くなる話とみています。
短期で結果、出るものではない話と考えています。

多分、私の反発、違和感の源泉は、
これなんですよね。

短期で結果、出るものではないと感じる話。

これを、もう少し、上手く記事で書ければ良かったのですが、
あまり、そうなってなく、編成の話にフォーカスし過ぎていますね。


広島本部長発言から感じた違和感と、広島の評価を下げた理由

そもそも球団が本当に緒方監督の責任だと考えているなら、緒方監督は解任されているはずではないでしょうか。

ただ実際のところ、解任はおろか早い段階で続投が決まりました。

その点からすると、
「緒方監督に反省してもらわないといけない部分はあるが、同時に成長を期待している。」
「もちろん編成にも反省はあるので、現場と編成とそれぞれ課題克服に向けて進んで行こう。」
と。

球団としてはそう考えているのだろうと思います。

またオーナー自身、編成の失敗について認めているのは事実です。

しかし管理人さんが書かれた本文を見ると本部長の発言についてばかりで、
「オーナーが編成の責任を認めている」ことについての記載が一切ありません。

それはフェアじゃないですし、少し違和感を覚えてコメントしてしまった次第です。

ご迷惑をおかけしてすみませんでした。

広島本部長発言から感じた違和感と、広島の評価を下げた理由

ithinksoさん、コメントありがとうございます。


「右方向に打つとか、進塁打を決めるなど。今年に関して言えば、そういうチームバッティングが、ほとんど出ていなかった。」

っと、松田オーナー自身も発言なさっているようですので、今回の鈴木本部長発言と符合します。

球団上層部として、
現場サイドに問題があったと捉えているのは間違いないです。
ないと言うのなら、あのような発言はしないでしょう。

通常、あいった形で、
実名(本部長名)で、特定の誰か(かつ実名)を名指しで問題視するような発言、私は、あまり聞きません。
(関係者によるととかはありますが)

異例の発言とは感じます。

>「こういうコトバが実名で出てくる組織。空気が悪い場合が多いです。」

の部分に関しては、仰る通り、自分の推論、憶測が入っていますので(そう感じるの世界)、
異例の発言と直しました。

申し訳ありませんした。

広島本部長発言から感じた違和感と、広島の評価を下げた理由

鈴木本部長も別に1点差負けの全責任をベンチに負わせている訳ではないですよね。

選手構成については編成側も反省していますし。

別の記事ですが、オーナーじきじきに
「日本人の長距離砲不在は、われわれが怠ってきたものでもある。それにふさわしい選手を獲得していないのかもしれない。」

「今は15勝エースのピースが欠けている状態。当然、全体で埋めていかないといけない。そのためには抑えやセットアッパーを充実させていかないといけない。1人、いい選手を獲得するというのも当然考えていくだろう。」

と、4番打者不在とリリーフ不足について言及しています。

また4番不在という課題に対し、編成としては昨季それなりに対応はとっていました。

去年は4番候補としてエルドレッドがダメでも大丈夫なように、初年度年俸として球団史上最高額を投じてグスマンを獲得しました。

その後グスマンが開幕してすぐ故障すると、即座に1億円以上の年俸を用意しメジャー実績のあるシアーホルツの獲得に動きました。

また15年ドラフトでは岡田、横山という先発リリーフ両睨みの指名をしています。実際オーナーじきじきに、リリーフ候補として岡田の名前も出しています。

編成も選手構成の歪さは反省しながら、短期的にとれる対策はそれなりにとっています。

また、管理人さんが仰るように、得点効率の悪い野球は緒方監督のせいではなく野村監督時代からの課題、という点はまさにそうです。

ただ現時点で右打ちやチームバッティングができていないのなら、出来るようになる必要があります。

ちなみに菊丸田中は若い若いと言われますが、この3人は同学年で今年27歳です(菊池は早生まれなので26歳)。

會澤は今年28歳。小窪や松山は今年31歳です。

いつまでも「チームが若いから勢いに任せた野球をする」という訳にもいかないです。

そういった点も踏まえ、現場としても今季の戦いについて反省すべき点はありますし、来季に向けてやるべき事は多々あります。

そんな中、オーナーも来季の戦い方に対し
「正しい方向に行っているなと思うのは、秋のキャンプであれだけ一生懸命、バットを振っていたこと。さまざまなシチュエーションを考えながら、ゲーム形式でやってきている。ああいった練習は、必ずどこかで成果が出てくる可能性があるように思う。」

と、来季に向けた現場の動きに対し一定の評価をしています。

「1点差負けはベンチの責任」というあの記事は、本部長の発言の「限られた一部分」を切り取っただけのものです。

本部長の発言の一部分を切り取っただけの記事をもとにして
>「こういうコトバが実名で出てくる組織。空気が悪い場合が多いです。」

と、カープファンでない管理人さんがカープの組織の内情について憶測で言ってしまうのはいかがなものかと、いちカープファンとして思ってしまいました。

こんな記事も読みたい

ラミレス野球は王道野球だ。【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

今年のスワローズに期待すること【今年のプロ野球】

阪神!。四藤慶一郎球団社長「スローガン!・・超変そく!」???。【マニュアルモード「超」】

2016年 広島の可能性 雑感【いろいろ所持雑感】

前田健太のドジャース入りと感じる閉塞感【今日も今日とて】

いざ『恩返し』のシーズンへ!今熱い広島の『4年で3度』に乗れ!【広島カープがんぼう主義!】

68人目は投手?野手?【関西紅ショウガ】

前田健太 8年2400万ドルの『ウラ契約』を考える【広島カープがんぼう主義!】

ブロガープロフィール

profile-iconaaakkk

。。。。
  • 昨日のページビュー:1666
  • 累計のページビュー:10828767

(09月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2016年 新春セ・リーグ順位予想 
  2. 落合GMの評価とは? 雑感
  3. 来季、オリックスの布陣を予想してみた
  4. 広島本部長発言から感じた違和感と、広島の評価を下げた理由
  5. 大竹の巨人移籍でセ4球団ニンマリ!?
  6. 巨人30億円補強による影響と雑感(巨人がプロテクトから外すかもしれない選手について 他)
  7. 大島、俺なら使わないに関しての雑感
  8. 李大浩 2年総額7億円じゃあ…「話にならない」に対する検証
  9. 中村ノリ 懲罰降格に対する雑感・・・
  10. 某二塁手の実力を検証

月別アーカイブ

2019
01
2017
09
08
07
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss