ゴルフ風吹くまま便

魅力あるタイゴルフの系譜

このエントリーをはてなブックマークに追加

男子ならプラヤド・マークセン、トンチャイ・ジェィディ、キラデク・アフィバーンラト、米女子ならポルナノン・ファトラム、エリヤ、モリヤ・ジュタヌガン、日本女子にも、オナリン・サタヤバンポット(O・サタヤ)、そして、ポラニ・チュティチャイだ。

ジュニアから活躍し、巨漢を屈指するアフィバーンラト(世界ランク48位)、エリア・ジュタヌカンはとうとうLPGA初優勝から3連勝中。 この系譜と。デビューが遅いが、徹底したテクニックを屈指する小兵のジェイディ、今なおアジアNo1プレーヤー。この系譜。

チュティチャイの今回の優勝をみて、ふと思った。

4打差トップスタートも自分を含めて同組が落とす中、前を行く上田桃子、藤田光里が追いつたバック9からの粘り、3、4mのパーットをことごとく入れて、17番では5mのパーパットを入れ、そして18番、上田桃子が目の前で追いつかれ、外せば負けの2.5mパーパットをねじ込んだ。さらに、この粘り強さはらにプレーオフで加速する、いつも230Yの飛距離が、2回260Yビックドライブからセカンドをきっちりエッジまで運んでの連続バーディで各上相手を圧倒した。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
国内女子ツアー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

しょっぱすぎる結末【ゴルフ風吹くまま便】

28歳ピーク論【ゴルフ風吹くまま便】

彩香の涙【ゴルフ風吹くまま便】

ブロガープロフィール

profile-icona_kanou

  • 昨日のページビュー:11
  • 累計のページビュー:5104927

(03月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ゴルフ賞金シード【天国と地獄】
  2. 賞金シード天国と地獄ファイナル
  3. 斉藤愛璃人気今だ上昇中
  4. さらなる石川遼PGAツアー参戦準備
  5. 賞金シード天国と地獄2015その1
  6. アンチサマンサに相応しい幕切れ
  7. 佐々木久行氏客死
  8. 勝った者が強い女子オープンとは言えず
  9. イ・ボミのもうひとつのこだわり
  10. 賞金シード天国と地獄2013

月別アーカイブ

2016
06
05
04
03
2015
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2010
12
05
04
2009
11
10
06
05
2008
12
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss