ゴルフ風吹くまま便

主にゴルフTV観戦記等ゴルフに関するレポートをコラム風にお届けします。

a_kanou

  • 昨日のページビュー:12
  • 累計のページビュー:5104938
  • (03月19日現在)

最新の記事

最強ツートップその2

開幕以来の連戦も、今週の4日間競技アースモンダミンカップで、1週のオープンウィークを迎える。 前週優勝の申ジエはお休みモードも最終日66でキッチリ順位を上げ13Tフィニッシュ。 対して、イ・ボミは全米女子OPのリオラストチャンス前に気合入りまくりで、大会レコードは1打足らずも2位と5打差20アンダーぶっりぎりの優勝、今季2勝目。 最強ツートップは順位は入れかわるも後続とは。 カメリアヒルズCCで行......続きを読む»

最強ツートップ

ニチレイ2日目、2打差単独トップに立ったアマ勝みなみの放送コードにのった終盤の内容では、最終日は持たないと思ったひとは多かっただろう。 それにしても、イ・ボミの開幕以降11試合連続トップ10(継続中)は、 6位,優勝,2位T,4位T,3位,4位T,2位T,4位T,4位T,3位T,2位T, 見事だものだが、 ニチレイ3連覇の申ジエも実は、 3位T,8位T,2位,2位,2位T,×,8位T,優勝,棄権,4......続きを読む»

ケガの功名

別段調子が悪い訳ではない。しかし、2013年の華麗な逆転優勝(日本初優勝)以降優勝争いになかなか加わることができない。 今年も同様、しかも、先週よもやの追突交通事故でスキップ。 首の痛みを抱えたまま、フルスウィングを封印したまま、今週4日間競技のサントリーレディースに望むと、あら不思議、予選ラウンド、68,64で4打差トップ。またとない巡ってきた優勝争いに、そこはベテラン。 40歳姜秀衍(カン・スー......続きを読む»

魅力あるタイゴルフの系譜

男子ならプラヤド・マークセン、トンチャイ・ジェィディ、キラデク・アフィバーンラト、米女子ならポルナノン・ファトラム、エリヤ、モリヤ・ジュタヌガン、日本女子にも、オナリン・サタヤバンポット(O・サタヤ)、そして、ポラニ・チュティチャイだ。 ジュニアから活躍し、巨漢を屈指するアフィバーンラト(世界ランク48位)、エリア・ジュタヌカンはとうとうLPGA初優勝から3連勝中。 この系譜と。デビューが遅いが、......続きを読む»

しょっぱすぎる結末

思い返してみれば、リゾートトラストレディースは、リゾートトラスト所有の戦略コースをサーキット方式で持ち回り、バーディ合戦末の誰にも勝つチャンスがある模様を地上波ライブ中継にこだわり、これが見事にはまる放送コードで独走していた大会だった。 最終日、スカイAのCSでスタートホールからフロント9を放送し、地上波に1時間後にリレー(13:55~15:25)13番から5ホールを最後まで完全生中継でするというフ......続きを読む»

28歳ピーク論

前週、3日間競技最高額のほけんの窓口で韓国賞金女王経験者の同級生トリオが最終日最終組で対決し、3位の申ジエが優勝、2位タイ、キム・ハヌル、イ・ボミで賞金ランクもそのままワンツウースリー(各1勝)。この同級生が1988年生まれの今年28歳。 日本勢の1988年生まれを探したが、菊池絵理香(1勝)、一ノ瀬優希、服部真夕くらいか、菊池は、今年ワンチャンスのものにしたが、去年の1年通して活躍した賞金ランク......続きを読む»

彩香の涙

半年前の日米共催のTOTOで既に同組での飛ばし対決で、ほぼ同等と手応えを掴んできただけに、今回日本メジャーでの3度の同組で20Y置いて行かれる現状を目の当たりして、相当なショックだっただろう。 しかし、あのデビュー当時インパクト後ジャンプアップするアレックス・トンプソンの変則スウィングをどうにか抑えるようになったとはい言え、このまま飛んで曲がらない圧倒的な飛距離を武器にツアートップレベルを10年続......続きを読む»

日本女子ツアー史上初姉妹優勝

今年の話題は<アンカリング禁止>、<リオオリンピックレース>、<姉妹優勝>。と思っていた。 <アンカ~>は、さっそく大江の優勝で話題は書けたが大江はその後5試合すべて予選落ち。 <リオオ~>は、野村敏京のLPGA2勝の1枠確定し、残り1枠の日本人争いがダラダラと7月まで続くはずだ。 <姉妹優勝>は、堀琴音が、アクサで3位タイとなり優勝真近かまできていた。 ところが、サイバーエージェントが新コースに......続きを読む»

無常のアーメンコーナー

それにしても4大メジャーの中に新興大会であるこの大会が、これほどまで人々を魅了するのは、ひとえに舞台装置であるオーガスタナショナルであるのは間違いない。 しかしながら、例えば、近年ほとんど最終日最終組から優勝者を出していたり、毎年同じコースで行われる招待大会の閉鎖性と道具の進化に対応できないパッティングコンテストの大会だと揶揄されたりとその魅力が失われつつある。 そんな中でも、ひとたび風吹けば、......続きを読む»

永久シードルール

日本ツアー2000年に参戦後17年目、37歳李知姫がヤマハレディースで風の中、2日目予選ラウンドベストの4バーディノーボギーでトップタイから3日目ノーバーディ1ボギーの2位タイからの最終日、ウェットなグリーンと風の止んだ中、7バーディ1ボギーと一人旅通算9アンダー2位と3打差の圧勝劇で通算20勝目を飾る。 この日本ツアー20勝。実は韓国ツアーの永久シードの数である。 具玉姫(23)、全美貞(22)......続きを読む»

アンチアンカリングへ

今シーズンの注目のひとつは、アンカリング禁止のルール変更。 このルール改変に多大な力学を働いたタイガー・ウッズは既にツアーにはいない。 だからこそ、このルールを改悪で意味をなさなくするためにも、長尺勢の活躍は不可欠。 さっそくPGAツアーでは、長尺から通常パターに戻したアダム・スコットが2連勝。 シニアでは、ベルハルト・ランガーが、長尺パターのまま、さっそく優勝。 とくにランガーの場合は、長尺をそ......続きを読む»

賞金シード天国と地獄2015fainal

もしも、54位のナ・ダエが欠場していなかったら、 もしも、50位の柏原明日架がウェイティングしていなかったら、 もしも、柏原明日架が予選通過していなかったら、 もしも、本大会大王製紙エリエールレディスオープンが4日間競技でなかったら、 もしも、51位の福田裕子が最終日最終17番ショートのバーディだパットが外れていなかったら、 もしも、52位の川満陽香理が最終日バック9の3ボギーがなかったら、 もしも......続きを読む»

賞金シード天国と地獄2015その2

賞金シード争ういラスマエの伊藤園レディース。 前回優勝のホステスプロ前田陽子の予選落ち、イ・ボミの完全優勝の2億円突破と賞金女王確定、青木瀬令奈の自身最上位単独2位フィニッシュ、テレサ・ルーのボミとの一騎打ちならず、申ジエ、渡邉彩香の5位争いの停滞、マンデー通過の堀琴音の自身最上位3イフィニッシュ、いろいろな見どころのなか、賞金シード争いもなんにも起こらない。 ランク50位の柏原 明日架は残り3戦......続きを読む»

TOTOジャパンクラシックにみるゆゆしき事態

賞金シード争いは一休み。 LPGAとJLPGA共催の今年からスポンサーのみ変更されたTOTOジャパンクラシック。 考えてみれば、1999年以降上田桃子の2勝以外すべて外国人が優勝20勝しており、今年の日本人が10位以内に入れなかったのは22年ぶりとか。 優勝争いをしているわけでもない、日本人トップということでのみ一生懸命TV中継は追うが、興ざめするばかりである。 ロレックスランク上位10人中参......続きを読む»

賞金シード天国と地獄2015その1

国内女子ツアー今年も残り4戦、そのうち全ツアーメンバに出場資格があるのは残り2戦。 賞金シードを巡る戦いも佳境を迎える。 そんな中、まずは天国のほうの意気揚々と初シードを確定したフレッシュな面々をご紹介。 36位2400万円の青木瀬令奈。 QT25位でツアー初参戦の2011年プロテスト合格の若手、飛距離がツアーで屈指の飛ばない部類で直ドラとサマンサウェアで注目されてはいたが前半18戦予選通過は5試......続きを読む»

つかみどろこがないのもルーの持ち味

先週まで7ラウンド連続60台を出せず、平均ストロークは急降下し、実質60台が厳しいくなったずが、 今週一転、雨の初日、天候回復した2日目の最終ホール前までに13バーディを重ね2位に6アンダー差と完璧なゴルフを見せたテレサ・ルー。 だが、2日目シグネチャホールの18番を初ボギーし、最終日もメンタルの弱さは相変わらず5ボギー、それでも4バーディと16番見事に攻めたイーグルで、通算13アンダー自身初の単独......続きを読む»

ボミひとり旅あるいはスタンレーレディースの

テレサの平均ストローク60台への道は、優勝した選手権明けのマンシングウェアーレディースの初日76後の棄権でケチがつき、女子オープン78,75予選落ちで事実上終焉したが、 ボミの賞金女王、賞金2億円への道は、順調だ。 メジャー明けのスタンレーレディース最終日9ホール短縮になり、イ・ボミが1打差2位スタートから強さを発揮4アンダーで終わってみればひとり二ケタ12アンダーの3打差の圧勝で今季5勝で早くも......続きを読む»

勝った者が強い女子オープンとは言えず

実際、ナショナルオープンはこうでなければ、と思わせる戦いだった。 舞台は、新幹線開通と合わせたのか石川の名門片山津白山コース、オープン史上2番目に長いトータルヤードにシーサイドの林間に風格ある松林にセパレートされうねるフェアウェイに白砂のフェアウェイバンカー、砲台グリーンの緑と廻りを固める白のアリソンバンカーは見事な借景を醸し出す。 シーサイドの風で難易度の上がった最終日。4アンダートップスタートし......続きを読む»

強い者が勝つ女子選手権

メジャーの性質として、女子プロ選手権はプロの頂上であり、女子オープンはゴルファーの頂上。 しかるに、強い者が勝つのが選手権、勝つ者が強いのがオープン。 そう言う意味で、上田桃子、テレサ・ルー、イ・ボミの最終組のこの史上最長6735Yのパサージュ琴海は、この上ない最上の舞台での頂上決戦だった。 半島丸ごとコースにするシーサイドのコースをメジャー仕様にグリーンのコンパクションを上げ難コースに仕上げ、平......続きを読む»

ルーの目指す平均ストローク60台への道・2

残り出場12戦(全14戦)で3勝と目標設定したイ・ボミがさっそく2勝して、賞金女王、総額2億円に向け驀進中だが、翻ってテレサ・ルーも目標に邁進中だ。 NEC軽井沢の14アンダー優勝の翌週のパー73の大箱根のCat Ladiesで10アンダー2位タイフィニッシュ。 そして、前週、高難コース小樽のニトリレディースをスキップさせ、今週のみずなみのゴルフ5レディースできっちり10アンダー3位フィニッシュ。......続きを読む»

プレーオフ巧者頂上決戦

もうビッグマウスも日の目をみず、このままオリンピックレースからも脱落し兼ねない状況の成田は一発のビッグスコアで自身無敗(3勝)のプレーオフにこぎつけ、さらに可愛い子ちゃんキラーとも言われるた相手が、スマイルキャンディーだったら余計力が入るが、自分より上の実力者だったのが残念だ。 とはいえ、プレーオフ2ホール目の有利な状況をものにできなかったのは、勝負のアヤを熟知していなかったのではないか。 お互......続きを読む»

ニトリのゆく道

そもそもニトリレディースの来た道を振り返れば、今回の小樽カントリー倶楽部での開催はある意味規定路線に乗っている。 2010年、ロバート・トレント・ジョーンズ・Jr設計の桂ゴルフ倶楽部で開催で大会スタート。 2011年、同コースで3日間競技で唯一参加120人の予選2日間同一組を午前・午後スタートで予選通過を60位にフォーマット変更。 2014年、前年メジャー開催コース、恵庭カントリー倶楽部に変更。 ......続きを読む»

これが私の生きる道 その2

完全無欠のオールランダー、2012年の成績はすべてスタッツで自身キャリアハイ。持ち前のロングドライブとショットメーカーとショートしない強気のパットでの高いパーオン率と平均バーディ数、唯一の欠点のリカバリ率も55%前後(50位以下)から61%(35位)に改善し、記憶に残るアースモンダミンのイーグル逆転優勝もありスター性をも持ち合わせている彼女の前途は洋洋たるものだったはずだ。 だが、2013年、リカ......続きを読む»

ルーの目指す平均ストローク60台への道

イ・ボミが賞金女王にのみ固執する中、 テレサ・ルーの今季のスケジュールは日本ツアーのみならず、海外メジャー出場権のあるANAインスピレーション、全米女子オープン、全英女子オープンと優先出場し、個人のレベルアップ勤しみ、平均ストロークを下げることにあることは本人が明言する通り。 そしてその海外メジャーが35位、35位、6位と自信が米女子ツアー参戦中2006年から2009年の3年間、そして2010年の......続きを読む»

自律できないシンデレラ

優勝するために足らない何かが分からない。 2011年フジサンケイ、マンデー通過の無名の彼女が一瞬輝いた。 あれから、2013年ステップアップで2勝、2014年念願の賞金シード43位で獲得。 確実にキャリアップするも、今シーズンも賞金シード圏内維持に必死で、たまたま最終日最終組2度も最終日崩れ去る自分を鑑みるよ優勝とは無縁。 とはいえ、既に33歳、このままではそんな優勝争いのチャンスも無くなっていく......続きを読む»

歳月は人を待つ

初優勝時の前コラム記事からも、その記録的な優勝を懐疑的に見ていた(パットが入りまくるだけ)。その後の低落も想定内。 敬愛する藍先輩との対比した前コラム記事からも、10位(2008)、25位(2009)、82位(2010)、74位(2011)、38位(2012)、32位(2013)、9位(2014)、一番成長出来る、22,3歳を賞金シード落ち、苦しんで、苦しんで、ようやく復活するも、優勝争いを自ら崩れ......続きを読む»

新規トーナメントのカイゼン

去年新規トーナメントで2年目の今年、どのような開催意義を見出せるか。 1年目の入場者の低迷の打破が当面の課題か。 夏休みに入るタイミング、猛暑と相反する中、アンダー21は入場無料を打ち出し、アマチュア10人と大量主催者推薦。 さらに、コースセッティングを甘めにし、これで、誰でも毎日ビッグスコアを狙える。 その成果が、10アンダー6位タイ新垣 比菜、9アンダー8位タイ勝みなみ、8アンダー11位タイ......続きを読む»

これが私の生きる道

グリーンエッジからのパター。16,17,18番どれもパーオンならずのシチュエーション。 パットラインを横から全体のアンジュレーションを見える位置に屈み込み、上体を沈め目線をグリーンに近づけ顔を左右に振り読む姿は、事前に自分出来ることとゴルフそのものを全てを見添えるその強い意志に支えられているようだ。 去年の伊藤園の優勝、今年のヤマハレエディース2位以来の優勝争い、最終日最終組のラウンドも、いつもと......続きを読む»

象が空を飛んだ

それにしても、韓国勢の全米女子オープンでの躍進は止まらない。 1998年朴セリ(20)〇を嚆矢として、 2005年バーディ・キム(23)〇 2008年朴仁妃(19)〇 2009年チ・ウンヒ(22)△ 2011年リュー・ソヨン(21)〇 2012年チェ・ナヨン(25) 2013年朴仁妃(24) 〇がLPGAツアー初優勝、△が2勝目。バーディ・キムは全米女子OP初出場。 今年2015年は、日本ツアー初......続きを読む»

前半戦総決算で史上最速1億円突破

実際、彼女のスケジュールは、ある1点をターゲットに向かって練に練られたスケジュールだった。 開幕から5連戦で、最少総額6千万のスタジオアリスをスキップさせ、6連戦、そして、総額8千万リゾートトラストをスキップさせ4連戦。 その結果、スタジオアリス前後に出場4試合連続2位フィニッシュの新記録、連戦5試合目の保険の窓口で優勝。7千万中京TVと、新コースの8千万リゾートトラストと6千万のヨネックスのどこを......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

このブログの記事ランキング

  1. ゴルフ賞金シード【天国と地獄】
  2. 賞金シード天国と地獄ファイナル
  3. 斉藤愛璃人気今だ上昇中
  4. さらなる石川遼PGAツアー参戦準備
  5. 賞金シード天国と地獄2015その1
  6. アンチサマンサに相応しい幕切れ
  7. 佐々木久行氏客死
  8. 勝った者が強い女子オープンとは言えず
  9. イ・ボミのもうひとつのこだわり
  10. 賞金シード天国と地獄2013

このブログを検索

月別アーカイブ

2016
06
05
04
03
2015
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2010
12
05
04
2009
11
10
06
05
2008
12
10
09

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss