いろいろ所持雑感

セ、捕手ランキング(主観です)と、三人でNo.1捕手陣な横浜について雑感 1

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログやり続けるかわかりませんが、 一回書きだすと、あれも書かないと、これも書かないと・・・

長すぎたので分割しています。

中途半端に戸柱の事を書いた事を反省しています。 2016,2017年、終えた時点の戸柱は経験不足な捕手と評価しています。

当たり前なんですけどね。 2年で、ものになる捕手なんて、古田ぐらいしか思いうかばないです。 (昔より捕手負担が大きくなっていますので古田のような例はないかもですが。。。)

その古田は2年目(26歳)に首位打者を獲得、3年目に打率.316 本塁打30 打点86・・・

数年でモノになった捕手って打撃も良い場合が多く守備型の捕手を軸に起用した球団で入団2~3年目で優勝したチームの例を私は知りません。

入団2~3年目の捕手が正捕手で優勝したチームと言いますとヤクルト古田と、巨人阿部(自身OPS.880という捕手としては破格の数字)ぐらいでしょうか?

野球は捕手だけではないで他の分野で大きな利得を稼げれば優勝出来きます。 殊更、捕手をピックアップしても仕方がないのですが差が生じやすいポジションなんでしょうね。(育成に時間がかかる)

優勝チームには名捕手が多いです。

また、現実問題として相手筆頭の広島さんに対し横浜の各ポジションで利得を稼げるかといいますと厳しく感じています。

むしろ、その捕手面で利得を稼いで欲しく期待しています。 會澤対3人なら横浜が勝てると期待しています。

負けるかもですが期待しています。

3人という所で横浜の捕手は伸び代満点と評価しています。 戸柱も含め素晴らしいです。

経験不足は埋めやすいです。

以下、2017年が終わった時点でのセ、捕手ランキングです。 配球に比重が重いかもです。 御容赦を。

DeNA以外の捕手評価は単純に私の印象に残ったかだけです。

1位、巨人小林  寸評  全盛期の阿部のインサイドワークには未だ及ばない気がしますが主戦捕手に相応しくなってきています。 投手陣の信頼も勝ちえたようですしね。 来季オールスターにおける選手間投票は見ものです。

2位、阪神梅野 寸評 小林と同様、経験不足を覚えた時代はデータに振り回された配球をしているように感じました。 経験を経るに従い味わい深い配球が増えて来ている気がします。 筒香の攻め方とか、印象深い捕手ですね。 他チームの捕手評価ですが筒香の攻め方で、評価が上下している部分在ります。

3位、ヤクルト中村 寸評 定石外しのプロ。 谷繁後継に最も近い捕手。 定石外しますので痛打も多いです。潜在的にはリーグNO.1捕手。見ていて面白いです。

4位、中日松井 寸評 大野のと組んでの配球が素晴らしかったです。 真面目過ぎるのか迷路に入り込みやすくスタミナに課題あり。 専属化すると良いかもですが・・・

5位、広島石原 寸評 試合出場数が減りますと実戦勘が衰えます。 実戦を通じした相手打者の最新情報が入って来ません。 自軍投手の一軍対戦時における情報も入り難いです。 練習と実戦は違います。 谷繁も試合に出ない事で打たれ易くなった感ありました。 石原も、そんな感じですかね。

6位、広島會澤 数年前の印象ではインサイドワークに課題があったと思います。 経験を経る事で解消気味でしょうか?

来季、広島投手陣のストレートを軸とした配球に対し各球団対応(横浜もストレートが軸でした。広島対策と言うより各人が成績を残す為にもストレート対策が必須です)しようと努力するハズです。 そこで真価が問われるかもですね。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

セ、捕手ランキング(主観です)と、三人でNo.1捕手陣な横浜について雑感 1

はるさん、コメントありがとうございます。

>ブログ主さんのランキングは概ね納得です。

ありがとうございます。

>会澤と石原の順位が難しいところですね。
優勝という結果があるので少し厳しいかな、という印象です。

石原の評価については引退を意識しているのかインサイドワークに陰りのようなモノを感じています。
ギラギラを感じなくなっていますね。
闘争心がなくなると、ダメってわけではないのですが、巨人に移籍した相川のような感じを覚えました。

主観です。

世間一般的な評価とズレタのは會澤でしょうか?
(末尾にフォロー気味に書いてはいますが)

セイバーで見て、最も勝利貢献した捕手は會澤と思っています。
思っていますが、インサイドワーク(主観)というフワフワしたモノで評価していまして、
私の視聴する横浜戦での印象に左右され易く、そのインサイドワークが、あまり記憶に残ってなく。

記憶に、あまりない故に評価を困難にしています。

悪い印象在りませんから、定石だったかなぁかなぁ程度です。(投手の力通りの対戦?)

WARでなら1位評価と思います。

セ、捕手ランキング(主観です)と、三人でNo.1捕手陣な横浜について雑感 1

takaさん、コメントありがとうございます。

>慎之助も大学時代から全く成長しなかった1人

阿部のインサイドワークは新人時代との比較で随分、進歩していますよ。(っと思っています)
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/aaakkk/article/115

2005年以降右肩下がりで東京ドームでのホームランを減らしていますが(比率でみてです)、その面に貢献度大とみています。

インサイドワークに課題があった2001年や2002年など、数字(投手能力次第)の上下が激しかったですが、いつ頃からか激しい上下動がなくなりまして安定感を与えています。

ある時期までは苦笑していた時期ありますが、凄いなっと見ていました。
打撃で評価が高いですが、インサイドワークも評価しています。

その阿部と小林の差ですが。。。
あまり書くのも憚れますが、相当あった時期がありまして、そこは経験の差でしょうか?

その差が大分、なくなってきた感触はあります。

あまりに差がありますと数字で出るのですが小林や梅野、中日松井、広島會澤。。戸柱も含め経験ない捕手は数字(何本か記事を書いた事があります)で差が出る時があります。

會澤も黒田や前田をリードして数字で石原と差があった時期がありますが、早々、インサイドワークは埋らないです。

ただ、その経験不足によって生じた欠点も試合経験を経るに従い相性のような感じになってきます。

小林への評価は記事中かいていますがtakaさんが批判する阿部に及んでないと書いている時点で察して下さい。

これからの選手です。

また、世代交代もあって明確に小林以上の捕手と言える捕手が現在、見当たらなくなりつつある状況でしょうか?

そう言うのもあっての日本代表選手と思います。
小林も順調に成長していると感じています。

まぁ、この辺は個々が、そう思うという主観の世界ですので、
お互い、そう思うですかね。

セ、捕手ランキング(主観です)と、三人でNo.1捕手陣な横浜について雑感 1

TCE00074365さんが書かれている小林のエラーが多いっていうのは完全に見ていない証拠。
ただのアンチですね笑
まず12球団で一番イニングを守っているのでエラー機会も多くなります。
疲労もたまりますしね、横浜さんのように疲労の分配がありません。
5個のうち1個は坂本のミスですし。

暴投捕逸も被盗塁企図数もダントツで少なく、試合後に行われる投手のインタビューが信頼の証。
3本柱の成績は捕手のおかげでもあると厳しいOBも言っているくらいです。

フレーミングやインサイドワークが良いからリーグ最小失点なのですよ。
あの狭い東京ドームが本拠地なのに・・。
数少ない相川実松宇佐見のマスク時失点を除くともっと凄い数字になります。

完全にあなたの主観ですね。


ブログ主さんのランキングは概ね納得です。
会澤と石原の順位が難しいところですね。
優勝という結果があるので少し厳しいかな、という印象です。

セ、捕手ランキング(主観です)と、三人でNo.1捕手陣な横浜について雑感 1

僕も主観ですが…
小林はなぜ日本代表か分からないくらいです。
確かに、盗塁の刺殺は素晴らしいとは思いますが、フレーミングやインサイドワークは全くダメだと思っています。もちろん…師匠?である慎之助も大学時代から全く成長しなかった1人ではあると思ってますが。どちらもアマの領域から脱してはいないと思います。
それでも慎之助は打撃があったので目をつぶれましたが…小林は打撃は一切ダメ。自動アウトの1人です。
また、小林はエラーも多く、ランナーをためた時のリードはかなり酷いイメージです。さらには慎之助のようなキャプテンシーみたいなものも感じられません。坂本ががんばっているせいかもしれませんが。
なので、僕はセリーグなら中村、会澤あたりかと思います。比較的、梅野は今から期待はできるキャッチャーかと思います。
僕はDeNAファンですので…比較的、嶺井には期待しています。

こんな記事も読みたい

ファイターズさんに手渡されたドラゴンズのプロテクトリストは「インパクトがある」らしいですなあ、、、ドキドキですね。【落合博満さん(元ドラゴンズ監督&GM)好きは否めない。】

新外国人投手 ディエゴ・モレノの活躍の可能性 【ラテンアメリカの虎】

来季への陣容が概ね固まったベイスターズ、奮起すべきは・・・ 諸々【野球から横浜DeNAベイスターズを扱うブログ】

中日左腕大野と捕手松井、他、取りとめもなく雑感 【いろいろ所持雑感】

球団職員の労働問題【ベイスターズを二軍中心に見守るブログ】

ゲレーロが今年、巨人いたら、どうなっていたか?試算してみた【いろいろ所持雑感】

流行語大賞【NPB 言いたい放題】

* 久保投手に“来年”はないのか?【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

ブロガープロフィール

profile-iconaaakkk

。。。。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:11602738

(01月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2016年 新春セ・リーグ順位予想 
  2. 落合GMの評価とは? 雑感
  3. 広島本部長発言から感じた違和感と、広島の評価を下げた理由
  4. 来季、オリックスの布陣を予想してみた
  5. 大竹の巨人移籍でセ4球団ニンマリ!?
  6. 巨人30億円補強による影響と雑感(巨人がプロテクトから外すかもしれない選手について 他)
  7. 大島、俺なら使わないに関しての雑感
  8. 李大浩 2年総額7億円じゃあ…「話にならない」に対する検証
  9. 中村ノリ 懲罰降格に対する雑感・・・
  10. 某二塁手の実力を検証

月別アーカイブ

2019
01
2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss