レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~

ほぼ100%競馬のブログを書き続けて今年で7年目に突入。 おおむね競馬(中央競馬)、時々サッカー(アルビレックス新潟)・野球(DeNA)などスポーツ全般を綴っていきます。

7doraemons

競馬とサッカーを中心に スポーツ全般好き。 好きな競走馬はトランセンド 応援チームはアルビレックス新潟、横浜DeNAベイスターズ。 記事に対するコメント歓迎です。 もっと見る
  • 昨日のページビュー:1100
  • 累計のページビュー:10968966
  • (12月15日現在)

最新の記事

サマーシリーズ2010の途中経過

サマースプリントシリーズ(セントウルSはGⅡの為、1着12P) 函館SS      ワンカラット  アイビスSD   ケイティラブ 北九州記念   メリッサ キーンランドC セントウルS 現在の上位5頭 1位 ケイティラブ     11P 1着1回              着外1回 1位 メリッサ        11P 1着1回              着外1回 3位 ワン......続きを読む»

アルビ4発快勝!!日程の妙を活かせ

今日もJリーグが行われました。 我らがアルビレックス新潟はホームに清水エスパルスを迎えました。 前節、山形に敗戦を喫して負けなしがとまってしまった新潟ですが、ゲームはマルシオの黄金に右足を皮切りに、2位清水を相手に終始ゲームをコントロール。後半には本間、マルシオ、ミシェウと本来であればフル出場間違いなしの主力を下げる余裕すら見せ、4-1の快勝。それにしてもアルビは動けていました(清水の選手の......続きを読む»

J前半戦終了、アルビは5位で折り返しです

Jリーグも昨日の3試合を終え、前半戦終了です。 現在我らがアルビレックス新潟は7勝7分3敗勝ち点28の5位で前半戦を折り返すことになりました。下は昨年との比較です。 2009年 順位 3位 勝 分 負 勝点 得点 失点 得失点 9  5  3  32  30  17  +13 首位との勝ち点差  -10(鹿島) 16位との勝ち点差 +14(神戸)  2010年 ......続きを読む»

関屋記念など、今週の重賞予想

今週はサマーシリーズも一休み、夏競馬唯一のマイル重賞関屋記念と2歳戦で最初の重賞函館2歳Sが行われます。 関屋記念 本競争は、新潟競馬場で行われる3歳以上芝1600M戦。夏競馬唯一のマイル重賞ということもあって、秋に向けて賞金を稼ぎたい馬や、マイルに新境地を求めたい馬がよく参戦してきます。また、左回りになってからはカンパニー、ダイワメジャー、テレグノシス、ローエングリン等、GⅠ級の馬が参......続きを読む»

わたしのメモリアルホース

どうもこんにちは。 アルビはアウェーで価値あるドローです。首位鹿島、しかも連勝中の相手に引き分けなら十分です。9試合負けなし。9位ながら、負け数は清水、鹿島に次いで3番目なんですね。そういえば6試合勝ちなしだった序盤も勝てないだけで負けていませんでした。 で、競馬のお話。みなさん御承知の通り今年はメモリアルレースと謳ってGⅠレースの行われる競馬場の最終レースがプレミアムレースとして、歴代の競......続きを読む»

首位鹿島戦、本日もJリーグです

ちょっと前の話になりますが、仙台戦のマルシオ選手のCK。名手はたまに狙いますが、入ることは稀ですからいいもの見させてもらったぜって感じです。FKは最高でしたね。これは文句無しです。 さて、本日もJリーグがあります。 我らがアルビレックス新潟はアウェーで首位鹿島アントラーズと対戦します。昨年鹿島さんとは2戦2勝。今年もアウェーで首位清水さんを敗っていますので、アウェーといえど、今の新潟なら......続きを読む»

函館記念、今週の重賞予想

今週は小倉ジャンプSと函館記念が行われます。いつも通り函館記念のみの予想となります。もちろん現段階の予想ですので当日になって変わる可能性もあります。 函館記念 本競争は、函館競馬場で行われるサマー2000シリーズの第2戦。今年で46回目を迎える伝統ある重賞競走です。 過去の優勝馬ニッポーテイオー、サッカーボーイ。古くはメジロアサマなど、いまにも名を残す名馬がいます。しかし代表格はエ......続きを読む»

カネヒキリを越えて行け

カネヒキリを超えて行け! どうもこんにちは。まだ「カノヤザクラショック」が抜け切れていませんが書きたい話題がありましたのでちょっとだけ。 カネヒキリが盛岡で行われたマーキュリーCを5馬身差の圧勝で飾りました。そもそも、59Kgといえど交流GⅢ程度じゃ相手ではなかったですね。「公開調教だった」なんて声もちらほら…このくらいの馬になると馬が勝ち方を知っていますよね、仕掛けるタイミングになるとジョ......続きを読む»

カノヤザクラが死亡、夏の桜が新潟に散る

こんな皮肉ことがあっていいのでしょうか。 直線競馬の申し子、カノヤザクラがそのアイビスサマーダッシュで故障を発生し予後不良になってしまいました。 現地で観戦していました。スタートからダッシュがつかず、その時点でおかしいのが分かりました。しかし、全く諦めずに最後の100Mは一番の差し足でつっこんできました。痛かったはずです。もう届かない位置だと分かってたはずです。 「まけるもんか!」 今思......続きを読む»

今週から新潟開催、いざアイビスサマーダッシュ!

今週からいよいよ新潟開催。そしてその開幕週の名物となった閃光の5ハロン戦アイビスサマーダッシュが行われます。もちろん現段階の予想ですので当日になって変わる可能性もあります。 アイビスサマーダッシュ 本競争は、新潟競馬場の芝1000mで行われる日本唯一の直線重賞競走。今回で10回目を迎えます。本競争はサマースプリントシリーズの第2戦になっています。 過去の優勝馬の代表格はなんといって......続きを読む»

JリーグからW杯へ、そしてまたJリーグへ

JリーグからW杯へ、そしてまたJリーグへ タイトルほど大した内容ではありません。 W杯が終わりました。 南アフリカのゴールで始まった大会は、フランス、イタリアの不覚、日本、韓国、ガーナの躍進。ウルグアイの快進撃。結局強いドイツ。そしてマラドーナ。 そんな中、決勝にコマを進めたのはどちらも初の優勝を目指すヨーロッパチャンピオンのスペインと、ここまで全勝のオランダでした。 しかし何とタイミ......続きを読む»

七夕賞など今週の重賞予想

今週はプロキオンSとサマー2000シリーズ第1弾七夕賞が行われます。もちろん現段階の予想ですので当日になって変わる可能性もあります。 プロキオンS 本競争は、阪神競馬場のダート1400mで行われる。今回で14回目を迎える本競争は夏の中央競馬における唯一の古馬混合ダート競争になっています。(レパードSは3歳限定) 過去の優勝馬には7冠馬ブルーコンコルドや、GⅠ戦線で戦い続けたワイルド......続きを読む»

W杯準決勝スペイン対ドイツを前に

早いものでW杯も残り3試合になってしまいました。 予選の初めは狂っていた生活リズムも、決勝トーナメント1回戦のころには慣れてきて、試合間隔が開くからまたリズムが狂う。そんな最近です。皆さん体調は大丈夫でしょうか?あと3試合ですよ。がんばって楽しみましょう。 さて、決勝トーナメントの「向こう側」はオランダが勝ちあがりました。ウルグアイもよく頑張り、大変面白いゲームでしたが勝利の女神はオラン......続きを読む»

ラジオNIKKEI賞など今週の重賞予想

今週はラジオNIKKEI賞とサマースプリントシリーズ第1弾函館スプリントSが行われます。もちろん現段階の予想ですので当日になって変わる可能性もあります。 ラジオNIKKEI賞 本競争は、福島競馬場の芝1800mで行われる。3歳限定のの重賞となります。以前は東京優駿の1着馬には出走権がなかったっこともあって、本競争は「残念ダービー」とか「残念ダービー賞」とか呼ばれていることもありました。 ......続きを読む»

タケミカヅチと帝王賞

タケミカヅチと帝王賞 非常にショッキングなニュースがありました。09年ダービー卿CTを勝ち、皐月賞でキャプテントゥーレの2着に入り、09年ダービー卿CTにて1番人気としては史上最高の単勝配当670円という日本レコードを持つ水色のシャドーロールタケミカヅチ号が出血性大腸炎の為、この世を去りました。 関屋記念で会えるのを楽しみにしていただけにショックです。 こんなことがあったので若干テンシ......続きを読む»

宝塚記念の雑感

宝塚記念の回顧 日本代表、残念でしたね。全力は尽くしたと思います。選手、スタッフには感謝感謝です。欲を言えばきりがないですが、スペインとの戦いも見てみたかった。 とまあ、W杯については機を見て何か書こうかなと思っていますが、とりあえずは競馬で。 ご存じのとおり、宝塚記念はブエナビスタとアーネストリーの競り合いを外から強襲したナカヤマフェスタが見事栄冠に輝きました。 以下、気になった出......続きを読む»

春のグランプリ、宝塚記念の予想です

今週は春の総決算といいますか、夏の始まりを告げるといいますか、上半期グランプリGⅠ宝塚記念が行われます。その予想です。毎度のことながら当日になっての変更はあります。 宝塚記念 レッドディザイア、コパノジングーの回避はやはり残念ですが、好メンバーがそろいました。 ここで本命にド本命挙げるのは簡単ですが、あえて逆らって本命をアーネストリーにします。前走、金鯱賞では見るからに休み明け仕上げにもか......続きを読む»

思い出の宝塚記念

宝塚記念 いよいよ今週末に迫ってきました。レッドディザイアが鼻出血で回避という残念なニュースもありましたが、考えうるベストに近い好メンバーがそろいましたね。 ところで皆さんの思い出に残る宝塚記念は何でしょうか?サイレンススズカ?ヒシミラクル?それともスイープトウショウでしょうか? 私は断然99年、グラスワンダーの宝塚です。 エルコンドルパサー、セイウンスカイがいないこのレース。戦前か......続きを読む»

サイレンススズカメモリアルです

サイレンススズカメモリアル さて恒例のメモリアルホースシリーズですが上半期最後となりましたね。夏のグランプリ宝塚記念メモリアルの冠を戴いたのはやはり、「音速の貴公子」サイレンススズカでした。 サイレンススズカ 現役期間 1996~1998 通算成績 15戦9勝 主な勝鞍 宝塚記念('98)        中山記念('98)、金鯱賞('98)、毎日王冠('98)        ......続きを読む»

世代別G1獲得数('04~'09)

世代別G1・Jpn1(地方含む)勝利数 クラシックを走った年をその世代の名称とする。 ※例えばアパパネは2010年クラシック世代となる。 ※2009年東京大章典終了時のデータ。 その年に8歳のカンパニーがGⅠを勝っているのでカンパニーの世代までまとめてみる。但し2010年世代は割愛する。 記号は以下の通り ☆=混合・年齢制限有 ○=牝馬・年齢制限有 □=地方・年齢制限有 ★......続きを読む»

日本代表Win!役割果たした矢野選手

日本が見事カメルーンをくだし、国外W杯で初勝利を挙げました。 韓国がギリシャに完勝したことでうちもやれるかもと思い、前日にオーストラリアがドイツにコテンパンにされてしまったことでやっぱりやばいかもとか、戦った相手と比べて一喜一憂していた試合前。 実際にはボールはある程度持たれていましたが、日本がうまく相手を封じ込めるとともに、カメルーンの攻めがちぐはぐだったことも手伝って、見事完封勝利し......続きを読む»

2歳チャンプ復活!

かろうじて、とはいえ復活といっておきましょう、1年半ぶりの勝利です、セイウンワンダー。2歳王者で、3歳時に3冠レースとそのトライアル、さらに有馬と王道を走り続け、大崩れしたのは、休み明けの弥生賞と極悪馬場のダービーのみ。でも、2着には入れていないので賞金を加算できなく安田記念を除外されてしまいました。今回のエプソムカップでも安田を除外された調整の関係かまさかの前走比±0。画面越しのパドックでも「太い......続きを読む»

エプソムカップなど今週の予想

今週はエプソムカップとCBC賞が行われます。もちろん現段階の予想ですので当日になって変わる可能性もあります。 エプソムカップ 本競争は、東京競馬場の芝1800mで行われる。数少ない1800Mの重賞となります。とはいえ千八巧者が出てくるわけではなく、中1週の宝塚よりはサマー2000シリーズの前哨戦的な位置づけかもしれません。 過去の優勝馬の代表格はマーべラスサンデーです。マーべラスサ......続きを読む»

宝塚記念 人気投票結果

宝塚記念の人気投票の結果が発表されましたね。 第1回登録している中から上位10頭が優先出走権を得られます。 順位   馬名 1位   ブエナビスタ  2位  ドリームジャーニー  3位  レッドディザイア  4位  ロジユニヴァース  5位  オウケンブルースリ 6位  ヴィクトワールピサ 7位  アパパネ 8位  マイネルキッツ 9位  フォゲッタブ......続きを読む»

仙台-浦和戦の制裁について

最初に断っておきますが、かなり感情入ってます。客観的な文章にはなっていないのでご容赦ください。 Jリーグファンも海外サッカーファンも、普段サッカーに興味のない人も、世間の人々がW杯で盛り上がっている。その間にしれっとこっそりと浦和-仙台の事件の処分が決まったみたいです。 最初は勝ち点はく奪だとか言われてたみたいですけど制裁金のみだそうで。 人種差別問題は勝ち点はく奪しないと国際試合にペナル......続きを読む»

現役GⅠ馬ってどれくらいいる?

現役のGⅠホース(JpnⅠ含む)ってどれくらいいるのか具体的に調べたことがないので調べてみました。もし抜けているのがあれば教えていただけると嬉しいです。 因みに2009年東京大章典終了時のデータです。 色は 2~3歳戦  混合 牝 古馬戦    混合 牝 中央のみで見てみると、 GⅠ3勝 ドリームジャーニー(朝日杯FS('06)、宝塚記念('09)、有馬記念('09)) ブエナビ......続きを読む»

安田記念など今週の重賞予想

今週はユニコーンSと安田記念が行われます。土曜日に更新できない日が続いているので安田記念を含めて、もう予想をしてしまします。もちろん現時点ですので本番になって帰る可能性もありますのであしからず。 ユニコーンS 本競争は、東京競馬場のダート1600mで行われる、新設のレパードSと共に3歳ダート重賞になっています。また、ジャパンダートダービーの前哨戦といえるかもしれません。過去の優勝馬にはウ......続きを読む»

2歳王者は好きですか?

2歳チャンプのその後 最近競馬の話ばかりですみません。アルビのナビスコを見に行っておらず、コメントしようにもできないし、日本代表については他の方々が書いていらっしゃるのでわざわざ書くこともないなと・・・。コートジボワール戦で矢野選手が出れば少しは書こうかなとは思いますが・・・。 今回は趣向を変えて2歳王者、すなわち朝日杯FSと阪神JFの勝ち馬のその後について考察してみたいと思います。なん......続きを読む»

春季クラシックを終えて

先週行われたダービーが終わり、春シーズンのGⅠは残すところ、安田記念と宝塚記念の2レースになりましたね。3歳戦線について振り返ってみたいと思います。 桜花賞 1着 アパパネ 2着 オウケンサクラ 3着 エーシンリターンズ オークス 1着 アパパネ 1着 サンテミリオン 3着 アグネスワルツ 皐月賞 1着 ヴィクトワールピサ 2着 ヒルノダムール 3着 エイシンフラ......続きを読む»

タイキシャトルメモリアルです

タイキシャトルメモリアル 恒例となったメモリアルホースシリーズ。今回は春のマイル王決定戦安田記念です。名立たる名馬たちを退けて、ユニコーンS(G3)の副題となるメモリアルホースに輝いたのはタイキシャトルでした。 タイキシャトル 現役期間 1997~1998 通算成績 13戦11勝(うち海外1戦1勝) 主な勝鞍 スプリンターズS('97)、マイルCS('97,'98)      ......続きを読む»

1 2 14 15 16 17 18 20 22

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念(2016)、各馬短評
  2. ルージュバックが「もうヤダ」と苦しがってしまった、桜花賞回顧
  3. 日本ダービー(2016)、各馬短評
  4. 天皇賞秋(2016)、各馬短評
  5. 天皇賞春、各馬短評
  6. 彼は横山典弘にダービーを勝たせる為に生まれてきた馬だ
  7. シゲルスダチが印象的だった、NHKマイルC回顧
  8. 桜花賞、各馬短評
  9. 皐月賞、各馬短評
  10. 天皇賞秋、各馬短評

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
11
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss