いろいろ所持雑感

引っ越しと、中畑監督

このエントリーをはてなブックマークに追加

取りあえず、工事中ですが「はてな」に引っ越します。

http://aaakkkaaa.hatenablog.com/

今は過去記事をインポートして、そのままです。 工事中ですが(1/15に更新できなくなります)告知だけさせてください。

さて、主題の件です。

つぶやきレベルですが記事を書きたくなりまして未だしっかりまとまっていませんが、

筒香は中畑さんに育成されたとは思ってないと何度か記事化していますが、そのものズバリの記事が関係者から出てきて、あーそうだよねっと。

大村さんの記事を読んでつくづく思いました。 記事中、筒香は迷っていたと大村さん指摘していますが、迷わせていたのは中畑さん達が原因です。

以前、何度か記事で書きましたが・・・ 中畑さんって育成に向いていたのか?っと思わずにはいられない部分もありまして、その部分がクローズアップされています。

https://full-count.jp/2018/01/09/post101496/

中畑さん、 ある面では育成に向いていたのですが、 ある面では決定的に向いてなく・・・

決定的に向いてないので中畑さん巨人で起用されませんでした。

なんですが、そんな中畑さんが横浜に必要だったのは言うまでもないです。

何らか課題があっても、人間の本気は必要です。 能力があっても熱がないと継続しません。

その熱が当時の横浜には決定的に欠けていましたから、中畑さんの人事は大成功でした。 その熱を求めて監督人事を決めたとGMが語っていましたから、その思惑通りになっています。

で、そんな?な部分もある中畑さんですが、 最終的に筒香の希望を受け入れてます。

勿論、高田GMの指導もあったと思いますが(日ハム方式を目指していますので押し付けでない指導)、妙な柔軟性が中畑さんありまして、監督采配が、年々、良くなっています。

初年度何て、酷かったですからね。 私の野球視聴履歴上、悪い意味で5本の指に入る首脳陣(連携がとれてなかった?)でしたが、

その方々が、今の横浜の基礎を作っています。

ヤル気、熱、人間の本気って凄いとしか言い様がないです。 その熱に方向性を与えたのがGMや、球団社長だったと俯瞰しています。

強くなりたい、強くしたいという熱が、想いが今の横浜を形作っています。

因みに、横浜の選手が伸び始めたのは2013年の大村さん就任が大きかったでしょうか?

それ以前の選手は残念ながら伸び悩んでしまった感があります。 また、伸び時と言うのがありまして、その時期を逸したと感じる選手が壊滅してしまった結果、横浜の中堅層は薄いです。

成長期に2013、2014年にて二軍で研鑽していた選手たちはラッキーでした。

その、ど真中に居たのが宮崎や桑原。 特に宮崎何て経歴上(入団時の年齢)、首位打者を獲得するなんて異例です。

大卒はありますが、大卒・社会人経由のドラ6です。 近年で言いますと(昔とも言えます)、広島新井がドラフト下位指名での大成選手ですが大卒です。

ロッテ角中は独立リーグ(高卒)からの加入ですが、 まぁ、ドラ6で首位打者何て獲得してくれば、そりゃ、横浜、強くなりますよ。

あの時期に、高城や白崎が二軍に居ればと良く記事で愚痴っていますが、そんな訳です。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

引っ越しと、中畑監督

bb0710さん、コメントありがとうございます。

度々、コメント頂きありがとうございました。
また、書き手冥利に尽きる、ありがたい、お言葉を頂き感謝です。

>梶谷も筒香も中畑前監督が目をかけ、
我慢しきれずに落とした選手達ですね

あれがなかったら伸び悩んでいた可能性ありますし良かったと思います。
一軍は課題の修正に向かない場合が多いですかね。

一軍の投手は打撃の型を壊しにいきますから。


>そのまま1軍で成長している倉本はやはり異質なんでしょうね

倉本は異質と私も評価しています。

今ある技術で、その実力以上の打撃成績を新人時代から出して居まして。
アバウトに変なセンスと当時と書いていますが技術の使い方が上手いです。
(頭が良い)

当時書いた記事です
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/aaakkk/article/492

あまりに異質なので2016年は彼関連だけで30本近く書いていますが、普通は途中で二軍行きです。

行きなのですが一軍で対応しているわけです。

普通の半レギュラー選手ですと、一軍で壁にぶつかったら修正できず二軍行きなのですが打撃の型をシーズン中に変えて対応してまして(故に2016年は打撃の熟練度が常に未熟に映ってました)、

流石に2016年、最後の一か月は対応しきれなくなるのですが、
その宿題を2017年に回答しています(2017年もやりながら変化していますが2016年ほどではなかったです)。

こんな選手、初めてでしょうか?
打撃フォームが無形なんですから。

来季も、.250~.280期待できますし、駆け引きではしっかりしているので勝負強いです。
戸柱の得点圏打率とは意味合いが違いますでしょうか?

凄い成長でした。

因みに、倉本は二軍に落ちると二軍では成績を出せない可能性がある選手ですかね。
今はですが。

後は守備なのですが、
こちらは難しそうですね。

ここから伸びるようなら、これまた異質となります。

常に例外ありますが、その例外になるのか楽しみに、その試行錯誤を見守っています。

「引っ越しと、中畑監督」へのコメント

今までお世話になりました
このブログで様々な野球の見方を知ることが出来ました
移転先でも楽しみに待っています

梶谷も筒香も中畑前監督が目をかけ、
我慢しきれずに落とした選手達ですね

中畑前監督もラミレス監督もずーーーーっと1軍で我慢を続け、
そのまま1軍で成長している倉本はやはり異質なんでしょうね

引っ越しと、中畑監督

くろねこ さんコメントありがとうございます。

宮崎は2016年推奨選手でしたので感慨深いですかね。
技術レベルが抜けていましたから。

>あなたの記事は内容も面白いし、チームへの愛も感じるし、他球団への敬意も感じるし、最高のブログだ。これからも期待して待ってます。

ありがとうございます。

引っ越しと、中畑監督

negishiline1978さん、コメントありがとうございます。

>まだ仕事に対する知識や技術が不十分な時に

なんですよね。
これと同じように、一軍の経験を咀嚼できるような技術と、知恵(思考ロジック)がない時に一軍で起用されても意味がないです。

極論ですが、

室内プールで20mも泳げない人がドーバー海峡にいきなり挑むようなモノで、物事には段階があると思っています。

一軍で新人を起用して欲しい的な論調がありますが、
一軍で起用しても伸びるわけではなく、段階を踏ませて欲しいです。

そして、その段階を踏ませても、伸びるわけではないのが、この厳しいプロの世界ですが・・・
(^_^;)

日ハムのように確度(伸び時の見極め)を上げて欲しいと期待しています。


>細川や松尾ら次世代の選手達には計画的な育成をしっかり行って

あの時代は選手層が薄かったので高城や白崎が一軍帯同された理由もわかるのですが、今は戦力ありますので落ち着いて、その時を見極めて欲しく思っています。

>イシューを独自の理論でかなりいい線で導きだし

準備を大事になさる監督ですから、そう言う事になりますかね。

実は、本当は数字に強いの?っとラミレス監督を疑っています。


マスデータに慣れている人のコメントとは感じてはいません。
ただ、プロの目と、数字を上手く融合させているようには感じています。

そして、そこから見えるモノをイシューしている感じでしょうか?

ラミレスさん、打つために相手捕手を研究していたとの事ですが、まぁ、ある意味、日本で活躍する為にイシューし続けたとも言え、

さらには監督になりたいで、イシューしてもいます。
レールに乗るというより切り開く際にイシューする必要が出て来るでしょうか?

そして、その経歴が独特。
従来とは違うレールでNPBの監督になっています。

改善活動(困った問題に対し改善する。数字として見えてから動く)とかプロブレムの世界ですが、
ラミレスさんの場合、問題が出る前に、その課題を認識している節があります。

一歩先ずるための課題解決的な話になりますね。

対処療法がプロブレム的な問題が多く。

解決する必要性に迫られる前に、ブラッシュアップするようなモノがイシューでしょうか?

シャープとか見事にコケましたがイシュー不足だったんでしょうね。

シャープ絶好調(右肩上がりで業績を伸ばしていました。2007年に最高益を記録しています)の2000年(最高益の7年前)に当時の上司がシャープ潰れるかもって言っていましたが、16年後に潰れいます。

仰っていた通りになりました。

中畑さんについては、
>中畑さんは負け犬根性が染み付いたベイスターズに大きなインパクトを与え、戦う集団へと変革させた事に大きなバリューがありました。

そう言う認識です。
戦う集団になりました。

最下位と言えど、
2015年のチームは良いチームでしたね。
バラバラだったチームが、あそこまでと思いました。

ですので、
当時、
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/aaakkk/article/503

2015年の11/03 みかんの日に感じた上位進出への機運っと記事で書いてます。

こんな記事も読みたい

ネクストブレイク -野手編-【きたへふ おおの かわくち つた゛】

カープ3連覇祈願【広島伝説~常昇魂から真赤激~】

392万ページビューに感謝を【HIT! RUN! WIN!】

【ブログ終了します!】【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

2018年、ベイスターズのキープレイヤーは誰だ問題【打者編】【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

2017年巨人戦売上トップ23発表! 1位、2位対横浜DeNA戦、10試合ベイスターズ戦独占! T-1開業23周年イヤーに突入【やっぱり“T-1”は悪球打ちby23(フタミ)】

2018年シーズンでブレイクしそうな若手ベイスターズ選手ベスト5のお時間です【ベイスターズを二軍中心に見守るブログ】

DeNA・今永、濵口、初の2ケタ勝利!目指せ!伝説の「W左腕エース」!【プロ野球個人成績の話。マニアというよりフェチなんです!】

ブロガープロフィール

profile-iconaaakkk

。。。。
  • 昨日のページビュー:862
  • 累計のページビュー:11602738

(01月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2016年 新春セ・リーグ順位予想 
  2. 落合GMの評価とは? 雑感
  3. 広島本部長発言から感じた違和感と、広島の評価を下げた理由
  4. 来季、オリックスの布陣を予想してみた
  5. 大竹の巨人移籍でセ4球団ニンマリ!?
  6. 巨人30億円補強による影響と雑感(巨人がプロテクトから外すかもしれない選手について 他)
  7. 大島、俺なら使わないに関しての雑感
  8. 李大浩 2年総額7億円じゃあ…「話にならない」に対する検証
  9. 中村ノリ 懲罰降格に対する雑感・・・
  10. 某二塁手の実力を検証

月別アーカイブ

2019
01
2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss