レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~

月別アーカイブ :2013年01月

アンカツさんが引退か、さびしくなるな

キングカメハメハ、ダイワスカーレットなどでG1・22勝を挙げたアンカツこと安藤勝己騎手が2月いっぱいで引退することが明らかとなりました。 さびしいですね。ユタカさんかアンカツさんか、この2人を買っとけば間違いない。ちょっと前のはずなのに、その時代が懐かしいとすら思えてしまいます。JRAの競馬場内にも馬連のポスターに「わかっていた、これは名手2人のレースだと」と銘打ち、馬連の販売促進ポスターがか......続きを読む»

シルクロードS回顧、見ごたえのある叩き合い

相思相愛の松山騎手・ドリームバレンチノと、久々にコンビ復活となった川田騎手・ダッシャーゴーゴーの火の出る様な叩き合いとなりました。大外枠、59キロをしょっているもののスムーズに回ってきたダッシャーゴーゴーに対して、内枠・58キロながらも、前が壁になって追いだしが遅れてしまったドリームバレンチノ。結果はわずかにバレンチノがダッシャーを抑え込んで勝利。重賞2勝目を飾りました。 荒れるレースとして有......続きを読む»

オルフェの背中は渡さない

オルフェーヴルの主戦である池添騎手がクラシックシーズン真っただ中でフランスに遠征することが決まったそうです。 ↓参考記事リンク 池添、今春に仏遠征!すべてはオルフェのために 池添、フランスで修業「オルフェーヴルで凱旋門」 オルフェに乗れなかったのがどれほど悔しい思いをしたのは言わずものがな。そこにはオルフェが負けた時、一緒にいたのが自分でなかった無念、一緒に勝利を味わうことも、一緒に......続きを読む»

もっと何も反省していない採決委員~1/20中山11Rについて~

こんにちは、1/20のAJCCでの1件について、改めて文章に起こそうと思います。 この1件はベリー騎手騎乗の3番ダノンバラードが、直線で急激に内にササり、5番トランスワープ、6番ゲシュタルトの走行を妨害したということです。 しばらくたって審議のランプがついたわけですが、これはトランスワープの萩原調教師が不服申し立てを行った為、つまり「あの程度では審議するまでもない」と採決委員は判断したわ......続きを読む»

審議ランプくらい点灯させようよ

予想は掲載していませんが、AJCCはトランスワープは私の本命でした。大野さんとトランスはほんとにかわいそう。 私は違いましたが、トランスワープを頭で固定していた人とかたまったものではないでしょう。 今回のケースでよく館内で放送してある、「不利を受けた馬が追い上げた」んじゃないの?それとももっと僅差まで追い上げなきゃいけないの? そもそも審議ランプすら異議申し立てがないと点灯しなかったのはま......続きを読む»

【シリーズ最強世代16】2011年クラシック世代【オルフェーヴル】

こんにちは、シリーズ最強世代2012年度終了版です。今回は2011年クラシック世代。オルフェーヴル、ロードカナロアが海外でも活躍。何となく王道路線では1強ムードですが、果たしてどのような結果になっているのでしょうか?考察してみましょう。※これで全世代終了。次回のシリーズでは全世代で数値比較を実施します。 ※お詫び:ホエールキャプチャは2010年世代ではなく、2011年世代でした。お詫びして修正いた......続きを読む»

(2012年終了版)【シリーズ最強世代15】2010年クラシック世代【ヴィクトワールピサ】

こんにちは、シリーズ最強世代2012年度終了版です。今回は2010年クラシック世代。ヴィクトワールピサを筆頭にハイレベルな芝中長距離戦線を軸とし、牝馬にアパパネ、カレンチャン、ダート戦線もニホンピロアワーズが台頭。隙が見当たらない新・最強世代は果たしてどのような結果になっているのか?考察していきましょう。ちなみに考察対象は次回2011年クラシック世代までとなります。 ※お詫び:ホエールキャプチャは......続きを読む»

(2012年終了版)【シリーズ最強世代14】2009年クラシック世代【ブエナビスタ】

こんにちは、シリーズ最強世代2012年度終了版です。今回は2009年クラシック世代。芝ではブエナビスタの孤軍奮闘。かたやダートでは史上初の中央ダートG1・4勝をマークしたトランセンドを筆頭に充実したラインナップ。はたしてこの世代に見られた傾向とは?考察していきましょう。(※前回からの引用もありますが、この世代からはほぼ新作です) ~2009年クラシック世代~ 基本データ 1.G1を勝ってい......続きを読む»

(2012年終了版)【シリーズ最強世代13】2008年クラシック世代【エスポワールシチー】

こんにちは、久しぶりのデータ記事です。1年半くらい前まで調査を行っていたシリーズ最強世代。覚えている方はおられるでしょうか?あれから時間もたったということで、最新版にしてお送りしたいと思います。ただし、数に変化がなかった世代は省略しますのでご了承ください。記事末尾に、これまでの調査結果のリンクがありますので、以前の世代を見たい方はそちらからお願いします。※文は、旧ソースをもとに再編集しています。 ......続きを読む»

改めてオルフェーヴルの凄さを知る

こんにちは、久しぶりに雑記です。 年度代表馬にジェンティルドンナが選ばれました。活躍からして当然だと思います。私でも彼女に投票したでしょう。 とはいえ、今回はその話ではなくておっぺけ3冠馬ことオルフェーヴルについて。オルフェーヴルはジャパンCでジェンティルドンナにわずかに競り負ける形になってしまいました。しかしです。あのレースで一層オルフェーヴルの底知れぬ実力が示されたと思ってるのです。 ......続きを読む»

ありがとう、トランセンド

あけましておめでとうございます。本年もあたりの優しいブログを心掛けていこうと思いますのでよろしくお願いします。 さて、新年早々の大ニュースが・・・トランセンド号の引退です。 トランセンド 戦績 24戦10勝 主な勝鞍 JCダート('10,'11)、フェブラリーS('11)、マイルCS南部杯('11)、みやこS('10)、レパードS('09) 主戦 藤田 いつか来ると......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icon7doraemons

競馬とサッカーを中心に
スポーツ全般好き。
好きな競走馬はトランセンド
応援チームはアルビレックス新潟、横浜DeNAベイスターズ。
記事に対するコメント歓迎です。
  • 昨日のページビュー:19052
  • 累計のページビュー:10023030

(05月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念(2016)、各馬短評
  2. ルージュバックが「もうヤダ」と苦しがってしまった、桜花賞回顧
  3. 日本ダービー(2016)、各馬短評
  4. 天皇賞秋(2016)、各馬短評
  5. 天皇賞春、各馬短評
  6. シゲルスダチが印象的だった、NHKマイルC回顧
  7. 彼は横山典弘にダービーを勝たせる為に生まれてきた馬だ
  8. 桜花賞、各馬短評
  9. 皐月賞、各馬短評
  10. マイルCS(2016)、各馬短評

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
11
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss