レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~

ほぼ100%競馬のブログを書き続けて今年で7年目に突入。 おおむね競馬(中央競馬)、時々サッカー(アルビレックス新潟)・野球(DeNA)などスポーツ全般を綴っていきます。

7doraemons

競馬とサッカーを中心に スポーツ全般好き。 好きな競走馬はトランセンド 応援チームはアルビレックス新潟、横浜DeNAベイスターズ。 記事に対するコメント歓迎です。 もっと見る
  • 昨日のページビュー:5986
  • 累計のページビュー:10506876
  • (10月18日現在)

最新の記事

もっと何も反省していない採決委員~1/20中山11Rについて~

こんにちは、1/20のAJCCでの1件について、改めて文章に起こそうと思います。 この1件はベリー騎手騎乗の3番ダノンバラードが、直線で急激に内にササり、5番トランスワープ、6番ゲシュタルトの走行を妨害したということです。 しばらくたって審議のランプがついたわけですが、これはトランスワープの萩原調教師が不服申し立てを行った為、つまり「あの程度では審議するまでもない」と採決委員は判断したわ......続きを読む»

審議ランプくらい点灯させようよ

予想は掲載していませんが、AJCCはトランスワープは私の本命でした。大野さんとトランスはほんとにかわいそう。 私は違いましたが、トランスワープを頭で固定していた人とかたまったものではないでしょう。 今回のケースでよく館内で放送してある、「不利を受けた馬が追い上げた」んじゃないの?それとももっと僅差まで追い上げなきゃいけないの? そもそも審議ランプすら異議申し立てがないと点灯しなかったのはま......続きを読む»

【シリーズ最強世代16】2011年クラシック世代【オルフェーヴル】

こんにちは、シリーズ最強世代2012年度終了版です。今回は2011年クラシック世代。オルフェーヴル、ロードカナロアが海外でも活躍。何となく王道路線では1強ムードですが、果たしてどのような結果になっているのでしょうか?考察してみましょう。※これで全世代終了。次回のシリーズでは全世代で数値比較を実施します。 ※お詫び:ホエールキャプチャは2010年世代ではなく、2011年世代でした。お詫びして修正いた......続きを読む»

(2012年終了版)【シリーズ最強世代15】2010年クラシック世代【ヴィクトワールピサ】

こんにちは、シリーズ最強世代2012年度終了版です。今回は2010年クラシック世代。ヴィクトワールピサを筆頭にハイレベルな芝中長距離戦線を軸とし、牝馬にアパパネ、カレンチャン、ダート戦線もニホンピロアワーズが台頭。隙が見当たらない新・最強世代は果たしてどのような結果になっているのか?考察していきましょう。ちなみに考察対象は次回2011年クラシック世代までとなります。 ※お詫び:ホエールキャプチャは......続きを読む»

(2012年終了版)【シリーズ最強世代14】2009年クラシック世代【ブエナビスタ】

こんにちは、シリーズ最強世代2012年度終了版です。今回は2009年クラシック世代。芝ではブエナビスタの孤軍奮闘。かたやダートでは史上初の中央ダートG1・4勝をマークしたトランセンドを筆頭に充実したラインナップ。はたしてこの世代に見られた傾向とは?考察していきましょう。(※前回からの引用もありますが、この世代からはほぼ新作です) ~2009年クラシック世代~ 基本データ 1.G1を勝ってい......続きを読む»

(2012年終了版)【シリーズ最強世代13】2008年クラシック世代【エスポワールシチー】

こんにちは、久しぶりのデータ記事です。1年半くらい前まで調査を行っていたシリーズ最強世代。覚えている方はおられるでしょうか?あれから時間もたったということで、最新版にしてお送りしたいと思います。ただし、数に変化がなかった世代は省略しますのでご了承ください。記事末尾に、これまでの調査結果のリンクがありますので、以前の世代を見たい方はそちらからお願いします。※文は、旧ソースをもとに再編集しています。 ......続きを読む»

改めてオルフェーヴルの凄さを知る

こんにちは、久しぶりに雑記です。 年度代表馬にジェンティルドンナが選ばれました。活躍からして当然だと思います。私でも彼女に投票したでしょう。 とはいえ、今回はその話ではなくておっぺけ3冠馬ことオルフェーヴルについて。オルフェーヴルはジャパンCでジェンティルドンナにわずかに競り負ける形になってしまいました。しかしです。あのレースで一層オルフェーヴルの底知れぬ実力が示されたと思ってるのです。 ......続きを読む»

ありがとう、トランセンド

あけましておめでとうございます。本年もあたりの優しいブログを心掛けていこうと思いますのでよろしくお願いします。 さて、新年早々の大ニュースが・・・トランセンド号の引退です。 トランセンド 戦績 24戦10勝 主な勝鞍 JCダート('10,'11)、フェブラリーS('11)、マイルCS南部杯('11)、みやこS('10)、レパードS('09) 主戦 藤田 いつか来ると......続きを読む»

有馬記念、今週の重賞予想

有馬記念はドリームレースです。好きな馬を買って応援するんです。 有馬記念 ◎トレイルブレイザー ○ルーラーシップ ▲ローズキングダム △アーネストリー 買い方はまだ決めてませんが、この印で夢は大きく! ...続きを読む»

知らないのか?ケツから捲るのが最高にかっこいい勝ち方なんだ

最後尾から一気に追い込んで勝利を手にする。その興奮度と言ったら無難な好位抜出、中位鋭進をはるかにしのぐ「最高にかっこいい勝ち方」です。しかし、一方でオグリキャップもまた、「最高にかっこいい勝ち方」だったのではないでしょうか。一時期の栄光から、大スランプに陥り、最後のレースで勝利を収める。オグリはまさしく「ケツから捲った」勝利でした。多くの人が興奮した。 さあ、今年の有馬記念にも「ケツから捲る」......続きを読む»

有馬記念枠順確定、夢をかなえるのはどの馬だ?

有馬記念の出走馬、および枠順が確定しましたね。それでは各馬について、一言ずつ短評を。 1-1・ローズキングダム・岩田・前走ブービーで、ここでは? 1-2・エイシンフラッシュ・デムーロ・前走案外も、昨年2着の舞台 2-3・スカイディグニティ・スミヨン・上昇一途、さあトップ越え 2-4・アーネストリー・福永・近走不振も、復権期す 3-5・ネヴァブション・田中勝・09年3着も、さすがに 3......続きを読む»

2012年メモリアルホースシリーズ一覧

2012年に記事にさせていただいたメモリアルシリーズの一覧です。 メモリアルホースシリーズ2012 ・フェブラリーS(2009年:サクセスブロッケン(内田博)) フェブラリーSメモリアル~いざ、世代交代の時~ ・高松宮記念(2004年:サニングデール(福永)) 高松宮記念メモリアル~風が吹く、それは中京の風、それは勝利の風~ ・桜花賞(1990年:アグネスフローラ(河内)) ......続きを読む»

有馬記念メモリアル~覇王の讃歌~

こんにちは、今週はいよいよ中央競馬のオーラス・有馬記念。3冠馬2頭は不在も素晴らしいメンバーが集まりました。そんな有馬記念のメモリアル。悩みました今年も。しかし有馬記念は「夢」のレース。好きな馬を選ぼうということで、今回はこの馬「世紀末覇王」テイエムオペラオーです。意外でしたか?テイエムオペラオーは2度目の選出となりますので、特に2000年の有馬記念に絞ってみたいと思います。 テイエムオペラオ......続きを読む»

朝日杯FSメモリアル~61馬身の伝説、語り継ごうお前の強さを~

こんにちは、今週は朝日杯FS。今年はクラシック有力馬も登場予定。果たして久々の怪物誕生となるでしょうか?さて、そんな朝日杯のメモリアルホースに選択したのは「スーパーカー」マルゼンスキーです。 マルゼンスキー 戦績 8戦8勝 主な勝鞍 朝日杯3歳S('76)、府中3歳S('76)、日本短波賞('77)、短距離S('77) 主戦 中野渡 競走馬には適性があります。短距離、長距離、芝、ダ......続きを読む»

阪神JFメモリアル~オープンマイハート!年に一度の夢フェス~

JCダート、現地にトランセンドの応援に行ってきましたが。あの並んだが最後絶対に抜かせなかった、驚異的な2枚腰を誇ったトランセンドが4角で下がっていく姿。もう悔しいを通り越して悲しくなっていました・・・。いや、その話はまた今度にしましょう。 さて、メモリアルホースシリーズ。ジャパンCダートはパスしてしまい申し訳なかったです。今回はセレクトするのはタイトルで分かったでしょう。「戦うヒロイン」テイエ......続きを読む»

ジャパンCダート、今週の重賞

こんばんは、今週はJCダート。予想というか希望ですね。 JCダート ていうか、今回は単勝1点勝負!! ◎トランセンド 叩いて状態は上向き、2連覇しているコース。アルビも残留したし、気分よく、応援に行きます。 いちおう印をつけるとすれば ○ワンダーアキュート ▲エスポワールシチー △ローマンレジェンド かな?トランセンドが出てる今年2戦、予想自体は遠くないとい......続きを読む»

【アルビ】これが越後の底力だ!!

やったぜ、日本海側の意地! ギリギリの戦い。他力本願となってしまった我らがアルビレックス新潟。すでに降格が決まってしまっていた札幌をホームに迎えた1戦。とはいえ新潟がやることは一つ「勝つ」だけ。 やることはやった。そして残留できた。成績自体は褒められたものではないけど、ほんとありがとう。みんなみんな頑張った。でも、来期はこんな心臓の悪いシーズンはよしてくださいよ。ともあれお疲れ様でした。......続きを読む»

ジャパンC、今週の重賞予想

こんにちは、今週はジャパンCですね。 ちょっと時間も取れないので印だけ。 ジャパンC ◎オルフェーヴル ○エイシンフラッシュ ▲ローズキングダム △ルーラーシップ ※ビートブラック ブログ主多忙の為、次回のJCダートメモリアルの更新は遅れます(場合によってはパスするかも)。よろしくお願いします。 ...続きを読む»

ジャパンカップメモリアル~皇帝~

こんにちは、メモリアルホースシリーズの時間です。今週はジャパンC。史上初の牡牝3冠馬対決、さらに凱旋門賞馬、復活なったダービー馬も参戦するとビックレースになりそうです。ゴールドシップ、トレイルブレイザーは不在も、最強馬決定戦にふさわしレースとなれば、おそれながらこの馬を選択させてください。今回のメモリアルホースは「皇帝」シンボリルドルフです。ちと長めなのでご配慮ください。 シンボリルドルフ ......続きを読む»

マイルCSメモリアル~たとえその血は残せなくても~

こんにちは、メモリアルホースシリーズの時間です。今週は秋のマイル王決定戦マイルCSです。タイトルで分かった方も多いのでは?今回選択したのは「皇帝・帝王の系譜」トウカイポイントです。 トウカイポイント 戦績 37戦7勝 主な勝鞍 マイルCS('02)、中山記念('02) 主戦 蛯名、岡部、小林淳 トウカイポイントは父にスターホースでもあったトウカイテイオー、母父にリアルシャダイといっ......続きを読む»

エリザベス女王杯など、今週の重賞予想

どうせ土日になると更新しないんで今のうちに。 エリザベス女王杯 本命はフミノイマージン。正直ジェンティルドンナもスノーフェアリーもいないなら力は一枚上。札幌記念でダークシャドウ、ヒルノダムールを破りながらも、天皇賞に向かわずにここ一本。秋華賞が秋最大の目標であったに違いないヴィルシーナとはここに賭ける気迫も違います。対抗はそのヴィルシーナ。クラシックオール2着の実力は疑いようはなく。そし......続きを読む»

【アルビ】まだだ、まだ終わらんよ

前節、ホームで鳥栖に敗戦を喫し残留圏内15位との勝ち点差が4に広がってしまい、崖っぷちどころの騒ぎではなく、終戦ムードが漂っていたアルビ。しかし、ナビスコ杯準優勝の清水を下し、神戸が敗れ、大宮、G大阪が引き分けた為、17位は変わらずも勝ち点では16位G大阪に並び、15位神戸に2差と迫った。残りは3試合となりますます「1勝の重み」が増してくる。 ◎残留争い 13位鹿島 39 H仙台 A名古 H......続きを読む»

エリザベス女王杯メモリアル~天然系がんばり少女、ほんとの君はいつの君?~

こんにちは、JBCに行ってまいりました。トランセンドは残念でしたが、JBCデイは存分に楽しめたのでよかったです。来年は金沢での開催。時間をとってぜひ行きたいですね。 では更新が遅れましたがメモリアルホースシリーズです。今週は牝馬最強決定戦エリザベス女王杯。残念ながら雪の妖精と3冠牝馬の参戦はありませんが、楽しみなメンバーが揃いそうです。 さて、ここ最近のメモリアルホースシリーズでピックア......続きを読む»

JBCクラシックなど、JBC競走予想

トランセンドとスマートファルコンの一騎打ちを見に行った去年のJBCから1年。今年もJBCに贔屓のトランセンドが登場とあってはいてもたってもいられず仕事を休み川崎競馬場に参戦します。 JBCレディスクラシックでは昨年見られなかったクラーベセクレタが楽しみミラクルレジェンドは強いし、間違いなく優勝候補筆頭でしょうががんばってほしい。JBCスプリントは去年とさほどメンバーは変わらないけど、今年も激戦......続きを読む»

ダービー馬のその後

前回の記事で「ウオツカ以降のダービー馬の成績に驚いた」とコメントをいただきました。そこで、過去20年のダービー馬のその後を並べてみました。 年度・勝ち馬・その後の成績 2012年ディープブリランテ 未勝利 2011年オルフェーヴル(現) 5勝(菊花賞、有馬記念、宝塚記念など) 2010年エイシンフラッシュ(現) 1勝(天皇賞秋) 2009年ロジユニヴァース(現) 未勝利 2008年デ......続きを読む»

何度見てもすばらしい騎乗、天皇賞回顧

天皇賞はエイシンフラッシュがダービー以来となる勝利を挙げました。やはり、「もうダメか」って時に走る馬ですね。延命じゃないけど、ファン泣かせというか・・・。ダービーで世代の頂点に立ち、その後のレースで好走してもヴィクトワールピサ、ローズキングダム、ヒルノダムールが立ちはだかり、下からオルフェーヴルが出てきた。ウオッカ以降のダービー馬はオルフェーヴルを除けば、何とディープスカイが神戸新聞杯を勝っていただ......続きを読む»

天皇賞など、今週の重賞予想

こんにちは、土日はあんまり更新しないので今のうちに乗っけときます。 天皇賞秋 本命はルーラーシップにします。ここまで勝ち負け勝ち負けを繰り返してきた当馬。昨年の有馬で唯一「法則」をぶち壊されたおっぺけは今回不参加。順調に来た上での休み明けはかなり走る馬なのでフレッシュな方がいいと思うし、枠もまずまずのところを引きました。レースセンスは抜群で、久々の東京も問題ないでしょう。ここは母子制覇を......続きを読む»

天皇賞各馬雑感

まず、当ブログが400万Hitsを達成。ほんとにありがとうございます。今後もあたりの優しいブログを心がけていきますのでよろしくお願いします。 さて、天皇賞の枠順が決まりましたね。そこで各馬について一言ずつ。 1-1ナカヤマナイト・柴田善・幸せの1番枠、春からの成長を見せられるか? 1-2シルポート・小牧・絶好枠、今回もただ行くのみ! 2-3ネヴァブション・三浦・実績では引けを足らずも近況......続きを読む»

今年の3歳馬は粒ぞろい

まず、今年の天皇賞が天覧競馬であることは天皇賞メモリアルを書いてから知りました。自分でもびっくり。狙ってやったわけではないということをご配慮ください。なんに配慮かはよくわかりませんがそんな心境です。 さて、今年の3歳馬について。本当にレベルが高いですよね。古馬混合戦でも3歳が勝つは勝つは・・・。芝では今の5歳世代、ダートだと今の6歳世代が制圧してたんですが、ちょっと今年の3歳の強さは並みじゃな......続きを読む»

天皇賞秋メモリアル~神様に選ばれた勝利者~

菊花賞など、今年の3歳戦線の回顧は別の機会にするとしても、今年の3歳は各路線で粒ぞろいですね。でも記事は、メモリアルホースシリーズです。 今週は古馬最高峰のレース天皇賞秋。マイラーから長距離まで一流馬たちが一堂に会します。そんな天皇賞秋メモリアルに今回選出したのは「神様に選ばれた馬」ヘヴンリーロマンスです。 ヘヴンリーロマンス 戦績 33戦8勝 主な勝鞍 天皇賞秋('05)、札幌記念......続きを読む»

1 2 3 4 5 6 8 10 11 12 21 22

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念(2016)、各馬短評
  2. ルージュバックが「もうヤダ」と苦しがってしまった、桜花賞回顧
  3. 日本ダービー(2016)、各馬短評
  4. 天皇賞秋(2016)、各馬短評
  5. 天皇賞春、各馬短評
  6. 彼は横山典弘にダービーを勝たせる為に生まれてきた馬だ
  7. シゲルスダチが印象的だった、NHKマイルC回顧
  8. 桜花賞、各馬短評
  9. 皐月賞、各馬短評
  10. マイルCS(2016)、各馬短評

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
11
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss