レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~

月別アーカイブ :2012年09月

【アルビ】やったね、爆勝!!名古屋相手に5-0

我らがアルビレックス新潟が名古屋グランパスに5-0で大勝。名古屋にとって魔境とも称されているビッグスワンはさすがでした。 アルビにとってはこの試合「だけ」でこれまでの総得点の約1/3をたたき出す快挙・・・っていってて悲しいけど。実はここまで降格が決まってしまった札幌よりも得点が少ない17得点、当然佐藤寿人選手よりも少ない。この勝利が何とかきっかけにならないか。 降格争いを演じているG大阪......続きを読む»

スプリンターズSなど、今週の重賞予想

こんにちは、いよいよG1開幕を告げるのは秋の最速王決定戦スプリンターズSですね。それではシリウスSと合わせて、さっそく予想と参りましょう。 スプリンターズS 本命はカレンチャンです。前走はいかにも休み明けの内容で、池添騎手も次を見据えた競馬をしていました。条件の上乗せは間違いなく、外枠ですが、中山千二はスタートが上手な馬は外からかぶせることができる分、逆に有利に働くはず。対抗はドリームバ......続きを読む»

ヒルノダムールまでもが・・・、何とかしなければならない時のはずだ

ヒルノダムールが右前浅屈腱炎の為、長期休養。 あまりにも多すぎる。今年に入ってアパパネ、ウインバリアシオン、ナムラクレセント、ジャガーメイル、グルヴェイグと比較的ローテーションに余裕があるはずの一流馬の故障が上げていけばきりがないほど続いています。こうまでG1馬、あるいはG1級の馬が次々と故障により戦線を離脱しているとなると絶対に何か問題があるはずです。 ここまで続くと単純に馬場のせいだ......続きを読む»

引き際って何だろう?高津臣吾選手の引退に思う

ちょっと今さら感があるのですが、この話題を。 今年は日本プロ野球界から小久保選手、金本選手、石井琢選手ら名球界入りした選手が多く引退を表明しております(まだいらっしゃるかもしれません、忘れていたらすみません)。そんな中、2012/09/22、北陸の地域リーグで元ヤクルトの抑え高津臣吾投手が引退しました。試合の内容は後日以下のサイトで観戦しました。 新潟アルビレックスBC【公式】 on U......続きを読む»

スプリンターズSメモリアル~日本競馬史上最大級の番狂わせ、『空気読めよ』とかいわないで~

秋になってますますパワーアップはしていない自己条件でこつこつのメモリアルホースシリーズです。今週は秋の最速馬決定戦となるスプリンターズSです。いきなり意表をついたセレクトかもしれません。今回お送りする主役は『不屈の戦艦』ダイタクヤマトです。 ダイタクヤマト 戦績 40戦10勝 主な勝鞍 スプリンターズS('00)、スワンS('00)、阪急杯('01) 主戦 江田、高橋亮 (※特に指......続きを読む»

オールカマーなど、今週の重賞予想

今年全然記事にしていない我らがアルビレックス新潟。磐田とドローでしたが、大宮とG大阪が大勝し、勝ち点差が開きました。あまりに弱すぎて書く気もなかった。毎年どこかで調子が上向いてくる時期もあるんですが、今年はずっと低調のままここまで来ています。正直、終戦ムードなんですが、まだ8試合あります。なんとか起死回生を願いたいと思います。 で、競馬のお話。なんだか予想の記事はあんまり積極的に載せていない現......続きを読む»

またしても後藤騎手が・・・、発展の中にも『日本競馬らしさ』を失ってはいけない

まずはこのニュースをピックアップさせてください。 後藤騎手が頸椎、頭蓋骨骨折 ※引用:Yahooニュース 知ってのとおり、後藤騎手が再び頸椎の違和感の為に来週からの騎乗は無理となり、無期限の休養になると思います。NHKマイルCのとき痛めた箇所は、非常に危険な箇所であり、1993年に落馬事故で亡くなった岡潤一郎騎手も頸椎の骨折が一つの要因でした。今日まで中央競馬では落馬によって14人の方......続きを読む»

記録と記憶に残る馬、アパパネが引退

牝馬3冠馬、アパパネが故障の為、引退。 アパパネとは「記憶より記録の馬」という印象かもしれません。しかし本当にそうでしょうか?アパパネという馬を語るときどういう風に人に説明するでしょう。 まず、牝馬3冠を達成した馬、エリザベス女王杯を除く牝馬限定G1完全制覇にあと一歩まで来た馬。先に来るのは多分記録の部分。しかし、とてつもない個性の持ち主でした。 まず、甘えん坊で人懐っこい性格。蛯名騎......続きを読む»

メモリアルホースシリーズの秋に向けたまとめ

こんばんは、秋シーズンへの備忘録と利便性の観点からメモリアルシリーズをまとめました。すでにディープとグラスがかぶっているんですが、できるだけかぶらないようにしたいので。 ◎2012年 ・グラスワンダー(1999) 宝塚記念メモリアル(前編)~それはわずか2度の戦いで伝説になった、「栗毛の怪物」VS「SSの最高傑作」~ 宝塚記念メモリアル(後編)~それはわずか2度の戦いで伝説になった、「栗......続きを読む»

「圧倒せよ」、いいフレーズだ

3週間後に迫ったスプリンターズSのCM。滅茶苦茶かっこよかったです。 「94年、スプリンターズステークス。絶頂を極めたものに、もはや勝つべき戦いは残っていないのか。レコードをたたき出したラストラン、最後に勝つものが勝者だ。その馬の名は サクラバクシンオー 圧倒せよ! スプリンターズステークス」 スプリント戦線は日本は弱くて、国際化が進み、JCで海外馬に掲示板すら許さない状況の現在で......続きを読む»

砂の帝王スマートファルコンの引退、ダート界の勢力図は?

先日、帝王賞をはじめ統一G1を6勝、重賞19勝、日本記録となる重賞9連勝など、歴史に残る快進撃を続けたスマートファルコン号が引退を表明。この成績と圧倒的なパフォーマンスが評価され、ダート馬としては破格となる2億4千万のシンジケートが組まれ種牡馬入りとなりました。 スマートファルコン 通算成績 34戦23勝 主戦 武豊、岩田 主な勝鞍 JBCクラシック('10,'11)、東京大賞典('10......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icon7doraemons

競馬とサッカーを中心に
スポーツ全般好き。
好きな競走馬はトランセンド
応援チームはアルビレックス新潟、横浜DeNAベイスターズ。
記事に対するコメント歓迎です。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:10353845

(09月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念(2016)、各馬短評
  2. ルージュバックが「もうヤダ」と苦しがってしまった、桜花賞回顧
  3. 日本ダービー(2016)、各馬短評
  4. 天皇賞秋(2016)、各馬短評
  5. 天皇賞春、各馬短評
  6. シゲルスダチが印象的だった、NHKマイルC回顧
  7. 彼は横山典弘にダービーを勝たせる為に生まれてきた馬だ
  8. 桜花賞、各馬短評
  9. 皐月賞、各馬短評
  10. マイルCS(2016)、各馬短評

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
11
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss