レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~

ほぼ100%競馬のブログを書き続けて今年で7年目に突入。 おおむね競馬(中央競馬)、時々サッカー(アルビレックス新潟)・野球(DeNA)などスポーツ全般を綴っていきます。

7doraemons

競馬とサッカーを中心に スポーツ全般好き。 好きな競走馬はトランセンド 応援チームはアルビレックス新潟、横浜DeNAベイスターズ。 記事に対するコメント歓迎です。 もっと見る
  • 昨日のページビュー:19052
  • 累計のページビュー:10023030
  • (05月23日現在)

最新の記事

「後ろにいて安心する」のが本当に技術のある騎手なのでは?

こんにちは、まあとにかく今週は採決について色々あった2日間でしたね。 まず土曜京都5Rの幸騎手、日曜中京4Rで中村騎手、同中京10Rで福永騎手がそれぞれ斜行での走行妨害で騎乗停止となりました。幸騎手は6日間、中村騎手は4日間、福永騎手が2日間の騎乗停止となります。 まず、幸騎手。言いたくは無いですがひどいですね。馬が内にささっているのに矯正するどころか、左手綱は緩んでいるわ左ムチ連打だわ......続きを読む»

ワールドエースかペルーサか、未完の大器が府中で激突する仁義無きOP特別

京成杯はプレイアンドリアルが見事な走りで汚名返上。前走が本当の力ではないことを証明しました。2着のキングズオブザサンも、大外枠、自分から捲くっていって最後は目標にされたなどの分もあり、勝ち馬と同等の実力はありそう。皐月賞への争いは京成杯の上位2頭が1歩抜け出した感じ。シンザン記念のミッキーアイルはマイルまでなら世代トップでしょうが、2000Mまで伸びるとどうかなという走りでしたし、トーセンスターダム......続きを読む»

1番人気はいらない?メイショウマンボの果てなき挑戦

先日、産経大阪杯にエピファネイアが参戦するというニュースがありました。これにより前哨戦でキズナ、エピファネイア、メイショウマンボの4歳BIG3が早くも激突するという、大変楽しみなレースとなりそうです。 その中で今回はメイショウマンボのお話。このメイショウマンボ、オークス、秋華賞、エリザベス女王杯と3つのG1を制しているわけですが、1番人気になったのは新馬戦のみ。なにせ2冠牝馬として参戦したエリ......続きを読む»

有力馬たちの上半期シーズンのローテーション予想

明けましておめでとうございます。更新回数が減っていますが、今年も当たりのやさしい競馬ブログを目指してがんばります。予想をあまり掲載しないという競馬ブログらしからぬ本部ブログですが、今後ともよろしくお願いします。 さて、今回の話題はメイショウマンボが産経大阪杯を2014年の緒戦に選んだというニュースがありました。そこでふと「今年の大阪杯はスーパーG2になる!!」と吹こうかと思ったのですが、去年「......続きを読む»

【有馬記念回顧】人がいて、馬がいて、そしてまた人がいる。ありがとう、オルフェーヴル

強い、強すぎる。 オルフェーヴルは本当に大丈夫なのか?そんな不安の声を封じ込めたのは他ならぬオルフェーヴルの別次元の強さでした。8分のデキという陣営。恐らく本当はもうちょっと仕上がっているのだと思うけど、これであの強さ。捲くられた馬たちが戦意を喪失して次々と脱落していく。4,5着には無欲の後方待機組みが来た結果からも、並みの強い馬はオルフェーヴルに潰されてしまったのでしょう。そんな強さでした。見て......続きを読む»

【競馬】さあ、夢を見よう。有馬記念、今週の重賞予想【予想】

今年もいよいよ中央競馬の総決算、国民的行事・有馬記念です。他の重賞、G1レースと異なり、このレースだけは私好きな馬から印をつけるというコンセプトです。過去の有馬記念の印の付け方を見ていただければ分かると思いますが・・・ 過去の有馬記念 2012年◎トレイルブレイザー、○ルーラーシップ、▲ローズキングダム 2011年◎ローズキングダム、○ヴィクトワールピサ、▲ブエナビスタ 2010年◎オウケン......続きを読む»

その年の天皇賞秋、ジャパンCの勝ち馬が出ない有馬記念

有馬記念は年末に行われる日本競馬の風物詩。 そして、天皇賞秋、ジャパンCとあわせて秋古馬3冠とも呼ばれています。 しかし今年はというと天皇賞秋の勝ち馬ジャスタウェイ、JCの勝ち馬ジェンティルドンナが出走を回避してしまいました。 そこで、過去にその年の天皇賞秋とJCの勝ち馬が両方とも出ないなんて年があったのかなと調べて見たら過去20年で3例あった。 2009年天皇賞秋カンパニー、JCウオッ......続きを読む»

2013年、年末表彰に思いを馳せてみる

最後のJCダートは新星ベルシャザールがワンダーアキュートの猛追を凌ぎきって見事戴冠。ワンダーアキュートは中央では史上初となる同一G・3年連続2着のある意味で快挙。ホッコータルマエは抜け出しが早すぎた印象でした。 さて、話は年末表彰へ移ります。JCダートも終わり残るレースも限られてきたということで、年末表彰の行方を予想して見たいと思います。正直100%決まりなカテゴリーもありますが、可能性順に上......続きを読む»

【アルビ】さあ、最強を決めようか

アルビレックス新潟は来る11/30(土)アウェーで横浜FMと激突します。 既にメディアの多くで語られている通り、横浜FMは勝てば優勝が決まる1戦。今年は中村俊輔選手を中心に、ドゥトラ選手、マルキーニョス選手、中沢選手らベテラン勢に、齋藤学選手、中町選手、富澤選手ら若手・中堅もブレンドされ、失速するという大方の予想を覆し首位を走り続けています。 対する我らがアルビレックス新潟。横浜VS新潟......続きを読む»

JC5着のドゥーナデンが有馬記念参戦を表明!?

超スローペースで流れたJCはジェンティルドンナがデニムアンドルビーの強襲をハナ差しのいで連覇達成。今年に入って未勝利という悪い流れを断ち切りました。デニムアンドルビーは今日はスタートも出て馬群から置かれることもなく流れに乗ることができました。この競馬ができればメイショウマンボとももっといい勝負ができるっでしょう。 (※そして相対的に評価が上がっているメイショウマンボ。貴方はいったい何者だ(笑)) ......続きを読む»

【マイルCS回顧】太陽はまた昇る、誰もが当たり前のように

混戦模様のマイルCSはトーセンラーが別次元の剛脚を繰り出し圧勝。抜群のスタート、位置取りを取ったダノンシャーク、内々をロスなく立ち回ったダイワマッジョーレの2頭をお構いなしに差し切りました。 このトーセンラー、きさらぎ賞でのちの3冠馬オルフェーヴルを完封し、今日も出走したサダムパテックと並びクラシックの最右翼と呼ばれたときもありました。しかし、忘れもしない2011年3月11日。東日本大震災の時......続きを読む»

またあの直線を走ろう、今度はゴールを駆け抜けるまで

2013年11月16日の東京第10R奥多摩ステークス(1600万下)にシゲルスダチの登録があります。 シゲルスダチはNHKマイルCで騎手を心配する行動を取ったことが話題を呼び、知る人ぞ知るアイドルホースです。そんなスダチは北九州記念で2着するなどのスプリンター。そんな彼がわざわざ関東遠征までして、しかもベストとはいえない1400Mに出る。常識で考えればメリットはありません。翌週には地元京都で自......続きを読む»

【エリザベス女王杯回顧】走るたびにたくましく、勝つたびに強く

エリザベス女王杯は2冠馬メイショウマンボが貫禄。ジェンティルドンナと好勝負を演じたヴィルシーナとの力関係を含む古馬との力関係はどうか。ローズSで敗れたように重馬場への対応はどうか。そして尚もぬぐえぬ鞍上評価。それらの要素が重なり最終的には2番人気になってしまったメイショウマンボ。 レースはメイショウマンボはトップスタートに近い出脚。人気の1角デニムアンドルビーはゲートは普通に出たものの二の脚が......続きを読む»

【競馬】エリザベス女王杯など、今週の重賞予想【予想】

こんばんは、今週はエリザベス女王杯ですね。誰もが認めるNo.1牝馬ジェンティルドンナはJCの為、実質牝馬No.2を決めるレースになりそうです。 エリザベス女王杯 本命はメイショウマンボです。雨もそこまで気にするタイプでもなく、外回りに変わるのも魅力あり。唯一の懸念は秋華賞にピークがあったことですが、どんどん成長している3歳馬。2キロの恩恵があれば、ここは古馬相手でも十分勝機ありです。対抗......続きを読む»

【500万Hit御礼】過去20年で最もドリームだった有馬記念はどれだ!【2004~2013】

500万Hit特別企画と題しまして、「有馬記念で一番ドリームだったのはどの年だ?」と言う事で、1994年~2012年までの有馬記念の出走馬を検証し、最も豪華だったのはどれだという企画の後編です。対象になるのは有馬記念までのG1勝ち馬です。(今年も入れるんなら過去19年じゃねぇかよ!って突っ込みはごめんなさい。) 前編はこちらから。 【500万Hit御礼】過去20年で最もドリームだった有馬記念......続きを読む»

【500万Hit御礼】過去20年で最もドリームだった有馬記念はどれだ!【1994~2003】

2010年から開始した当ブログも早いものでもう4年目のシーズンを迎え、500万Hitとなりました。拙い文章とは思いますが今後ともよろしくお願いします。 そこで500万Hit特別企画と題しまして、「有馬記念で一番ドリームだったのはどの年だ?」と言う事で、1994年~2013年までの有馬記念の出走馬を検証し、最も豪華だったのはどれだという企画です。対象になるのは有馬記念までのG1勝ち馬です。G2ま......続きを読む»

JBC2013 in 金沢 素晴らしい一日でした

遅ればせながらJBC2013金沢について回顧します。(とはいってもレポートですが) 金沢競馬場のスクリーンとパドック。 ○日本競馬史上初の1日。G1レース3連発。まずはJBCレディスクラシック、なんと単勝1.0倍の支持を集めたメーデイア。美しい瞳をしたお嬢さんですね。レースは彼女が他を寄せ付けない圧巻の走りを披露しました。この後は牡馬との戦いになるでしょう。 ......続きを読む»

キズナも参戦決定、今年の有馬記念はまさにドリームレースだ

凱旋門賞4着のキズナの有馬記念参戦が正式決定。既に参戦を表明している現役最強馬オルフェーヴル。JCから有馬を明言した4冠馬ゴールドシップ。秋天→JC→有馬のローテーションを発表している現役最強牝馬ジェンティルドンナ。そして今年の3歳ではキズナ、ロゴタイプよりも上と言われている菊花賞馬エピファネイアもJCを回避したことで有馬記念に出走する公算が非常に高い。当然エイシンフラッシュもJCから有馬へ参戦して......続きを読む»

2冠馬(含3冠馬)が誕生した年のエリザベス女王杯

今週はエリザベス女王杯です。注目はやはり2冠馬メイショウマンボです。秋華賞は(おそらく鞍上補正で)3番人気に甘んじたものの横綱競馬で完勝。もはや世代No.1は疑いようのないところです。 では、その世代No.1がはっきりとわかる年のエリザベス女王杯、すなわち2冠馬、もしくは3冠馬が誕生した年のエリザベス女王杯はどのような傾向にあるのか?以下の表にまとめました。 エリザベス女王杯が古......続きを読む»

まずありえないと思っていた新降着制度、初の適用

今年から降着制度が変わったのはご存知の通りだと思いますが、実際に適用されたことがなかったのはご存知でしたか?実際、審議の対象になったりしても大抵は騎手への処分だけで着順が入れ替わることはありませんでした。過去の記事でも問題のあるシーンに出会うと、たびたび触れていましたが、降着にすべきとか言っていても、実際に適用されることはありえないなという前提で記事を書いていました。 ○関連記事 新ルール後......続きを読む»

彼は横山典弘にダービーを勝たせる為に生まれてきた馬だ

1年前、札幌記念でシンガリに敗れた彼を、私は「彼をダービー馬と呼ぶ時は次に勝利したときか、引退した時」といいました。そしてついに、その時が来ました。「諦めの悪い世代」のダービー馬がその競走馬生活に幕を引きます。 ロジユニヴァース 通算成績 10戦5勝 主戦騎手 横山典弘 主な勝鞍 東京優駿(‘09)、弥生賞(‘09)、ラジオNIKKEI杯2歳S(‘08)、札幌2歳S(‘08) ダービー馬はダービ......続きを読む»

【アルゼンチン共和国杯プレイバック】君こそスターだ!!

今週は中央競馬のG1は一休み、変わって日本競馬史上初の同一日G1・3連発となるJBCが金沢を舞台に開催されます。こちらにもぜひ注目してください。 今回のプレイバックはアルゼンチン共和国杯です。 デビューからこつこつ力を蓄えてきたその馬は、3歳秋にセントライト記念を3着。故障により1年の休養を余儀なくされる。復帰緒戦の1000万クラスは力の違いで勝つも、その後、1600万クラスを2戦連続2......続きを読む»

【菊花賞回顧】これが福永祐一のエピファネイアだ!!

お久しぶりです。菊花賞は素晴らしいエピファネイアのパフォーマンスでしたね。 レースは抜群のスタートを決めたエピファネイア、ハナを主張するバンデとネコタイショウの後ろにつけます。おそらくポジションは決めておらず、出たなりの位置での競馬を考えていたのだと思いますが、それにしても素晴らしいスタートでした。もちろん行く馬が2頭いるし、ハナを切らされる展開にはなりえないこともわかっていたので落ち着いて3......続きを読む»

【府中牝馬Sプレイバック】君にはその幻想の先は見えたか?

こんばんは、今週は府中牝馬Sです。多くの名馬がここをステップにエリザベス女王杯、マイルCSへと羽ばたきました。今年はどんな馬が現れるのでしょうか? そんな府中牝馬Sのプレイバックは2010年府中牝馬S。G3として開催された最後の年の優勝馬です。 その年のヴィクトリアマイル3着のニシノブルームーン、前年のローズSでレッドディザイアを破ったブロードストリート、エリザベス女王杯を制したリトルア......続きを読む»

破れた翼を胸に抱きしめて

本当に、本当にくやしいです。歯がゆいです。今回の2頭は現在の日本競馬最強の2頭。善戦したとはいえ、今回は勝利という結果が求められていただけに、落胆も半端ではなかったですね。 キズナは仕掛けがちょっと早かったかもしれないが、トレヴとオルフェを倒すにはあそこで動くしかない。それはトレヴも一緒、外から巻くり気味に上がりつつオルフェの外に出すアクションを一瞬止める。オルフェはこの一瞬だけ仕掛けが遅れて......続きを読む»

やっぱり日本の競馬は素晴らしいと思った

こんばんは、毎日王冠、京都大賞典が行われ、いよいよ今年の競馬も佳境に向かっているのだなと感じました。これらのレースの回顧は別の機会にして、違う話題を。 突然ですがここで問題です。今日私は朝から東京競馬場に行っていました。今日の東京競馬場で一番歓声が上がったのはどのレースだったでしょう? 正解は、東京8Rのシンボリエンパイアが勝った時です。何故かって?鞍上・後藤浩輝です。そう、このレースが......続きを読む»

【競馬】毎日王冠など、今週の重賞予想【予想】

こんばんは、今週はG1級がずらりと並ぶ毎日王冠、京都大賞典のスーパーG2。そして海の向こうでは世界最高峰の栄冠をめざし、キズナ、オルフェーヴルが登場。今年は近年最高レベルとも言われていますが。その中において最右翼とされるオルフェーヴル。そして人々の想いでまだ強くなっているキズナ。今年こそ、今年こそ。 毎日王冠 本命はショウナンマイティ。前走安田記念はゴール前の不利もあり惜敗。しかしここ2......続きを読む»

【京都大賞典プレイバック】ミスター京都大賞典、淀2400Mを愛した男

毎日王冠と同週に開催されるのは京都大賞典。毎日王冠に匹敵、もしくはそれを上回るレベルの出走馬が登場することも珍しくなく、むしろ優勝馬を並べてみれば京都大賞典のほうがメンツがすごかったりします。秋の中距離古馬G2において、オールカマーが有馬記念、毎日王冠が天皇賞秋を最大の目標にするレースとすればこの京都大賞典はジャパンCを目標に据える馬たちが参戦するといえるでしょう。 さて、そんな京都大賞典のプ......続きを読む»

【毎日王冠プレイバック】老獪なる刺客、女王を射る

毎日王冠は「スーパーG2」と言われているのを競馬ファンの方なら知っていることでしょう。古くは第40回オグリキャップVSイナリワンの死闘。第49回サイレンススズカVSグラスワンダー、エルコンドルパサーの夢の対決が代表格。サイレンススズカの毎日王冠はG1以上の観衆が世紀の対決を一目見ようと集まりました。(シリウスシンボリの回し蹴りがさく裂した第39回も有名だったり?) そんな伝統を誇る毎日王冠でプ......続きを読む»

見てるかサクラバクシンオー、お前を超える逸材がここにいるんだ

こんばんは、ロードカナロア強かったですね。現地観戦でしたがもう出てきたロードカナロアを見た瞬間、勝ちそうな雰囲気が・・・。すごかったですね。ハクサンムーンは馬場入り遅れて、酒井騎手が乗ったら回る回る、そしてやっと満足したのか颯爽とスタート地点へダッシュ。これで大歓声。スタンドを味方のつけたのはハクサンムーンだったようです。 レースはハナを切りたいフォーエバーマークがあろうことか出負け......続きを読む»

1 2 3 4 6 8 9 10 20 21

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念(2016)、各馬短評
  2. ルージュバックが「もうヤダ」と苦しがってしまった、桜花賞回顧
  3. 日本ダービー(2016)、各馬短評
  4. 天皇賞秋(2016)、各馬短評
  5. 天皇賞春、各馬短評
  6. シゲルスダチが印象的だった、NHKマイルC回顧
  7. 彼は横山典弘にダービーを勝たせる為に生まれてきた馬だ
  8. 桜花賞、各馬短評
  9. 皐月賞、各馬短評
  10. マイルCS(2016)、各馬短評

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
11
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss