いろいろ所持雑感

高田GM通信簿? PDCAサイクル 継続へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

中畑ベイスターズの通信簿④に行く前に、 高田GMのチーム作りについてです。

昨年、大幅にコーチを入れ替え、 選手時代の実績云々と言うより、コーチ経験が浅い新任コーチを大量にベイスターズは採用しています。

私個人は、 コーチングと、選手実績は別物と考えています。

サッカーのアリーゴ・サッキさんや、最も成功した監督でもあるモウリーニョ監督のように、選手としてのキャリアと、監督、コーチのキャリアは別物と考えるのが妥当と思っています。 なので、選手時代の実績が乏しい自体は気にならなかったのですが、コーチング実績が0というのは、 正直、大丈夫かいなぁが、素直の気持ちでした。

さて、 そんな危ういコーチ人事を主導した高田GMさんですが、その能力の高さは、中畑さんを招へいした事からも、立証されていると思います。 (日ハム時代の実績でも構いませんが)

GMが、 なぜ?中畑監督を招へいしたかと言えば、

《人間の本気は、人間の本気によって呼び起こされる》 4522敗の記憶より

まさに、これだと思います。 ヤル気、情熱。

TBS時代の酷い経営の結果、 ズタボロになったベイスターズ。

組織のていをなしてなかったが故に、 その組織を作ったとしても、ヤル気、熱が。。。

面白いもので、優れたシステムを導入しても、人は動かない時がありまして、笛吹けど踊らずというやつです。 (郵便局でトヨタ改善システムを導入した結果、大混乱になりました)

ヤル気のない停滞しきった組織に何かをもたらすには、それ相応の気持ちが必要です。 そのヤル気を呼び寄せる為に、 招聘されたのが、中畑監督です。

采配は、お世辞にも良いとは言えませんでしたが(特に初年度)、ベイスターズに欠けていた熱を監督はもたらしてくれました。

GM、グっJOBです。 そんなGMが、なぜ?新任コーチ陣を選任したのでしょ? 正直、OFFの積極補強との乖離感を覚えずに居られませんでしたが、

あのコーチ人事を見ますと、どうみても先を見越しているとしか思えず (コーチ実績もありませんし、直ぐ結果が出るようには思えない)、

個人的には、 PDCAを意識した組織作りの一環(当たり前の組織作りへ向けた第一歩)だったのではないかと考えています。

それを考えますと、 今年はPLANして、DOして、今、CHECKしている最中かと思います。 (組織の土台作りをしている最中?)

そして今年の秋ないし、来年の春、 ACTIONをするのだと思いますが、その結果は、来年にならないとわかりませんし、今のチーム状況を見ますと、 結果より、 過程が大事と思います。

良く、結果が大事と言いますが、 それは、何もかもが揃っている巨人のようなチームの場合で、0スタートの再建中のチームの場合、どのような意図をもって、そのPLANをし、DOして、CHECK、結果、どのような効果を期待して、

ACTIONをしたか、その中身が問われます。

その試行錯誤の中身が大事であって、 適当にやったら、上手く行きましたという結果では継続がありません。

人事を尽くして天命を待つの<人事>が大事です。 結果(天命)は、後からついて来ます。

結果のみを追い求めますと(ケースによっては大事です)、長期展望が欠け、同じ事を繰り返しますが、そのような愚を避ける意味で、

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

高田GM通信簿? PDCAサイクル 継続へ

コメントありがとうございます。

>ほんっとに1年目の体制が目立ちました

です。
状況的に仰るとおり、ようやっとチーム作りに着手できるようになったのかなぁ
ですね。

今オフ、総じて動きが鈍いのも、その一年を成熟(選手の方は未だ完全に見極め終えていませんので停滞は十分ありえると思います)させたいからだとみています。

高田GM通信簿? PDCAサイクル 継続へ

確かに今季の体制は中畑集大成かと思いきや、ほんっとに1年目の体制が目立ちましたからね。いきなり新人1年目小池コーチが1軍に行くというコーチ体制に始まって、ツツカジ外野1年目、山崎遊撃固定1年目、黒羽根正捕手1年目、まるでようやく1年目のチームになったって感じで、昨季活躍したブランコ荒波金城多村ノリが故障や不振やその他で通年は支えきれず、という風に見ていました。スーパーブランコかスーパー金城かスーパー荒波のどれかがいれば、今季の流れはさらに違っていたのでは……
大量の戦力外といい、ようやくチーム作りに着手できるようになったのかなぁ、という気さえしています。コーチ体制についても完全に今季の純増量版という感じですし(坪井コーチは大村コーチの補佐だから、純一年目というわけではないですし、島村・高須両二軍コーチは指導者経験もあります)

ファンの中には今オフの補強になんとなく積極的でない点やベテラン野手勢が軒並み調子を落として金城ノリは流出、若手野手が今一パッとしないシーズンで来季に上がり目がないと見る向きもありますが、組織の面は見えやすくなっていると思うんですよね
ただ、早いところ結果を出したいのも事実でしょう

こんな記事も読みたい

松井 フォーム改造で外野の定位置獲得だ!!【妄想ヤクルトスワローズ】

カープの十字架と贖罪 もう一度、新井貴浩!【no title】

新垣、フォーム改造に手ごたえ充分!!【妄想ヤクルトスワローズ】

ん?もしや…次のキャプテンは…【ベイスターズ愛な野球素人な主婦がゆるゆるっと感想します】

ミコライオ・ロペスを調査【Baystars Goship】

ベイスターズキープレーヤー2015 その1 高崎健太郎【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

中畑ベイスターズ通信簿③ 改善されたホーム勝敗【いろいろ所持雑感】

中畑ベイスターズ通信簿② 試行錯誤 投手起用について【いろいろ所持雑感】

ブロガープロフィール

profile-iconaaakkk

。。。。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:11456374

(11月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2016年 新春セ・リーグ順位予想 
  2. 落合GMの評価とは? 雑感
  3. 広島本部長発言から感じた違和感と、広島の評価を下げた理由
  4. 来季、オリックスの布陣を予想してみた
  5. 大竹の巨人移籍でセ4球団ニンマリ!?
  6. 巨人30億円補強による影響と雑感(巨人がプロテクトから外すかもしれない選手について 他)
  7. 大島、俺なら使わないに関しての雑感
  8. 李大浩 2年総額7億円じゃあ…「話にならない」に対する検証
  9. 中村ノリ 懲罰降格に対する雑感・・・
  10. 某二塁手の実力を検証

月別アーカイブ

2019
01
2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss