レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~

ほぼ100%競馬のブログを書き続けて今年で7年目に突入。 おおむね競馬(中央競馬)、時々サッカー(アルビレックス新潟)・野球(DeNA)などスポーツ全般を綴っていきます。

7doraemons

競馬とサッカーを中心に スポーツ全般好き。 好きな競走馬はトランセンド 応援チームはアルビレックス新潟、横浜DeNAベイスターズ。 記事に対するコメント歓迎です。 もっと見る
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:10869715
  • (11月20日現在)

最新の記事

何度見てもすばらしい騎乗、天皇賞回顧

天皇賞はエイシンフラッシュがダービー以来となる勝利を挙げました。やはり、「もうダメか」って時に走る馬ですね。延命じゃないけど、ファン泣かせというか・・・。ダービーで世代の頂点に立ち、その後のレースで好走してもヴィクトワールピサ、ローズキングダム、ヒルノダムールが立ちはだかり、下からオルフェーヴルが出てきた。ウオッカ以降のダービー馬はオルフェーヴルを除けば、何とディープスカイが神戸新聞杯を勝っていただ......続きを読む»

天皇賞など、今週の重賞予想

こんにちは、土日はあんまり更新しないので今のうちに乗っけときます。 天皇賞秋 本命はルーラーシップにします。ここまで勝ち負け勝ち負けを繰り返してきた当馬。昨年の有馬で唯一「法則」をぶち壊されたおっぺけは今回不参加。順調に来た上での休み明けはかなり走る馬なのでフレッシュな方がいいと思うし、枠もまずまずのところを引きました。レースセンスは抜群で、久々の東京も問題ないでしょう。ここは母子制覇を......続きを読む»

天皇賞各馬雑感

まず、当ブログが400万Hitsを達成。ほんとにありがとうございます。今後もあたりの優しいブログを心がけていきますのでよろしくお願いします。 さて、天皇賞の枠順が決まりましたね。そこで各馬について一言ずつ。 1-1ナカヤマナイト・柴田善・幸せの1番枠、春からの成長を見せられるか? 1-2シルポート・小牧・絶好枠、今回もただ行くのみ! 2-3ネヴァブション・三浦・実績では引けを足らずも近況......続きを読む»

今年の3歳馬は粒ぞろい

まず、今年の天皇賞が天覧競馬であることは天皇賞メモリアルを書いてから知りました。自分でもびっくり。狙ってやったわけではないということをご配慮ください。なんに配慮かはよくわかりませんがそんな心境です。 さて、今年の3歳馬について。本当にレベルが高いですよね。古馬混合戦でも3歳が勝つは勝つは・・・。芝では今の5歳世代、ダートだと今の6歳世代が制圧してたんですが、ちょっと今年の3歳の強さは並みじゃな......続きを読む»

天皇賞秋メモリアル~神様に選ばれた勝利者~

菊花賞など、今年の3歳戦線の回顧は別の機会にするとしても、今年の3歳は各路線で粒ぞろいですね。でも記事は、メモリアルホースシリーズです。 今週は古馬最高峰のレース天皇賞秋。マイラーから長距離まで一流馬たちが一堂に会します。そんな天皇賞秋メモリアルに今回選出したのは「神様に選ばれた馬」ヘヴンリーロマンスです。 ヘヴンリーロマンス 戦績 33戦8勝 主な勝鞍 天皇賞秋('05)、札幌記念......続きを読む»

皐月賞馬とダービー馬の菊花賞

競馬の一つの格言として「皐月賞馬とダービー馬では皐月賞馬の方が菊花賞では強い」とあります。 確かにそうなのです。3冠馬を除いた場合、皐月賞と菊花賞の2冠馬というので一番最近の例は2000年のエアシャカールなのですが、ダービーと菊花賞の2冠馬というのはなんと1973年のタケホープまで遡らなければいけません。前例がないわけではないと考えるか。さすがにと思うのか。 ちなみに過去15年の皐月賞馬......続きを読む»

菊花賞メモリアル~淀に吹いた黒き疾風、今なお続く菊の系譜~

こんにちは、ジェンティルドンナとヴェルシーナの叩き合い、見ごたえがありましたね。ヴェルシーナが差し返しに行ったときは鳥肌ものでしたが、2冠牝馬の意地を見せて最後まで抜かせなかったジェンティルドンナはすごい。次走はエリザベスかJCかわかりませんが、JCとなれば史上初となる牡牝3冠馬対決実現となります。ただ、岩田騎手はディープブリランテ次第で、川田騎手になるかもしれないですが・・・どちらにせよがんばって......続きを読む»

秋華賞メモリアル~ナンバー2の悲劇を乗り越えて~

こんにちは、当ブログのメイン企画としてお世話になっているメモリアルホースシリーズの時間です。毎回文末でも謳っていますが、当該馬、当該レースに対する思い出や意見等あればどしどしお寄せください。モチベーションアップにもなってますのでよろしくお願いします。 今週は牝馬3冠戦線最終戦となる秋華賞。3冠をかけてジェンティルドンナが登場します。さて、今年の牝馬路線のようにクラシック戦線でとてつもなく強い馬......続きを読む»

凱旋門賞など、色々あった3日間開催+α

こんにちは、先週は3日間開催&海外日本馬情報、さらに盛岡に帰ってきたマイルCS南部杯と競馬ファンは忙しい3連休だったのではないでしょうか? まずはやはり凱旋門賞から。おっぺけ3冠馬ことオルフェーヴル、惜しかった。勝ったと思った。まさに展開のアヤだよなぁ。もうこちらの思った通りの展開になってくれたし理想通りに流れたが、最後の最後で・・・。これも競馬ということなんだろうけどほんとに悔しかったなぁ。......続きを読む»

【アルビ】捕らぬ狸の皮算用でも、勝ち点計算をしてみる

降格は争うものではないので、残留争いと言ってほしい管理人。どちらでも意図は伝わるけど。 ともあれ残り7試合を残し17位と例年以上にやばい状況になっている我らがアルビレックス新潟。残り試合から勝ち点をどれだけ伸ばすことができるかを考えてみました。 現在の残留争いは 川崎F 39 C大阪 35 鹿島A 34 V神戸 33 大宮A 31 G大阪 29 A新潟 29 ......続きを読む»

雨男

皆さんはサクラホクトオーという馬をご存知でしょうか?この名を聞いて笑ってしまった方とは楽しい話ができるに違いありません。というか、タイトルを見てサクラホクトオーが真っ先に浮かんだ方は間違いなくその手の方です。 何を言っているのかわからんという方に説明すると、サクラホクトオーとは朝日杯3歳Sを制するほどの名馬でした。が、サクラホクトオーを有名にしているのは悪いですが実力そのものではないのです。し......続きを読む»

ユタカさんがMr.ピンク帽というのは事実なのか?

えー、スプリンターズSですがいいレースでしたね。エピセアロームはもちろん、ドリームバレンチノはまだ伸びしろがありそうで、ロードカナロアをめぐる戦いに注目していきたいと思います。面白いことにラッキーナインを除くサンカルロまでの上位入着馬はすべて「ロードカナロアに先着したことがある馬」だったのは面白いですね。馬券的には、ドリームバレンチノの複勝のみ的中。普段は意識しないのに今回に限ってオッズを気にしてロ......続きを読む»

【アルビ】やったね、爆勝!!名古屋相手に5-0

我らがアルビレックス新潟が名古屋グランパスに5-0で大勝。名古屋にとって魔境とも称されているビッグスワンはさすがでした。 アルビにとってはこの試合「だけ」でこれまでの総得点の約1/3をたたき出す快挙・・・っていってて悲しいけど。実はここまで降格が決まってしまった札幌よりも得点が少ない17得点、当然佐藤寿人選手よりも少ない。この勝利が何とかきっかけにならないか。 降格争いを演じているG大阪......続きを読む»

スプリンターズSなど、今週の重賞予想

こんにちは、いよいよG1開幕を告げるのは秋の最速王決定戦スプリンターズSですね。それではシリウスSと合わせて、さっそく予想と参りましょう。 スプリンターズS 本命はカレンチャンです。前走はいかにも休み明けの内容で、池添騎手も次を見据えた競馬をしていました。条件の上乗せは間違いなく、外枠ですが、中山千二はスタートが上手な馬は外からかぶせることができる分、逆に有利に働くはず。対抗はドリームバ......続きを読む»

ヒルノダムールまでもが・・・、何とかしなければならない時のはずだ

ヒルノダムールが右前浅屈腱炎の為、長期休養。 あまりにも多すぎる。今年に入ってアパパネ、ウインバリアシオン、ナムラクレセント、ジャガーメイル、グルヴェイグと比較的ローテーションに余裕があるはずの一流馬の故障が上げていけばきりがないほど続いています。こうまでG1馬、あるいはG1級の馬が次々と故障により戦線を離脱しているとなると絶対に何か問題があるはずです。 ここまで続くと単純に馬場のせいだ......続きを読む»

引き際って何だろう?高津臣吾選手の引退に思う

ちょっと今さら感があるのですが、この話題を。 今年は日本プロ野球界から小久保選手、金本選手、石井琢選手ら名球界入りした選手が多く引退を表明しております(まだいらっしゃるかもしれません、忘れていたらすみません)。そんな中、2012/09/22、北陸の地域リーグで元ヤクルトの抑え高津臣吾投手が引退しました。試合の内容は後日以下のサイトで観戦しました。 新潟アルビレックスBC【公式】 on U......続きを読む»

スプリンターズSメモリアル~日本競馬史上最大級の番狂わせ、『空気読めよ』とかいわないで~

秋になってますますパワーアップはしていない自己条件でこつこつのメモリアルホースシリーズです。今週は秋の最速馬決定戦となるスプリンターズSです。いきなり意表をついたセレクトかもしれません。今回お送りする主役は『不屈の戦艦』ダイタクヤマトです。 ダイタクヤマト 戦績 40戦10勝 主な勝鞍 スプリンターズS('00)、スワンS('00)、阪急杯('01) 主戦 江田、高橋亮 (※特に指......続きを読む»

オールカマーなど、今週の重賞予想

今年全然記事にしていない我らがアルビレックス新潟。磐田とドローでしたが、大宮とG大阪が大勝し、勝ち点差が開きました。あまりに弱すぎて書く気もなかった。毎年どこかで調子が上向いてくる時期もあるんですが、今年はずっと低調のままここまで来ています。正直、終戦ムードなんですが、まだ8試合あります。なんとか起死回生を願いたいと思います。 で、競馬のお話。なんだか予想の記事はあんまり積極的に載せていない現......続きを読む»

またしても後藤騎手が・・・、発展の中にも『日本競馬らしさ』を失ってはいけない

まずはこのニュースをピックアップさせてください。 後藤騎手が頸椎、頭蓋骨骨折 ※引用:Yahooニュース 知ってのとおり、後藤騎手が再び頸椎の違和感の為に来週からの騎乗は無理となり、無期限の休養になると思います。NHKマイルCのとき痛めた箇所は、非常に危険な箇所であり、1993年に落馬事故で亡くなった岡潤一郎騎手も頸椎の骨折が一つの要因でした。今日まで中央競馬では落馬によって14人の方......続きを読む»

記録と記憶に残る馬、アパパネが引退

牝馬3冠馬、アパパネが故障の為、引退。 アパパネとは「記憶より記録の馬」という印象かもしれません。しかし本当にそうでしょうか?アパパネという馬を語るときどういう風に人に説明するでしょう。 まず、牝馬3冠を達成した馬、エリザベス女王杯を除く牝馬限定G1完全制覇にあと一歩まで来た馬。先に来るのは多分記録の部分。しかし、とてつもない個性の持ち主でした。 まず、甘えん坊で人懐っこい性格。蛯名騎......続きを読む»

メモリアルホースシリーズの秋に向けたまとめ

こんばんは、秋シーズンへの備忘録と利便性の観点からメモリアルシリーズをまとめました。すでにディープとグラスがかぶっているんですが、できるだけかぶらないようにしたいので。 ◎2012年 ・グラスワンダー(1999) 宝塚記念メモリアル(前編)~それはわずか2度の戦いで伝説になった、「栗毛の怪物」VS「SSの最高傑作」~ 宝塚記念メモリアル(後編)~それはわずか2度の戦いで伝説になった、「栗......続きを読む»

「圧倒せよ」、いいフレーズだ

3週間後に迫ったスプリンターズSのCM。滅茶苦茶かっこよかったです。 「94年、スプリンターズステークス。絶頂を極めたものに、もはや勝つべき戦いは残っていないのか。レコードをたたき出したラストラン、最後に勝つものが勝者だ。その馬の名は サクラバクシンオー 圧倒せよ! スプリンターズステークス」 スプリント戦線は日本は弱くて、国際化が進み、JCで海外馬に掲示板すら許さない状況の現在で......続きを読む»

砂の帝王スマートファルコンの引退、ダート界の勢力図は?

先日、帝王賞をはじめ統一G1を6勝、重賞19勝、日本記録となる重賞9連勝など、歴史に残る快進撃を続けたスマートファルコン号が引退を表明。この成績と圧倒的なパフォーマンスが評価され、ダート馬としては破格となる2億4千万のシンジケートが組まれ種牡馬入りとなりました。 スマートファルコン 通算成績 34戦23勝 主戦 武豊、岩田 主な勝鞍 JBCクラシック('10,'11)、東京大賞典('10......続きを読む»

新潟記念など、今週の重賞予想

突然ですが私はスポーツ全般好きなのです。もちろん野球も例にもれず。応援しているチームは今年は定位置脱出に一筋の希望を残す横浜DeNAベイスターズ。生まれも育ちも新潟な私がなぜ横浜?といわれても回答に困りますが・・・。サッカーは当然アルビレックス新潟。まさに1勝の重みと苦しみをかみしめるスポーツ観戦ライフ・・・常勝軍団のファンでは決して味わえないこの快感。 さあ、別にどうでもいい話から始まった今......続きを読む»

キーンランドCなど、今週の重賞予想

予想の前にまず、ゴルトブリッツ号の訃報に触れておかないわけにはいかないでしょう。昨年から徐々に頭角を現し、ダート界の次代を担う存在として期待され、今年はエスポワールシチーを破り念願のG1勝利、スペシャルウィーク×レディブロンドという良血、そして地方から這い上がってきたハートの強い漢。それでいてダート馬の強豪にしては鋭い差し脚を持っていて、金色の馬体がはじけ飛ぶあの走りでスマートファルコン、トランセン......続きを読む»

そこに『PRIDE』はあったか、札幌記念回顧

札幌記念はややハイペースの流れを追走したダークシャドウが抜け出しを図るところに後方から一気にまくってきたフミノイマージンが豪快に差し切って勝利。ここ2戦のパフォーマンスが本当の力ではないことを見せつけました。3着には中団から追いすがったヒルノダムール。完調手前で、シャドーロールなりチークピーシズなりをつけて試行錯誤していた中、この結果は今後につながるはず。2着に敗れたダークシャドウはトーセンジョーダ......続きを読む»

ロジユニヴァースの帰還

今週行われる、札幌記念。トーセンジョーダン、ダークシャドウ、ヒルノダムールの3頭が抜けているところにフミノイマージン、ヒットザターゲットら展開次第では一発を秘める伏兵もいてスーパーG2といっても差し支えないメンバーがそろいました。 しかし、私に言わせてみればこのレースのポイントはただ一つ。 『ロジユニヴァースが帰ってきた。』 もういい加減種牡馬入りさせてあげればいいのに、と何度思ったこ......続きを読む»

今年も大盛況、アイビスサマーダッシュ観戦記

こんばんは、例年は海の日3連休のど真ん中にあり集客が相当だったアイビスサマーダッシュ。今年はどうなるのかと思っていましたが、体感的に今年に入って一番のにぎわいをみせていてよかったです。聞こえてくる会話からは他県からいらっしゃっている方も結構いたようで、日本唯一の直線競馬という売りはまだまだ強いと感じました。 昼ごろターフィショップの前を歩いていると、 どでかいオルフェ人形が!!! ......続きを読む»

アイビスサマーダッシュなど、今週の重賞予想

こんにちは、今週はいよいよ新潟の名物重賞直線競馬、アイビスサマーダッシュです。割と相性の良いレースなので、今年も当てたいですね。 アイビスサマーダッシュ 本命はエーシンヴァーゴウにします。休み明け、太り残りらしいのですが直線競馬への適正は群を抜いています。夏から調子を上げ低空までもありますし、ここはチャンス十分。対抗はパドトロワ。牡馬には苦しいレースが続いていますが、この馬はスプリンター......続きを読む»

函館記念、今週の重賞予想

こんばんは、今週で函館もオーラス。それを飾るのは伝統のハンデ重賞・函館記念です。昨年はキングトップガン、マヤノライジン、アクシオンの高齢馬の1・2・3で決まりましたが果たして今年は? 函館記念 本命はマヤノライジンです。ハンデが1キロ余計だった気はしますが老いてますます盛ん。前走も極端な上がり競馬ながらも33秒台の脚を繰り出して着順ほど負けていません。函館の適正は今さら説明は要らないでし......続きを読む»

1 2 5 6 7 9 11 12 13 21 22

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念(2016)、各馬短評
  2. ルージュバックが「もうヤダ」と苦しがってしまった、桜花賞回顧
  3. 日本ダービー(2016)、各馬短評
  4. 天皇賞秋(2016)、各馬短評
  5. 天皇賞春、各馬短評
  6. 彼は横山典弘にダービーを勝たせる為に生まれてきた馬だ
  7. シゲルスダチが印象的だった、NHKマイルC回顧
  8. 桜花賞、各馬短評
  9. 皐月賞、各馬短評
  10. 天皇賞秋、各馬短評

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
11
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss