いろいろ所持雑感

相変わらずなゴールデングラブ賞、レジェンド鳥谷に想う 他、雑感、まとまりもなく

このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜宮崎の落選は予想通りでした。

評価軸の違うレンジ系(補殺数、刺殺数など、どれだけアウトに貢献したかで計算)、UZR(単純なアウトでなく、打球処理に重みづけした指標。打球難易度で得点化)で他の三塁手を引き離していた宮崎。

拮抗しているのは広島安部ぐらいでしたが、仕方がないですかね。

失点をどれだけ防いだかという評価軸でみれば、横浜宮崎が傑出していました。 残念。

守備面における貢献度、私達ファンは知っているから安心してください。 よそ見事件を想うと上手くなりました。

宮崎が選べれたらビックリでしたが相変わらずな三井ゴールデングラブ賞でした

一方、鳥谷は膝の状態戻らない感じです。 あれ程、傑出した守備成績を記録し続けていた事を考えますと、どれだけ悪いのか・・・

守備は数字を落すと戻らない選手が多いです。

その例で言いますと、菊池が気になります。 菊池の状態も悪そうです。

補殺数が500超→407に激減しています。 評価軸の違う、レンジ系(RFとか)、UZRともに数字を落しており、鳥谷を例にするなら危ない兆候に感じます。

今年、MVP選定できるなら広島菊池に与えて欲しいです。

数字で言うと丸の受賞が妥当ですが、 広島関係者だけで選定するなら、おそらく菊池が受賞するような気がします。

頑張り過ぎです。

横浜の石川も肘の怪我を押して試合に出続けていましたが、選手の頑張りには頭が下がります。 石川への横浜ファンの批判、酷かったですが、怪我が原因ですからね。

知らないと、数字でしか批判しないので、そうなり易いです。 出たら大歓声、お願いします。

それが石川だけでなくチームを鼓舞します。 石川批判すると、チームが元気をなくなります。

筒香とか、かなり怒りますからね。 過剰にファミリーを批判されて、悲しまない選手は居ません。

鳥谷も、石川や、菊池同様、怪我の痛みを押して試合に出続けている可能性が高いです。 怪我は、本当にやるせないです。

鳥谷の受賞それ自体、基準は疑問ですが、チームの為にで頑張り続けた、ご褒美と思いますと納得です。 阪神が中日、巨人さんと激しいペナント争いが出来た理由は彼の頑張りによるモノです。

レジェンドです。

昔、貰えなかった分、今、貰えていると思えば、まぁ、そうだよねぇっと感じます。 鳥谷も、三井ゴールデングラブ賞で、評価されてなかった選手ですからね。

2014年03月19日 歴代シーズン補殺数記録

補殺数と言う数字で見ますと、その積み重ねた重みは傑出しているかもしれない鳥谷。 受賞おめでとうございます。

宮崎は複数年、継続して守備成績出してくださいませ。 イメージ大事です。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「相変わらずなゴールデングラブ賞、レジェンド鳥谷に想う 他、雑感、まとまりもなく」へのコメント

コメント失礼します。

UZRについてなのですが、

以前管理人さんのブログでRFについてはチーム戦術の影響を受けるので単純な選手の能力を見るのには正確な数値ではないと見たのですがUZRについては隣あったポジションの影響を受けたりすることはないんでしょうか?

例えばカープの場合は、

外野に飛んだボールのうちどちらの選手も取れるような位地の場合は接触事故等を避けるためにセンターの丸が取ると決められています。

そうなるとリーグ平均と比較するとレフトやライトが処理するようなボールもセンターが処理することになり、

RngRの数字が平均より良くなる可能性はあると思うんですが私の理解が間違っているでしょうか?

UZRについては私は同一ポジションごとの比較と理解しているので、

普通のレフトやライトなら処理するボールもセンターが処理すると決められていた場合は、

そのチームの選手はセンターがプラス補正、レフト、ライトがマイナス補正になる可能性があると考えているのですが。

UZRのRngRの項目を見ると、

足は速いのに数字が低くなってる誠也や柳田の場合、
センターの丸やレフトの中村、ライトの上林などの隣接ポジションの選手の数字がそれぞれのポジションでトップになっているので、

意図的、もしくは意図はなくとも守備範囲が広い選手が隣にいることで本来の能力より低くなってる可能性はないのでしょうか?

記事に上がってるサードに関しても、
鳥谷の場合は大和の守備範囲が広いので無理せず取れる範囲のボールだけ追っている。

宮崎は倉本が12球団ワーストの範囲のためにかなり無理して深い打球も追っているというようなことはないんでしょうか?

もちろん過去のショートでの数字の推移を見る限り鳥谷の守備範囲が狭く宮崎がそれより遥かに高いのは確かと思いますが、

隣接ポジションの選手の影響で選手本来の能力より記録上の差が大きくなっているようなことはあるのでしょうか。

長文失礼しました。

「相変わらずなゴールデングラブ賞、レジェンド鳥谷に想う 他、雑感、まとまりもなく」へのコメント

票数で鳥谷(113票)とかなり接戦(21票差)になっていることは、実質サードレギュラー1年目としては大健闘だと思います。

守備指標(UZR)は統計的な有意差を考慮すると一年ではデータ不足なはずで、10ぐらいの差でも、優劣をいうには足りないと思っています。宮﨑と鳥谷くらい差があればセーフティリードとは思いますが。

なのでGG賞が指標より数年遅れるのは、案外理にかなっているのかもしれません。

相変わらずなゴールデングラブ賞、レジェンド鳥谷に想う 他、雑感、まとまりもなく

鳥谷が取るべきときには名前で井端が取り、
坂本が取るべきときには名前で鳥谷が取り・・・
皮肉というかなんというか。

ケガで自分の武器の守備指標を落としながら試合に出続け、
さらなる怪我で首になっちまったノリハルなんかもいますが、
怪我は大変ですね
そしておっしゃるとおりそのシーズンの成績良し悪し以上に「劣化」が気になるところです。

ロメロ内野安打事変等の起こった倉本前半戦も
怪我かなんか隠しながらだましだましやってたんか・・・?
と思ってしまうこともありますがどうなんでしょう?
梶谷なんかは試合前の練習もできる限り休んであからさまにどっか怪我してるっぽかったですしね。

「相変わらずなゴールデングラブ賞、レジェンド鳥谷に想う 他、雑感、まとまりもなく」へのコメント

コメント失礼します

宮崎ファンとしては、宮崎選手落選のニュースで、なんで?と思いましたが、aaakkk様のコメントで納得できました

選考基準はともかくとして、鳥谷選手の受賞については、腑に落ちたというか、素直におめでとうございます、という気持ちになりました

いつも横浜の選手だけでなく、他のチームの選手に対してもあたたかい視線でコメントされているaaakkk様には、本当に頭が下がります

今回も素敵な記事をありがとうございました

こんな記事も読みたい

1993年のシーズンに東京ドームでプロ野球観戦した思い出【チュート・ハンパーのレッツゴープロ野球!】

野上・大和両選手のFAランク【牛の上の蠍】

吉見、大野、大島、平田。竜の軸となる選手たち【燃えドラ】

ラミレス監督は叩かれやすい起用法をしてた? 〜2017を振り返って〜【暇な時横浜ベイスターズについて書くブログ】

万永ベイスターズ【ベイスターズを二軍中心に見守るブログ】

ハマスタのレジェンド、1978年の選手たちの思い出(2013年1月の記事から)【YOKOHAMA lover】

ハマスタレジェンドマッチを前に、40年前の1978年を振り返る【YOKOHAMA lover】

FAランクの謎【YOKOHAMA lover】

ブロガープロフィール

profile-iconaaakkk

。。。。
  • 昨日のページビュー:1188
  • 累計のページビュー:11453951

(11月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2016年 新春セ・リーグ順位予想 
  2. 落合GMの評価とは? 雑感
  3. 広島本部長発言から感じた違和感と、広島の評価を下げた理由
  4. 来季、オリックスの布陣を予想してみた
  5. 大竹の巨人移籍でセ4球団ニンマリ!?
  6. 巨人30億円補強による影響と雑感(巨人がプロテクトから外すかもしれない選手について 他)
  7. 大島、俺なら使わないに関しての雑感
  8. 李大浩 2年総額7億円じゃあ…「話にならない」に対する検証
  9. 中村ノリ 懲罰降格に対する雑感・・・
  10. 某二塁手の実力を検証

月別アーカイブ

2019
01
2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss