レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~

月別アーカイブ :2011年10月

超高速決着の天皇賞秋、勢力図はどう変化したか

こんにちは、天皇賞の回顧です。スーパーレコード決着となった今回のレースのポイントを私なりに分析してみました。予想の方は外れましたが、興味深いレースでした。 大方の予想通りシルポートが飛ばして逃げてビッグウィークが2番手につけて、アーネストリーが外から好位まで上がってくる。おそらく各馬の位置取りは戦前の予想通りだったことでしょう。そして跨っている騎手も思った通りの位置だったと思います。1000M......続きを読む»

天皇賞秋など、今週の重量予想

こんにちは、今週はいよいよ古馬最高峰の天皇賞秋です。開催は東京、京都、新潟。重賞は土曜日にマイルCSのステップレースG2スワンS。日曜日には東京で伝統のG1天皇賞秋が行われます。 天皇賞秋 東京競馬場で行われる3歳以上芝2000M戦 展開予想 スタートでよほど失敗しなければシルポートがハナ。ビッグウィーク、シャドウゲイトが離れた2番手からこれを追って、その後ろ好位にトーセンジョーダン......続きを読む»

額にハートマークを持つ馬

こんばんは、突然ですがちょっとこちらをご覧ください。菊花賞週の日曜新潟6Rに出走したフローラルホール号です。 額の白がビッグなハートマークです。女の子なので似合ってます。 額にハートマークというと岩手のトレジャースマイルが有名ですがこの馬もそうなんですよ。 今回の500万下で4着と好走していますし、まだまだ走ってくれるんじゃないでしょうか?注目してみては? ...続きを読む»

天皇賞秋メモリアル~勝者の条件~

こんにちは、そろそろマンネリ化してきた感が否めませんが、毎度おなじみメモリアルホースシリーズです。今回は天皇賞秋。CMもあり、思い入れもあることからあの馬ではないかと予想していた方も多かったかと思いますが、今回はその馬ではありません。今回取り上げるのはその前年1998年天皇賞秋の勝ち馬「不屈の闘士」オフサイドトラップです。 オフサイドトラップ 戦績 28戦7勝 主戦 安田富、蛯名 主な勝......続きを読む»

3冠馬誕生、夢の続きは世界へ

強い、強すぎる。完璧な強さ。全く危なげのない走り。 王者の王者らしい走りで堂々と突き抜けたオルフェーヴル。4角を回る映像でトーセンラーが付き離された瞬間、ほとんどの人が勝ちを確信したことだろう。同世代の馬では、もはや相手にならない。今日のメンバーではまだ成長の余地を残すフレールジャックが中距離でどうかと言ったくらいだろう。 道中は1週目で少し行きたがったが、このレースはほとんどの馬がそうなる......続きを読む»

菊花賞など、今週の重賞予想

こんにちは、今週は菊花賞ですね。オルフェーヴルの3冠達成なるかが注目されます。開催は引き続き東京、京都、新潟。重賞は土曜日にマイルCSへ向けてのステップレースG3富士S。日曜日には3歳クラシックの兆尾を飾るG1菊花賞です。 まずは菊花賞から 菊花賞 展開予想 迷いなくサンビームが飛び出す。ルイーザシアターが2番手につけ、先頭集団はすぐに決まる。その後ろにトーセンラー、ペルシャザール、......続きを読む»

【Road To JBC】ついに頂上決戦実現か?

「TOKYO CITY KEIBA」の公式HPでJRA所属馬の出走予定表が発表されました。 ●まずはある意味芝のどんな馬よりも、頂上決戦の期待が高まっている2頭が激突するJBCクラシック。 【JBCクラシック】2000m(JRA選出馬) 馬名(予想騎手)※【】は公式の騎乗予定騎手 エスポワールシチー(松岡)※武蔵野Sも シビルウォー(【吉田豊】)※浦和記念も シャドウゲイト(田中勝)......続きを読む»

菊花賞メモリアル~白いシャドーロールの見た夢~

こんにちは。今週はついにクラシック3冠最終章・菊花賞です。一夏を越え、一層たくましくなった男たちが淀3000Mに挑みます。そんな菊花賞のメモリアルホースに選んだのは「シャドーロールの怪物」ナリタブライアンです。 ナリタブライアン 戦績 21戦12勝 主戦 南井 主な勝鞍 朝日杯3歳S('93)、皐月賞('94)、東京優駿('94)、菊花賞('94)、有馬記念('94)        ス......続きを読む»

秋華賞など、今週の重賞予想

こんにちは。今週は東京、京都に福島の代替で新潟を加えG1シリーズも中盤戦。重賞は土曜日に東京で障害重賞G2東京ハイジャンプ、京都で2歳重賞G2デイリー杯2歳S。日曜日に東京で今年からG2となった府中牝馬S、そして京都で牝馬3冠レースの最終戦G1秋華賞が行われます。 秋華賞 京都競馬場で行われる3歳牝馬限定芝2000M戦。 展開予想 どうしても先手を取りたい馬がいない代わりに先行したい......続きを読む»

秋華賞メモリアル~まだ君を愛している~

こんにちは。今週は夏を越えて成長した少女たちが集い秋の牝馬3冠レース最後を彩る秋華賞です。今回私が選ぶメモリアルホースは予想してた方も多いのではないでしょうか?「可憐なる栗毛の3冠馬」スティルインラブです。 スティルインラブ 戦績 16戦5勝 主戦 幸 主な勝鞍 桜花賞('03)、優駿牝馬('03)、秋華賞('03) スティルインラブは父にサンデーサイレンス、母父に大種牡馬ロベルト......続きを読む»

素晴らしいレースをありがとう

宣言通りに日、月と東京競馬場に参戦いたしました。もう、スケールがちがいますねぇ~すごい。競馬場の規模のでかさに圧倒されました。直線の長さは新潟も長いのですが奥行きがまるで違いますね。新潟が小回りといわれる訳もわかりました。内馬場もものすごい。とにかく何かにつけて広い。 ※情報を提供していただいたmongoalさんに感謝。さすがに大の大人では乗りにくいですね。 さてレースの回顧でしたね。エスポ......続きを読む»

マイルCS南部杯、今週の重賞予想

こんばんは、南部杯の枠順が発表されたので予想を。 マイルCS南部杯 本競走は東京競馬場で行われる3歳以上ダート1600M 展開予想 内枠のエスポワールシチー、ブラボーデイジーが主張するかどうかで展開が変わる。主張しなければトランセンドがハナだろう。よどみのないペースで引っ張るトランセンドを、エスポワールシチーがぴったりマーク。ダノンカモン、バーディバーディ、ランフォルセもこれを見て直......続きを読む»

毎日王冠など、今週の重賞予想+

こんにちは。今週から舞台を東京、京都に移し競馬の季節も秋本番。開催は東京、京都です。重賞は日曜日に東京で伝統のG2毎日王冠。京都でこれまた伝統のG2京都大賞典が行われます。また、東京のみ3日間開催となり、10日には「岩手競馬を支援する日」と題して、Jpn1マイルCS南部杯が行われます。 さらに、土曜日の両メインレースは今月4日にこの世を去ったシンボリルドルフ号の追悼の意を込め、「シンボリルドルフ追......続きを読む»

皇帝シンボリルドルフ、逝く

連続投稿になって申し訳ありませんが、大変ショッキングで、追記などで消化するにはあまりにも大変なニュースでした。 あの日本競馬史上最強の皇帝シンボリルドルフが亡くなったというニュースが。エピソードには事欠かないルドルフ。その中でもいくつか印象にのこているエピソードを挙げたいと思います。 ◎名手岡部騎手が競馬の全てをルドルフに教わったといいます。ダービーで鞍上を無視して自分で動いて勝ってしまった......続きを読む»

今週末は東京競馬場へ

こんにちは、今週末、毎日王冠及び南部杯観戦の為、東京競馬場に参戦します。 自分は競馬のブログなるものを書いていて恥ずかしながら、新潟競馬場、福島競馬場と近場しか行ったことがありません。 しかし、いざ観戦となれば時間は有効に使いつつも、東京競馬場を満喫したいものです。 そこで、お聞きしたいのですが、東京競馬場のお勧めスポットや、観戦の穴場、メインのパドックを最前列で見るにはどのくらい前か......続きを読む»

「VS世界」、今週のG1回顧といよいよ迫る南部杯

まずはスプリンターズS。カレンチャン、御見それしました。正直甘く見てました。去年のワンカラットかな?と思っていて、ワンカラットよりは強いだろうが相手もその分強いしなと思って軽視していました。ロケットマン・・・日本馬が勝ったのでうれしいんですが、一方で「もっと強いはずだよね?こんなんじゃないよね」って感じです。まあ、これほどの大物が来てくれたんです。感謝しなきゃ。ペースが早くて先団がゴチャついて思うよ......続きを読む»

凱旋門賞速報

優勝はデインドリーム ナカヤマフェスタは11着 ヒルノダムールは10着 スノーフェアリーが3着 ...続きを読む»

【アルビ】この1勝が光さす道となれ

試合は見れていないので内容は分かりませんが、横浜M相手に4-2と快勝。相変わらずのロスタイム病発動ですが3点差付いていたので問題なし。いつも3点差つけてロスタイムは入れればいいですね。2点差でも怖いくらいだし・・・ってそれは無理だね。 ナビスコ清水戦で3点取って勝ったことがきっかけになったのだと思う。最近のアルビはゴールの奪い方が分からない状態みたいだったから。こうすればゴールが奪えるってナビ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icon7doraemons

競馬とサッカーを中心に
スポーツ全般好き。
好きな競走馬はトランセンド
応援チームはアルビレックス新潟、横浜DeNAベイスターズ。
記事に対するコメント歓迎です。
  • 昨日のページビュー:27894
  • 累計のページビュー:10588012

(10月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念(2016)、各馬短評
  2. ルージュバックが「もうヤダ」と苦しがってしまった、桜花賞回顧
  3. 日本ダービー(2016)、各馬短評
  4. 天皇賞秋(2016)、各馬短評
  5. 天皇賞春、各馬短評
  6. 彼は横山典弘にダービーを勝たせる為に生まれてきた馬だ
  7. シゲルスダチが印象的だった、NHKマイルC回顧
  8. 桜花賞、各馬短評
  9. 皐月賞、各馬短評
  10. マイルCS(2016)、各馬短評

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
11
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss