いろいろ所持雑感

李大浩 2年総額7億円じゃあ…「話にならない」に対する検証

このエントリーをはてなブックマークに追加

李大浩 2年総額7億円じゃあ…「話にならない」
っとの事ですが、

その年棒(期待)の妥当性に関して、個人的に検証してみたいと思います。

年棒を構成する要因は、過去の成績を基に未来の成績に対する期待値によって決定されます。

成績が良くても、終盤で致命的な故障を負った場合、情的に忍びないですが、一般的に年棒が低く抑えられてしまいます。

また、他に選択肢がある場合も同じで、その期待は下げられ年棒が低く抑えられます。
DeNaの中村選手が成績の割に年棒が低く抑えられているのは、この為です。(筒香がいるから)

でわ、今回、オリックスが提示した2年7億以上とは、どんな数字(期待)を持つのでしょう。



李大浩の守備は一塁ないし、DHです。
得点能力(60)も低く、守備走塁面に関し、チームに貢献しているとは言えません。

李大浩の期待値、年棒を決めているのは、その打撃能力によるモノが大きいという事で、その代表的な指標であるOPSで評価したいと思います。

李大浩のOPSは
昨年が.846、今年が.878。

パリーグというカテゴリーで見ますと、リーグ5位程度です。
守備・走塁能力、年齢を考慮しますと、比較としてはSBの内川選手(OPS.853)や、ロッテの井口選手(OPS.903)と比較するのが妥当と感じます。

でわ、そのお二人のサラリーは一体、幾らなんでしょう?
内川選手、井口選手の今年のサラリー、実は同じぐらいで1.7億です。

お二人とも今年サラリーが上昇・・・するかもしれませんが、年3.5億以上出すかと言うと、正直、想像できません。


年棒の検証結果ですが、
オリックスは李大浩に対し市場価値以上の高評価したサラリーを提示したと思います。
競合する可能性がある阪神を意識した結果なのかもしれません。


それに対し、
2年総額7億円じゃあ…「話にならない」
契約、難航しそうですね。


2012年の成績を基に書かれた『セイバーメトリクス・リポート2』による
オリックスのチーム事情ですが、
選手の構成上、27歳以上が41名と今後チームは退潮期を迎える公算が強く、糸井を獲得した今季2013は、是が非でも結果を残さなければならないシーズンとなる。
フロントにとってまさに勝負の年となるだろう。

っと事でしたので、オリックスフロントとしては、ここ数年が勝負とみて、本気で上位進出を狙っているからの提示だと思います。
が、なかなか上手く行きません。
糸井をとった意味があるのやら。。。

本来ならメジャーのようにWARで、その年棒の妥当性を評価したいのですが、日本の場合、web上で開示されてなく、

今年の場合、ランキングのみWeb上で見つける事が出来ました。

01位 阿部(巨)11.4 
02位 バレ(ヤ)11.2 
03位 田中(楽)10.7 
04位 ブラ(横)8.2 
05位 長谷(ソ)8.1 
06位 浅村(西)7.4 
07位 村田(巨)7.3 
08位 金子(オ)6.5 
09位 鳥谷(神)6.0 
09位 糸井(オ)6.0

 OPS.852で、守備と走塁面でも評価の高い糸井でさえ6.0です。
(2012年の糸井のWARは8.0です。)

その糸井の年棒が2億ですから、如何に李大浩が評価をされたか伺え知れるものと思います。

チーム編成上、本当に必要と判断した本気の条件提示だったんでしょうが・・・
無念です。
オリックス。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

李大浩 2年総額7億円じゃあ…「話にならない」に対する検証

イデホを獲得した時は契約金込みで7億(契約金2億+年俸2・5億の2年)で、今回は年俸のみで7億提示。
球団側は「年俸1億UP」なんだけど、デホ側からしたら「契約の総額は変わらない」という不満でしょ。
なんか代理人の存在が話を余計にややこしくしてる気がします。

李大浩 2年総額7億円じゃあ…「話にならない」に対する検証

>仮に単年で2億の放映権料が入るとすれば
だとすると、4億程度出しても良いのでは?っと考えます。

を5億程度に変更させて下さい。
差引3億が成績的(WAR上)に、限界でしょうか?

失策も多く守備面は期待できません。
また、DH、一塁は、競合の多いポジションでもあるので、それぐらいになるかとは思います。

代替可能選手(替えが効く)が多いと、その性格上、打撃成績の割にWARが下がってしまいますので、その辺は注意が必要です。

李大浩 2年総額7億円じゃあ…「話にならない」に対する検証

源五郎さん、コメントありがとうございます。

>仮に単年で2億の放映権料が入るとすれば

だとすると、4億程度出しても良いのでは?っと考えます。

また、仰る通り、外国人枠の選手が「割高」になるのは、ある程度仕方が無い事と思います。
ですので、浅村選手でなく、FA選手の内川や井口と比較してはいます。

個人的には年齢の近い内川選手との比較が妥当とは思いますが、相場感的に、そんなレベルと考えて下さい。

李大浩 2年総額7億円じゃあ…「話にならない」に対する検証

minamikazeさんコメントありがとうございます。

2013年のバレンティンとの比較ですとセイバー上、2013年の李大浩の価値は大雑把ですが、1/2程度と想定しています。

バレンティンの倍の年棒を貰ったと仮定したら、残念ながら比較上、話にはならないと思います。

WARが数値上、8を超えるとMVP級。
WAR5を超えるとオールスター級と言われているので、李大浩自体は好選手だと思います。

が、NPBで4億円を超えるのは実績上、MVP級が多いので、正直、お高く感じるのは止む得ない状況です。

こんな記事も読みたい

侍ジャパンの意義って何!?【魂Tシャツ・ナビゲーション】

《マリーンズ》あっちこっちで【南大阪に吹くマリンの風】

涌井のFAについて【野球雑記雑感】

李大浩との契約どうなるの?【オリ専~言わせていただきます~】

楽しかったぜバファロォォォォーーーズ!!【オリだぶ】

あぁ、ここに極まれり…!【オリだぶ】

数字遊び 十年間ドラフトでクジを外す確率【オリだぶ】

やっぱりかぁぁぁぁぁぁ!【オリだぶ】

ブロガープロフィール

profile-iconaaakkk

。。。。
  • 昨日のページビュー:2172
  • 累計のページビュー:10426870

(07月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2016年 新春セ・リーグ順位予想 
  2. 落合GMの評価とは? 雑感
  3. 来季、オリックスの布陣を予想してみた
  4. 大竹の巨人移籍でセ4球団ニンマリ!?
  5. 広島本部長発言から感じた違和感と、広島の評価を下げた理由
  6. 巨人30億円補強による影響と雑感(巨人がプロテクトから外すかもしれない選手について 他)
  7. 大島、俺なら使わないに関しての雑感
  8. 李大浩 2年総額7億円じゃあ…「話にならない」に対する検証
  9. 中村ノリ 懲罰降格に対する雑感・・・
  10. 某二塁手の実力を検証

月別アーカイブ

2019
01
2017
07
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss