レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~

月別アーカイブ :2016年11月

レースを支配した恐るべき強さを見せつけたキタサンブラック、ジャパンC回顧

布石は前々走の宝塚記念。2番手争いに押される形になり、予定より少し早いペースで飛ばしてしまって最初の1000Mが59秒1。馬場も考えれば暴走にも近いハイペース。しかしキタサンブラックは最後の50Mまでこらえて展開のはまった後続2頭にはさされたものの先行馬は全滅となってしまいました。このレースで「キタサンブラックに絡んだらつぶされてしまう」という意識が刷り込まれます。 そしてJC。宝塚記念があったと......続きを読む»

ジャパンC(2016)、各馬短評

今週は古馬中距離戦線の大一番、ジャパンCです。天皇賞秋から挑む馬、有馬記念へ向かう馬がちょうどここでぶつかり層の厚いレースになってきました。国内最高賞金額を誇るレースでどの陣営も意欲十分でここへ挑んでくることでしょう。それではおなじみの各馬見解いってみましょう。 ◎1-1 キタサンブラック 牡4 57kg 武豊 今年の春の天皇賞馬。宝塚記念も先行馬全滅のハイペースで逃げ粘り3着に残った。さしたる逃......続きを読む»

ラストの攻防は競馬の醍醐味ではないのか?

ご存知の方が大多数だとは思いますが、何とも後味の悪い結果になってしまったマイルCS。書こうかどうか迷いましたが、こういった裁決問題もちょくちょく取り上げていますので、軽くですが触れることにします。 私は自宅からテレビで見ていたのですが、恥ずかしながら外のイスラボニータやフィエロに目が行ってしまっていて、ディサイファが立ち上がったのがわかった程度。内のゴチャつきは最初見た時はわからなかったんです。パ......続きを読む»

マイルCS(2016)、各馬短評

今週はマイルCS。マイル王・モーリス、安田記念の覇者ロゴタイプが不在で混戦模様のメンバーとなりました。果たして新たなマイル王の座に就くのはどの馬なのでしょうか? ◎1-1 ディサイファ 牡7 57kg 武豊 長年トップクラスでの活躍を続けていて既にベテランの域だが、今年のAJCCを制すなど、全く衰えを見せていない。安田記念で初めてとなったマイルでも難なく適用していたように、年月を重ねるにつれ距離適......続きを読む»

エリザベス女王杯(2016)、各馬短評

JBC競走はありましたが中央のG1は今週から年末まで続きます。今週はエリザベス女王杯、3歳馬の参戦が少なくさびしいメンバーになってしまいましたが、いつも通り個人見解を載せていきましょう。 ◎1-1 ミッキークイーン 牝4 56kg 浜中 昨年3歳牝馬路線2冠馬。6か月ぶりの戦線復帰はG1の舞台となった。休み明けでも力は出せるタイプだがこれまでは叩いてから本番を迎えてただけに、ぶっつけ本番がどう出る......続きを読む»

今年もJBC競走へ行ってきました

毎年恒例のJBC競走、今年は川崎での開催でした。 JBCレディスクラシックは大本命ホワイトフーガが完勝。レッツゴードンキもダートに対応してたので、単純にホワイトフーガの方が実力が上だった感じです。レッツゴードンキはこれで幅が広がりました。牝馬ダート路線は手薄なのでこれから次第ですがホワイトフーガ1強に待ったをかける存在になるでしょう。 ホワイトフーガは目がクリっとしていてかわいいですね。 ......続きを読む»

J1最終節、新潟へ祈りを込めて

11/3は2016年のJ1最終節が行われます。現在15位のアルビレックス新潟はホームに6位の昨年王者サンフレッチェ広島を迎え残留をかけます。 最終節を残して降格の可能性があるのは4チーム チーム名 勝ち点 得失点 得点 最終節 磐田 33 -14 36 仙台(A) 甲府 31 -25 32 鳥栖(H) 新潟 30 -15 33 広島(H) 名古屋 30 -18 37 湘南(H) 新潟が残留できる......続きを読む»

JBCクラシックメモリアル~ダート界の両雄激突、事実上2頭立てのマッチレース~

明日は川崎競馬場で地方競馬の祭典JBCデーが開催されます。そこで、久しぶりにメモリアルホースシリーズとしてスマートファルコンVSトランセンドの対決が注目された2011年JBCクラシックを振り返ってみようと思います。 スマートファルコン 戦績 34戦23勝 主な勝ち鞍 JCBクラシック(‘10,’11)、東京大賞典(‘10,’11)、帝王賞(̵......続きを読む»

スローなのに前がつぶれる不思議な競馬だった、天皇賞秋回顧

少し鮮度が落ちていますが天皇賞秋の回顧です。スタートから私の想定した展開の競馬では全くありませんでしたエイシンヒカリが押してハナを奪ったのもそう、ラブリーデイが半ば強引に2番手を取りに来たのもそう、クラレントやロゴタイプが競る気配すら見せなかったのもそう、個人的に完全に展開を読み違えましたね。 まず、エイシンヒカリが「ちょっと強めに押してハナ」のアクションにエイシンヒカリはやばいんじゃないかと感じ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icon7doraemons

競馬とサッカーを中心に
スポーツ全般好き。
好きな競走馬はトランセンド
応援チームはアルビレックス新潟、横浜DeNAベイスターズ。
記事に対するコメント歓迎です。
  • 昨日のページビュー:58837
  • 累計のページビュー:10841802

(11月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念(2016)、各馬短評
  2. ルージュバックが「もうヤダ」と苦しがってしまった、桜花賞回顧
  3. 日本ダービー(2016)、各馬短評
  4. 天皇賞秋(2016)、各馬短評
  5. 天皇賞春、各馬短評
  6. 彼は横山典弘にダービーを勝たせる為に生まれてきた馬だ
  7. シゲルスダチが印象的だった、NHKマイルC回顧
  8. 桜花賞、各馬短評
  9. 皐月賞、各馬短評
  10. 天皇賞秋、各馬短評

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
11
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss