レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~

月別アーカイブ :2011年09月

スプリンターズSなど、今週の重賞予想

こんにちは。今週からG1ウィークが始まります。ご利用は計画的に。開催は中山、阪神、札幌です。重賞は土曜日に阪神でダート重賞G3シリウスSと、札幌で来年のクラシック戦線を占い、開催のフィナーレを飾る一戦G3札幌2歳S。日曜日に中山で秋の最速王決定戦G1スプリンターズSが行われます。 まずはスプリンターズSから スプリンターズS 中山競馬場で行われる3歳以上芝1200M戦。 展開予想 ......続きを読む»

【アルビ】前を向いて、ラスト7

ここ数年でチームの置かれている状況は最悪と言っていいだろう。しかし、いまさら何かを変えようたって無理。ここまでやってきたことをやるしかない。何もできなかったわけじゃない。必殺のサイドアタックがある。これまで培ったポゼッションサッカーがある。守備だって失点数はリーグ4位、終了間際の失点が多い分印象は悪いかもしれないが、堅守を誇る新潟なのだ。 毎年のように降格候補の2、3番手と言われていながら一度......続きを読む»

スプリンターズSメモリアル~極限のスピード~

こんにちは。いよいよG1シーズン到来。帰ってきたメモリアルホースシリーズも再開します。その開幕を飾るのは最速馬決定戦スプリンターズSです。キンシャサノキセキが引退し、本命不在の日本勢は果たしてロケットマンを筆頭とする海外勢を下すことができるのでしょうか?そんなスプリンターズSのメモリアルホースは「直線競馬の申し子」カルストンライトオです。 カルストンライトオ 現役期間 2000~2005 ......続きを読む»

オルフェーヴル圧勝も、「次へ」の布石が?

こんにちは、ちょっと立て込んでいて予想も更新できませんでしたが日曜の両重賞は実力馬が実力通りの決着となりましたね。 オールカマー アーネストリーは正直なところ出来8分がいいところ。勝負所の反応もそこまでよくなかったように見えました。先頭に立つのに苦労したのか、かわいがったのかは微妙なところですがね。まあ、先頭に立ったが最後もう抜かれる気配はありませんでしたね。これは前哨戦としては完璧でしょう......続きを読む»

【シリーズ最強世代】1996~2010年世代比較【総合編】

こんにちは、再びシリーズ最強世代です。せっかく最後まで考察したんだから比較しなきゃということで、今後は比較の為の更新をしていこうと思います。まずは、いきなり総合ランキングから発表しますよ。 総合ポイントはこちら↓ そして、ランキングは ポイント(※は現在進行形色が強い世代) 1位 1998年 29.5 2位 2004年、2007年 27 4......続きを読む»

【シリーズ最強世代15】2010年クラシック世代【ヴィクトワールピサ】

こんにちは、シリーズ最強世代です。駆け足ではありますが、いよいよ集計としては今回で最後となりましたこの企画。最後を飾るのはヴィクトワールピサを筆頭とし新・最強世代と現在進行形で謳われている世代。重賞では上位独占も珍しくないこの世代の傾向とは?考察してみましょう。 では第15回目、2007年生まれの2010年クラシック世代の世代分析です。 ~2010年クラシック世代~ 基本データ ※基......続きを読む»

【シリーズ最強世代14】2009年クラシック世代【ブエナビスタ】

こんにちは、シリーズ最強世代です。今回考察する世代は新たなる女王ブエナビスタを中心とした世代です。現役バリバリで活躍する彼らの現段階での傾向とは?考察してみましょう。 では第14回目、2006年生まれの2009年クラシック世代の世代分析です。 ~2009年クラシック世代~ 基本データ ※基本データは説明資料に移しました。 1.G1を勝っている 【累計】勝利頭数/勝利数 11......続きを読む»

【シリーズ最強世代13】2008年クラシック世代【エスポワールシチー】

こんにちは、シリーズ最強世代です。よく考えたら来週からG1が始まってしまうので、残り3世代分今週のうちに終わらせなければなりません。と、言うことで予定より早いですが、更新しました。今回考察する世代はディープスカイ、アーネストリー、エスポワールシチーを擁する世代です。牝馬最強世代軍団の波に呑まれ、後ろの新女王に巻き込まれ、ついでに新最強世代によって霞みがちなこの世代の特徴とはいったい?考察してみましょ......続きを読む»

ローズSなど、今週の重賞予想

こんにちは。開催は中山、阪神、札幌ですが、今週は3連休を利用した変則開催。土曜日は中山、札幌。日曜は中山、阪神。月曜は阪神、札幌での開催となります。お目当てのレースがある場合はお間違えのないよう。重賞は日曜日に中山で伝統のトライアルG2セントライト記念、阪神で秋華賞の最重要ステップG2ローズS、月曜日には札幌でダート重賞G3エルムSが行われます。 セントライト記念 中山競馬場で行われる3歳限......続きを読む»

【シリーズ最強世代12】2007年クラシック世代【ウオッカ】

こんにちは、シリーズ最強世代です。今回考察する世代はウオッカ、ダイワスカーレットら牝馬最強世代と呼ばれている世代です。サンデーサイレンス産駒なき日本競馬をけん引する後継種牡馬は果たしてだれなのかにも注目が集まりました。考察してみましょう。 では第12回目、2004年生まれの2007年クラシック世代の世代分析です。 ~2007年クラシック世代~ 基本データ ※基本データは説明資料に移し......続きを読む»

下半期G1優勝馬予想

こんにちは、今回はちょっと趣向を変えまして、間もなく秋シーズンのG1到来ということで下半期のG1勝ち馬を予想しようというコーナーです。今年は被災地支援も兼ねて南部杯も東京で開催されますし、南部杯も加えた形で。朝日杯と阪神JFはPOGもしない私にはさすがに予想は無理なので割愛します。 ちなみに今年初めに実施した「どこよりも早い気がする2011年G1予想」で予想した結果は11戦3勝。う~む、当てや......続きを読む»

セントウルSなど、今週の重賞予想

こんにちは。いよいよ秋競馬突入も、今週は夏の名残りを感じさせる番組。開催は中山、阪神、札幌。重賞は土曜日に阪神でG3朝日チャレンジC、日曜日には中山でマイル重賞G3京成杯AH、そして阪神でサマースプリントシリーズ最終戦G2セントウルSが行われます。因みに土曜日の中山では秋華賞トライアル紫苑Sも行われます。 朝日チャレンジC 阪神競馬場で行われる3歳以上芝2000M戦。 本命はヤマニンキ......続きを読む»

【シリーズ最強世代11】2006年クラシック世代【メイショウサムソン】

こんにちは、シリーズ最強世代です。今回考察する世代はメイショウサムソン、アドマイヤムーンを擁した2006年クラシック世代です。個性あふれるメンバーが集ったこの世代の傾向と強さはいかほどのものでしょうか?考察してみましょう。 では第11回目、2003年生まれの2006年クラシック世代の世代分析です。 ~2006年クラシック世代~ 基本データ ※基本データは説明資料に移しました。 ......続きを読む»

今年もまた、雪の精がやってくる

去年、エリザベス女王杯を圧勝して見せた現役世界最強牝馬の1頭スノーフェアリーがまた来日を予定しているようです。エリザベス女王杯かジャパンCとのこと。スプリンターズSには現役世界最強スプリンターの1頭・ロケットマン(今はブラックキャビアっていうすごいのがいるので、こういう表現)の参戦が濃厚で今年も海外馬による日本制圧が危ぶまれる。 スノーフェアリーはドバイシーマクラシック前に一悶着あり、その後な......続きを読む»

【シリーズ最強世代10】2005年クラシック世代【ディープインパクト】

こんにちは、今回でシリーズ最強世代もちょうど10回目。考察する世代は近代日本競馬の結晶ディープインパクトを擁した2005年クラシック世代です。さて、完全に1強ムードがありありのこの世代はどうなるのでしょうか。 では第10回目、2002年生まれの2005年クラシック世代の世代分析です。 ~2005年クラシック世代~ 基本データ ※基本データは説明資料に移しました。 1.G1を勝っ......続きを読む»

新潟2歳Sなど、今週の重賞予想

こんにちは。新潟記念で夏競馬は終わった感じが否めませんが、ここは冬の飛躍を目指す若駒達が、夏競馬のフィナーレを飾ります。開催は新潟、小倉、札幌。新潟、小倉は夏開催最終日になります。重賞は日曜日に新潟でG3新潟2歳S、小倉でG3小倉2歳Sが行われます。 新潟2歳S 新潟競馬場で行われる2歳限定芝1600M戦。 本命はニンジャ。もう説明はいらんと思います。「グラス産駒+面白い馬」なら本命に......続きを読む»

【シリーズ最強世代9】2004年クラシック世代【ダイワメジャー】

こんにちは、コメントでプッシュされるまで忘却の彼方にあったシリーズ最強世代です。今回はダイワメジャー、ハーツクライを擁した2004年クラシック世代ですね。「コメントするまでもないけど何となく次を待ってたかな」って方も大変お待たせいたしました。 では第9回目、2001年生まれの2004年クラシック世代の世代分析です。 ~2004年クラシック世代~ 基本データ ※基本データは説明資料に移......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icon7doraemons

競馬とサッカーを中心に
スポーツ全般好き。
好きな競走馬はトランセンド
応援チームはアルビレックス新潟、横浜DeNAベイスターズ。
記事に対するコメント歓迎です。
  • 昨日のページビュー:1257
  • 累計のページビュー:10970222

(12月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念(2016)、各馬短評
  2. ルージュバックが「もうヤダ」と苦しがってしまった、桜花賞回顧
  3. 日本ダービー(2016)、各馬短評
  4. 天皇賞秋(2016)、各馬短評
  5. 天皇賞春、各馬短評
  6. 彼は横山典弘にダービーを勝たせる為に生まれてきた馬だ
  7. シゲルスダチが印象的だった、NHKマイルC回顧
  8. 桜花賞、各馬短評
  9. 皐月賞、各馬短評
  10. 天皇賞秋、各馬短評

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
11
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss