レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~

月別アーカイブ :2015年12月

それは冷静と情熱の間、馬の能力の客観視と馬を信頼すること、チャンピオンズC回顧

まさかまさかの牝馬戴冠。前走JBCで3歳牝馬にちぎり捨てられ全盛期の力はないと判断されたサンビスタが逆襲の末脚。先行各馬が厳しいレース展開を形成する中、冷静に勝負どころを見極めていたデムーロ騎手の好判断が光りました。ペースが速すぎてノンコノユメとサウンドトゥルーはついていけませんでしたが、もう腹をくくって脚を貯めたルメール、大野両騎手の度胸にも脱帽。内ラチ沿いぴったり回ってきて直線も内を突いたある意......続きを読む»

チャンピオンズC(2015)、各馬短評

久しぶりに回顧記事以外を書いてみます。 チャンピオンズCの予想というか、私なりの各馬の見解を書いていこうかなと思います。 枠番-馬番 馬名 斤量 騎手 ◎1-1 ノンコノユメ 56Kg ルメール  ダート界に現れた超新星。前走武蔵野Sでは58キロの影響か本来の切れ味は発揮できなかったがそれでも勝ったところにこの馬のすごさが見て取れる。追い込み不発は想像しにくい。唯一の懸念点は2強との対戦が初めてと......続きを読む»

終始猫をかぶったままだったゴールドシップ、ジャパンC回顧

ショウナンパンドラが粘り込むラブリーデイ、内から長い脚を使ったラストインパクトを一刀両断。外枠に泣いた天皇賞の借りを返すとともに鞍上・池添騎手にとってはオルフェーヴルで敗れてしまった時の悔しさを少しは晴らせる結果となったのではないでしょうか? レースはカレンミロティックが注文を付けて先頭。少し離れた2番手にアドマイヤデウス、3番手集団の一角に一番人気ラブリーデイ。ショウナンパンドラはラブリーデイを......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icon7doraemons

競馬とサッカーを中心に
スポーツ全般好き。
好きな競走馬はトランセンド
応援チームはアルビレックス新潟、横浜DeNAベイスターズ。
記事に対するコメント歓迎です。
  • 昨日のページビュー:2723
  • 累計のページビュー:10003979

(05月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念(2016)、各馬短評
  2. ルージュバックが「もうヤダ」と苦しがってしまった、桜花賞回顧
  3. 日本ダービー(2016)、各馬短評
  4. 天皇賞秋(2016)、各馬短評
  5. 天皇賞春、各馬短評
  6. シゲルスダチが印象的だった、NHKマイルC回顧
  7. 彼は横山典弘にダービーを勝たせる為に生まれてきた馬だ
  8. 桜花賞、各馬短評
  9. 皐月賞、各馬短評
  10. マイルCS(2016)、各馬短評

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
11
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss