いろいろ所持雑感

2016年 新春セ・リーグ順位予想 

このエントリーをはてなブックマークに追加

基本的にリーグ間格差が縮小している戦後乱セな2016年セ・リーグですが、RSWINと、RCWINの合算値でみる限り、2012年の40超→15弱と、戦力で大きな差がなくなりつつあります。

戦力格差が少なくなったと言う事は、何かの誤算や、有力な新外国人、新人選手の登場、選手個々の成長で勢力図が変わるような様相となったわけで、非常に読み難い状況になっています。 混戦です。

さて、そんなセ・リーグの順位予想です。 本来は、オープ戦を通じて、各チームの陣容、戦略の確認をする事で、順位予想をするのですが、忘備録的にしてみます。

精度が劣るとは思いますが、ご容赦願います。 本音を言いますと、先の記事のコメント返していたら、そのまま記事になりそうなので、使っています。

優勝 巨人 投手力を含む守備力が盤石です。 新外国人のギャレット・ジョーンズは、スライダーと、フォーシム(MLBレベルでみると)に問題があるなど確信をもって日本に適用できると思えませんが、クルーズを獲得した事で、坂本以外は全員競争状態となっています。

外野は長野、立岡、亀井と居て、さらに大田、ジョーンズ(3億円)。 内野は、坂本を基軸に、村田、片岡、ジョーンズ(一塁)、クルーズ(2、3塁)と居て、吉川、藤村、中井そして岡本と居ます。(他にも居ますが) 誰かが故障、不調に陥っても、そう戦力を落さず、回せそうな陣容です。

投手もコマが多いですし、 何より、セのチームが苦手とする剛腕投手タイプを擁しています。 大崩れし難い陣容と感じます。 新監督の采配、未知数ですが、原巨人をベースに、経験豊富な尾花・内田両コーチが支えてくれるでしょう。 愚痴は村田ヘッドが。 最後は、阿部さんが満身創痍になりながら、優勝に導いてくれるものと予想しています。

2位 ヤクルト 2015年、活躍した川端(この人はファールで逃げる技術を持っているので極端な落ち込みしないとはみていますが)、山田、畠山は、より厳しくマークされると思いますので、多少なりと、成績を落すとみています。

山田が2015年に記録したRCWINは8超えました。 この8超えと言うのは、60本塁打を記録したバレンティンと同じレベルの打撃貢献度を意味します。 常識的に、毎年、そんな大活躍、難しいと思いますので、多少の割引あるかもですね。 川端が2015年に記録したRCWINが3.3ぐらいでしたので、ザックリ4ぐらいと予測しています。

4を超えますと、基本、リーグ1位並の打撃貢献度と、考えてください。 2015年、川端以上の打撃貢献度を誇ったのは、山田と筒香のみです。

一方で、成績の落ち込みを補うような形で、バレンティン、雄平がやってくれものと想像しています。 結果、トータルバランスで2015年と変わらない打撃陣を構成できると見ていますが、他のチームとの比較で若干、選手層が薄いと感じています。 大引離脱した5月、他、様々原因があるとは思いますが、ヤクルトは9勝15敗と大きく負け越しています。 セ・リーグ 投手力を含む守りについて今後の展望予想

横浜のチームDERも悪かったので、モニターリングをしていたのですが、4月との比較で、ガクッと落ちた分部分を当時、感じています。

長いシーズン考えますと、怪我なく、そのままいけるケース自体、ほとんどありませんので、大きな懸念材料でしょうか? 投手は、 主に、中村&カツノリ コンビの戦略と、高津投手コーチのマネージメントが良かったみています。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2016年 新春セ・リーグ順位予想 

>他、ポジションも平田を除いて

誤記、軸不動の平田を除いて、他の選手でも、レギュラー張れそうな選手が出始め、期待感を覚えています。大島あたり、うかうかしている危ないかもですね。

2016年 新春セ・リーグ順位予想 

temoさん、コメントありがとうございます。

今年も宜しくお願いします。

>どのチームも現在地点での現状認識とチーム作りの方向性が色濃く出てくる年になりそうで面白そうです。

チーム建て直し元年に位置するかもしれない阪神さんとか、
想定以上に弱くなるかもしれません。
2015年の中日さんのように故意に戦力を落すような起用(育成)をするかもしれません。

その辺は読みにくい部分はありますね。

一方、その中日は、ルナを放出し、亀澤、遠藤、高橋周平の出場数を増やすような形をとっています。
エルナンデスのポリバレント性を十全に意識しているように感じますね。
特に高橋周平は、やってくれそうな時期に来ていると思いますので、今年、使わないと何時?試すの的な位置づけです。
エルナンデスからレギュラー奪えるぐらいでないと、その意味ないですし、育成と言う意味で非常に好感のもてる編成をしています。
他、ポジションも平田を除いて、もしかしてを感じる選手が増えて来ましたから、順調に2018年を目指し、戦力強化しています。
中日の場合、一億超を超える外国人が3人程度になった時が、球団全体が優勝狙っている的な時と思いますので、
ビシエド以外、3000万一括契約の2016年シーズン、基本、基礎戦力増強しつつ、もしかしてって感じでしょうか?

巨人は、優勝と、世代交代の両面を意識しつつ、クルーズを獲得したとみています。
中日におけるエルナンデスのような立場ですね。
優勝も意識しているので、求められるレベルは高いですが、投手も含め選手層は、本当に厚く感じます。

横浜は、育成と言うより、真剣勝負を通じた選手のふるい分けに入っていますので、割合、同じようなレベルの選手が揃っており、黒羽根が怪我しただけで投壊した2014年序盤のような状態でなく、
その黒羽根が一軍に居なくても、差を感じない程度にまで選手層を回復させています。
捕手だけでなく、全体的に、本当に層が厚くなりました。
レギュラー選別の過程で戦力が上昇しますので、期待しても良い時期に来たかと。
かつ、筒香ですね。

ヤクルトは、
分析していて思ったのですが、やはり選手層が薄く感じます。
2015年、雄平(打率.270)が怪我して全休して居たら、もしかしたらAクラスを逃すほど、戦力が薄いと言いますか、
大引(.225)が居なかっただけでも難しいと感じるほどの選手層の薄さです。
大引の場合、そのリーダーシップで川端、山田の守備力も底上げしているとみています。
不在時、チームDER悪化しました。DERの悪化=その選手のとは言えないのですが、可能性としては考えてしまいます。

最下位→優勝の原動力の一つは、間違いなく怪我しなかった事なんですが、それをどうみるかでしょうか?
素の力は素晴らしい(2015年ヤクルトをAクラス予想しています)のですが、主力選手の離脱=戦力が極端に落ちやすいチーム体質とみています。
中村怪我離脱したら、横浜の2014年、序盤の再来になる危惧を覚えますが、そこは懸念材料かとは思います。

広島は、
何かが微妙に足りないと感じるのですが、
戦力の素性が良いのは、2014年(全体1位)、2015年(全体2位)で、証明していますし、発展期故に、戦力が、より向上してもおかしなく、

後は、その微妙を埋めるだけで良いハズなのですが、
なんでなんでしょうね。


>ようやく次代の横浜が見えてくる年になるのかもしれません。

選手層は厚くなりました。
先ほどのコトバと前後しますが、
セレクションの時です。
2012年のように、無理して高城や、梶谷、筒香を起用した時代とは明らかに様相が違います。
次のステージに進んだって感じですね。

ビジョンを明確にして、それをこなせるだけの選手が揃いつつあります。
temoさんなのように古くからの読者なら、わかると思いますが、
私の、ベイスターズ評、今までと違うとわかってくると思います。

ベースが1段下の位置にあったのですが、
それが、同じ立ち位置に立ちつつあります。

2016年 新春セ・リーグ順位予想 

こんにちは

早くも順位予想、楽しく読みました。
どのチームも現在地点での現状認識とチーム作りの方向性が色濃く出てくる年になりそうで面白そうです。個人的に気になるのは阪神ですかね。金本監督もそうなんですが、掛布2軍監督の言動や新外国人の金額も、やはり先を見ての動き方にシフトしたい雰囲気を感じます。ある程度同じ方向を見ているというか。

その点で言うと、昨年の横浜は、監督と首脳陣でズレを感じていました。(例とするなら山崎憲、高田GMに更改で2番打者目指せと激励されていたが昨年はさっぱり起用されず)
ラミレス監督は「優勝できる」と鼓舞しつつ、打順や2人捕手体制などの青写真を繰り返しアピールしています。毎年先発ローテなどの青写真がうまくいった覚えがあまりないのですが(笑)、ビジョンを明確にして選手たちをそこに集中させたい意図を感じます。
力量不足ですが、ようやく次代の横浜が見えてくる年になるのかもしれません。

2016年 新春セ・リーグ順位予想 

jam725さん、コメントありがとうございます。

若干、ヤクルトの項目、すんなり来なかったので、修正していたのですが、
ご指摘頂いた守備力。
同意見です。

2014年と2015年との比較で、ヤクルトの守備力、V字回復というより、大躍進しています。
その影響もあって、2015年シーズン、FIP(疑似防御率)でみると、リーグ最低水準だったのにも関わらず、実際の防御率はリーグ4位と盛り返しています。

その陰にヤクルトバッテリー並びに守備陣の奮闘はあったかと。
ただ、ヤクルトの場合、怪我すると、スットン(どのチームですが、他のチーム以上に)とチーム力を落す傾向があり、選手層が薄いと感じています。

ご指摘の2015年新加入して活躍した巨人の投手に関しては、
高木は、対応されるかもですが、
マイコラス、ポレダ、難しいとみています。
理由は、セの苦手な剛球投手タイプでして、この手の投手、ヤクルト山田も苦手(苦手のレベルが高いですが、150キロ超級相手ですと、苦戦しているとみています)にしていますが、来年もセのチーム、彼らを苦手にするものと予測しています。

菅野も、剛球を全面に押し出すと報道出ていましたので、この3枚だけで、他のセのチーム苦戦するかもですね。


>外国人枠の問題で投手力が落ちる可能性もあると考えています。

外国人枠の場合、選択肢の問題です。
投手力と、攻撃力、後ろで、誰を選ぶかです。
確かに、その選択次第では、投手力は落ちるかもですが、
状況に応じて対応すると思います。
トータルバランスでマイナスになるような事はないかと。
差し引きでプラスと判断した結果、その選手が使われるだけですから、懸念事項とは私の場合、みてはいません。

どちらにしろ、
>去年同様シーズン終盤までわからない戦いが見られると自分は考えますね

2015年同様、どのチームも課題を抱えていますので、同意見です。
各チームのローテションが、何処中心に回ったかでも、順位に影響でそうです。
戦力格差は縮小傾向ですし、より混戦感が漂っています。

2015年も、意識して各チームぶつけ合っていましたが、
複数回実現した、前田対菅野のエース対決のような事が別の形で起きるかもです。
両チームとも、示し合わせたように、登板日を調整して、対戦し合っていましたが、
(途中で原巨人が的を変えています)

そう言うのも含め注目してます。

こんな記事も読みたい

DeNAの優勝プラン【YOKOHAMA lover】

期待の先発候補【超変革ブログ】

* ジャイアンツの最下位はあるか?【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

新春到来!2016年に飛躍が期待されるイースタンリーグの選手【ベイスターズを二軍中心に見守るブログ】

横浜の現在位置、3年目(連続)でみた各チーム戦力推移 セ展望2016【いろいろ所持雑感】

今季優勝はある ラミレス監督のインタビューから【YOKOHAMA lover】

2016年 横浜DeNAベイスターズ 「今季は☆な選手」 ~第1回~ 山口 俊選手 【とりあえず、ベイスターズ】

YouTubeで見るベイスターズ十大ニュース2015【YOKOHAMA lover】

ブロガープロフィール

profile-iconaaakkk

。。。。
  • 昨日のページビュー:682
  • 累計のページビュー:11456374

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2016年 新春セ・リーグ順位予想 
  2. 落合GMの評価とは? 雑感
  3. 広島本部長発言から感じた違和感と、広島の評価を下げた理由
  4. 来季、オリックスの布陣を予想してみた
  5. 大竹の巨人移籍でセ4球団ニンマリ!?
  6. 巨人30億円補強による影響と雑感(巨人がプロテクトから外すかもしれない選手について 他)
  7. 大島、俺なら使わないに関しての雑感
  8. 李大浩 2年総額7億円じゃあ…「話にならない」に対する検証
  9. 中村ノリ 懲罰降格に対する雑感・・・
  10. 某二塁手の実力を検証

月別アーカイブ

2019
01
2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss