レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~

月別アーカイブ :2016年10月

天皇賞秋(2016)、各馬短評

今週は秋の古馬中距離戦線のG1開幕戦、伝統の天皇賞秋です。残念ながらフルゲート割れになってしまいましたが世界ランキング2位と7位が登場し、昨年の覇者、G1・3勝馬と質の高いメンバーが揃いました。それでは各馬見ていきましょう。 ◎1-1 エイシンヒカリ 牡5 58kg 武豊 世界ナンバー2の日本が誇る超特急。プリンスオブウェールズの敗因が不可解だが、イスパーン賞を見れば現役最強レベルなのは疑う余地は......続きを読む»

本当にエイシンヒカリは逃げるのか

題名で気になっています。天皇賞の事前情報やニュースなどを見ていると各陣営が「エイシンヒカリが逃げるだろう」という前提で話しているようです。他陣営はまだしもエイシンヒカリ陣営ですらこういった発言をしているのです。よく言われる「逃げ宣言」に近いものですが、正直なところ私自身はエイシンヒカリは必ずしも逃げるとは思っていません。行きたい馬がいれば行かせて2,3番手でもいい、エイシンヒカリ自身のスピードがある......続きを読む»

サトノダイヤモンドを前にみる形に「なってしまった」ディーマジェスティ、菊花賞回顧

サトノダイヤモンドが完璧な競馬を見せて見事悲願のG1初制覇。今年のクラシック3冠はいわゆる「3強」が分け合う形となりました。レースは前に行った2頭こそ早いペースで行っていましたが後続は付き合いませんでしたし、例によって2周目でガクッとペースが落ちたのでそこまで長距離の資質が求められるレースにならなかったですね。気になった馬について、といっても4着までの馬ですが各々の感想です。 勝ったサトノダイヤモ......続きを読む»

菊花賞(2016)、各馬短評

今週は秋の3歳クラシックの掉尾を飾る菊花賞。このレースを最後に3歳限定戦は幕を閉じ古馬との戦いが始まります。皐月賞、ダービーと同じ馬が上位5頭を占めた今年のクラシック戦線、マカヒキは海を渡り、リオンディーズは無念の戦線離脱となってしまいましたが、夏を越えて一層たくましくなった牡たちが最後の一冠をかけて淀3000Mに挑みます。それでは各馬短評行ってみましょう。 ◎1-1 カフジプリンス 牡3 57k......続きを読む»

菊花賞は皐月賞・ダービーとの関連がどこまであるのか?

今週は菊花賞です。ダービーの時もそうですがクラシック出走組VS未出走組という構図は今回も健在。というか、皐月賞~ダービーと違って、ダービー~菊花賞は期間がかなり空くので新興勢力の台頭が気になるのも当然です。春の実績馬VS夏の上がり馬、前哨戦でぶつかるとは限らないのも悩ませるところです。 そこで、今回は過去10年の皐月賞、ダービーに出走した馬と、出走していない馬の成績を比較してみました。 分類は 【......続きを読む»

秋華賞(2016)、各馬短評

今週は秋の3歳牝馬の頂点を決める秋華賞。NHKマイルCの覇者メジャーエンブレム、オークス2着のチェッキーノ、さらに直前にオークス馬シンハライトまでも戦線を離脱し一気に混戦ムードとなりました。それでは各馬の個人見解です。 ◎1-1 エンジェルフェイス 牝3 55kg 浜中 フラワーCで鮮やかな逃げ切りを決めオークスでも上位人気の推されたが惨敗、休み明けの紫苑Sも2ケタ着順に終わってしまった。距離が長......続きを読む»

武豊騎手の震えた騎乗意図

凱旋門賞はマカヒキは残念な結果になりました。スプリンターズSのビッグアーサーはどう見てもあれなのでもはや語るまい、しいて言うならビッグアーサーが下げた瞬間にああいう展開になると読んでいたのはデムーロ騎手、大野騎手くらいだったなといった程度。特にスノードラゴンは本当に頑張りましたね。サトノルパンとベルカントに挟まれた分の差かなと、本当はサトノルパンのところが欲しかったのだろうけどこれも競馬だし仕方がな......続きを読む»

【競馬】スプリンターズS、今週の重賞予想【予想】

こんばんは、久しぶりに予想を掲載してみます。船橋は降ったりやんだりではっきりしない天気ですね。パンパンの良馬場は望めないと思います。細かい各馬の見解を前日の記事をご覧いただければと思います。 スプリンターズS ◎ビッグアーサー ○スノードラゴン ▲レッドファルクス △ブランボヌール △シュウジ △ネロ △ミッキーアイル 本命はビッグアーサー、今回は1枠1番を引きました。陣営は否定していましたが今......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icon7doraemons

競馬とサッカーを中心に
スポーツ全般好き。
好きな競走馬はトランセンド
応援チームはアルビレックス新潟、横浜DeNAベイスターズ。
記事に対するコメント歓迎です。
  • 昨日のページビュー:25199
  • 累計のページビュー:10272374

(06月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念(2016)、各馬短評
  2. ルージュバックが「もうヤダ」と苦しがってしまった、桜花賞回顧
  3. 日本ダービー(2016)、各馬短評
  4. 天皇賞秋(2016)、各馬短評
  5. 天皇賞春、各馬短評
  6. シゲルスダチが印象的だった、NHKマイルC回顧
  7. 彼は横山典弘にダービーを勝たせる為に生まれてきた馬だ
  8. 桜花賞、各馬短評
  9. 皐月賞、各馬短評
  10. マイルCS(2016)、各馬短評

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
11
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss