いろいろ所持雑感

遠藤、三浦大輔以上?非常に尖った成績を残した濱口について雑感 

このエントリーをはてなブックマークに追加

球威落ち気味な関係で、低目中心のかわす投球を続けている濱口、高城バッテリーです。

野茂、松坂以来と思われる尖った数字。

WHIPで1.5以上(野茂も、松坂も怪我した年以外は1.5なんて悪い数字は記録してませんのでご注意を)、四球率(BB/9)で5以上という数字を残しましたが、10勝できた理由とは、なんでしょ?

野球は四球率以外でも数字ありますので、その他の数字でカバーしていただけと言ったら単純すぎますでしょうか?

四球率、WHIPで異例な数字を残した投手の場合、往々にして奪三振率が良いですが、御多分にもれず、濱口も、素晴らしい数字を残しています。

先発投手にも関わらず9.9(KK/9)を記録しました

横浜の先発投手で、この数字を記録したのは、誰以来ですかね。 記憶にないです。

門倉と、三浦が2005年に奪三振王を記録した際も、門倉が8.03、三浦が7.42です。 往年の名投手、遠藤も、7ぐらい?でしたから(投球回数が今とは違い過ぎますので参考程度で)、もしかすると横浜の先発投手としては異例の数字を残したかもです。

奪三振力自体、初めて見た時に抱いた感想、そのものですので驚きはしません。 期待通りとも言えます。

言えますが、良く出来たというのが私の本音です。 途中から、球威が落ちちゃいましたからね。

参考記事 2017年04月02日(捕手は戸柱) 濱口、良い投球、パットンはタイミング合わせ難いです 他、雑感


濱口、評判通りの投手でした。 監督、10勝は出来るとの見立てでしたが、確かに10勝出来そうです。

えげつない、クロスファイヤー投げます。(右打者苦戦しそう)



成績自体は、近いモノを監督と共有していました。 問題は、その前提の、えげつないと評したクロスファイヤーが5月には消失してまして、10勝難しいかもっていうのが、私が感じた評価です。

にも関わらず10勝しています。 いつも、ヒヤヒヤしながら見ていましたが、大したもんです。

この点は私、濱口、高城バッテリーを見誤っていました。

普通はリタイヤですが、 シーズン通して、様々、試行錯誤を続けています。

戸柱が久々、濱口と組んで考えるようになったと褒めていましたが、いろいろやっていましたね。



2017年05月11日 変調を来しつつある濱口の状態と、高城の配球につて雑感

えげつないと評した、あのクロスファイヤーになっていません。 球威がないわけです。

勿論、普通の投手よりは球威はある方ですが、 えげつないという表現にはならないです。 濱口の配球割合は、55%がストレートです。 そのストレートのコントロールが悪く、球威もないとなると、かなり苦しいです。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

遠藤、三浦大輔以上?非常に尖った成績を残した濱口について雑感 

コメント失礼します。

濱口は離脱後スタミナが切れるのが早くなりましたね。
それを強く感じたのが、最後の阪神とのハマスタ3連戦です。
2回まではストレートのキレがすごくて、「こりゃ完封か」と思っていたら、3回になって
急にキレがなくなりました。その後、高城がなんとかチェンジアップ等を駆使してかわして
いましたが、糸井への失投(ストレート高め要求がど真ん中、キレがなくなってきたので
打たれる)で流れが切れてしまいました。(個人的には「あれ」でベイの2位は消えたと確信)

彼はオフをどうすごすのか、それにかかっているのではないでしょうか?
さすがに一年目なので、これをみて、「来年危険だ」というのは早いかと。

三嶋のように来年のオフに調整失敗すると、今後も立ち直れない虞があります。
一方、今永のように、しっかり調整すると、今後も大丈夫でしょう。

石田は完全に今年調整失敗でしたが、後半なんとか立ち直りました。CSでもよいピッチングが
できれば来年も大丈夫です。

あとは、ヤスアキ。これも昨年調整失敗(といっても成績は相応でしたが)しましたが、
今年はうまくいったと思います。当初クローザーから下ろされましたが、復活すると
確信していました。それは、今年の彼の「お尻」。がっちりしてましたよ。昨年とは違う。
今年は太ったのでは?といわれていましたが、太ったのではなくて、正しい肉のつけ方を
したんだと思います。

小さい体の場合は特に下半身、「お尻」ががっちりしていると大丈夫です。

来年の濱口の「お尻」に注目してください。

遠藤、三浦大輔以上?非常に尖った成績を残した濱口について雑感 

コメント失礼します。

濱口は予想をはるかに上回る活躍でしたが、与四死球の率などは想定内。
ということは、やはり、ここぞでは何とか押し切れる制球と球威、キレがあったということなんでしょうね。

>横浜の先発投手で、この数字を記録したのは、誰以来ですかね

この9.90という三振奪取率もルーキーの先発としては破格ですね。
近年のデータを見てみたら、横浜のルーキーでは三嶋が8.92をあげてますね。
他には先発転向2年目の山口俊が9.37(114回1/3で119奪三振)
昨季の今永が9.04(135回1/3で136奪三振)
濱口は三嶋コースか今永コースか、来季真価が問われますね。

こんな記事も読みたい

井口監督誕生と外国人。【千葉県旭市生まれのロッテ好き。】

2017ドラフト候補ポジション別ランキング【投手編】【ドラフトさん】

ロッテの球団広報の梶原紀章さんが伊東勤監督について書いたコラムを読んで思ったこと 最終回【チュート・ハンパーのレッツゴープロ野球!】

2017セ新人王一騎打ち 濵口遥大vs京田陽太 開幕前に予想できた人はいるのだろうか?【Fight Our Heart Out YOKOHAMA DeNA】

フェニックスリーグ初勝利と、オフの補強に思うこと【YOKOHAMA lover】

2017ドラフト希望【no title】

下園・・・よく言ってくれた!【ベイの優勝を信じてやまない太郎】

CSの先発投手を予想して、濵口投手の重要性に改めて思い当たる【YOKOHAMA lover】

ブロガープロフィール

profile-iconaaakkk

。。。。
  • 昨日のページビュー:2045
  • 累計のページビュー:11139420

(10月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2016年 新春セ・リーグ順位予想 
  2. 落合GMの評価とは? 雑感
  3. 広島本部長発言から感じた違和感と、広島の評価を下げた理由
  4. 来季、オリックスの布陣を予想してみた
  5. 大竹の巨人移籍でセ4球団ニンマリ!?
  6. 巨人30億円補強による影響と雑感(巨人がプロテクトから外すかもしれない選手について 他)
  7. 大島、俺なら使わないに関しての雑感
  8. 李大浩 2年総額7億円じゃあ…「話にならない」に対する検証
  9. 中村ノリ 懲罰降格に対する雑感・・・
  10. 某二塁手の実力を検証

月別アーカイブ

2019
01
2017
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss