レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~

月別アーカイブ :2011年06月

【ドリームジャーニー】2007年世代を彩った優駿たち【アサクサキングス】

JRAのホームページで、ドリームジャーニーとアサクサキングスの競走馬登録抹消の知らせがあがりました。G1馬でありながら7歳まで走り続けたこの2頭がどんな成績を残してきたのか、改めて書き起こしたいと思います。 ドリームジャーニー 父ステイゴールド 母オリエンタルアート 31戦9勝 主な勝鞍 朝日杯FS('06)、宝塚記念('09)、有馬記念('09)、神戸新聞杯('07)、産経大阪杯(......続きを読む»

怖いくらい強いスマートファルコン

帝王賞はスマートファルコンがエスポワールシチーに9馬身差の圧勝。 エスポが本来の力にないこと、元々2000Mは長いことを考慮しても圧巻の内容。そのエスポだって3着のバーディバーディは振り切っているわけです。 サイレンススズカのような強さですね。マイルのスピードで中距離までカバーできるというか、例えばサイレンススズカがマイルではタイキシャトルやエアジハードにはかなわなかったでしょう。しかし、彼......続きを読む»

またまた人馬一体の勝利!流れは変わるのか?宝塚記念回顧

こんにちは、宝塚記念はアーネストリーが父グラスワンダーとの親子制覇を達成。これで負けたら仕方がないとまで仕上げ、父のライバルだったスペシャルウィークの最高傑作ブエナビスタを押さえて勝利しました。まさに血のドラマを感じさせられる勝利でしたね。 レースはナムラクレセントがハイペースで引っ張る形になり、後続馬は追走で脚を使ってしまうレースになりました。よく「ハイペースなら後ろが有利」とは言われますが......続きを読む»

宝塚記念、今週の重賞予想

こんにちは。今週も舞台は中山、阪神、函館。重賞は日曜日に上半期の総決算G1宝塚記念が行われます。グランプリにふさわしい素晴らしいメンバーが集結しました。 宝塚記念 本競争は阪神競馬場で行われる3歳以上芝2200M戦。 予想 まあ、しょうがないよね。ローズキングダムが出てくるんじゃしょうがない。この本命ローズキングダム、対抗ブエナビスタはもはやこの2頭が出てくる時点で既定路線ですよ。▲......続きを読む»

上半期の総決算!宝塚記念

2011年宝塚記念の枠順が発表されましたね。 ちょっと各馬について一言ずつ [1]ナムラクレセント・・・絶好枠。引き続き好調でスタート決まれば [2]アーネストリー・・・こちらもいい枠。叩いてここ目標。先行力活かして [3]ルーラーシップ・・・前走は圧巻。枠的には内すぎるような気もするが・・・。蓋をされないように注意か。 [4]エイシンフラッシュ・・・ダービー馬の底力。切れ味はメンバー最上......続きを読む»

宝塚記念メモリアル~私を乗りこなしてごらんなさい~

こんにちは。上半期の総決算宝塚記念です。ドバイWC王者、春の天皇賞馬は不在ですが本当に素晴らしいメンバーが集まりました。そんな宝塚記念のメモリアルホースは「女王様」スイープトウショウです。 スイープトウショウ 現役期間 2003~2007 通算成績 24戦8勝 主な勝鞍 秋華賞('04)、宝塚記念('05)、エリザベス女王杯('05)        ファンタジーS('03)、チューリ......続きを読む»

マーメイドSなど、今週の重賞予想

こんにちは、安田記念が終わり、先週のエプソムCで東京開催も無事終了。舞台を北の大地に移し、夏競馬も始まったかなって感じです。そして4歳以上限定のレースが消え、4歳馬はクラス再編成、新馬戦も始まり、競馬の「期」が変わる感じです。狙い目の降級馬は?期待の新馬は?新たなファクターが加わりますね。 舞台は函館、中山、阪神を舞台に移し、重賞は牝馬限定のG3マーメイドSが行われます。別定戦のころは、グルー......続きを読む»

日本競馬界の勢力図はどうなってるんだ?個人的競走馬ランキング・マイル編

こんにちは、グランプリボス残念でしたね。フランケルに真っ向勝負を挑んだものの、力尽きて8着。敗因はよく分かりませんが、日本の馬場では押し切れてもタフな欧州の馬場ではスタミナが持たなかったのですかね・・・。 しかし、こういうのはまず挑戦することから始めなければなりません。この敗戦でドバイで再加熱した海外挑戦の灯を消してはいけません。秋にはヴィクトワールピサ、ヒルノダムールをはじめ遠征が予定されている......続きを読む»

エプソムCなど、今週の重賞予想

こんにちは、今週はG1も中休み。東京、阪神、新潟での開催です。東京と新潟は今週で春競馬は終了です。重賞は土曜に東京ジャンプS、日曜に東京でエプソムC、阪神でCBC賞が行われます。 エプソムC セイクリッドバレーとダークシャドウを軸でしょうか。さすがに東京負けなしのダークシャドウに、前走で待望の重賞制覇したセイクリッドバレーには逆らわない方がいいような気がします。2頭とも重馬場は苦にしなさそう......続きを読む»

まさしく「リアル」な「インパクト」、安田記念回顧

いや~、驚きましたね。3冠女王でもなく、歴戦の古馬でもなく、香港からの刺客でもない。まさかキャリア6戦でわずか1勝の3歳に伝統と権威を誇る安田記念を持って行かれることになるとは。何頭かの馬について勝負のポイントになったかなと思う点をピックアップしてみようと思います。 まずレース全体のポイントは ・シルポートを誰が追いかけるか? ・前が止まらず、内も伸びる馬場で、各馬のポジションは? ・真ん中......続きを読む»

安田記念など、今週の重賞予想

こんにちは。今週の舞台は東京、阪神、新潟。重賞は土曜日に東京で今年は土曜日開催となった伝統のG3ユニコーンS。日曜日には東京で春のG1シリーズ最後と言っていいでしょう日本No.1マイラー決定戦安田記念が行われます。引き続きG1レースの最終レースも同様に被災地支援ひかり賞として売上の約5%相当額が義援金として使われます。「ダートは馬券を買わない」という方も参加してみてはどうでしょうか?ちょっといろいろ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icon7doraemons

競馬とサッカーを中心に
スポーツ全般好き。
好きな競走馬はトランセンド
応援チームはアルビレックス新潟、横浜DeNAベイスターズ。
記事に対するコメント歓迎です。
  • 昨日のページビュー:3745
  • 累計のページビュー:10115541

(05月29日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念(2016)、各馬短評
  2. ルージュバックが「もうヤダ」と苦しがってしまった、桜花賞回顧
  3. 日本ダービー(2016)、各馬短評
  4. 天皇賞秋(2016)、各馬短評
  5. 天皇賞春、各馬短評
  6. シゲルスダチが印象的だった、NHKマイルC回顧
  7. 彼は横山典弘にダービーを勝たせる為に生まれてきた馬だ
  8. 桜花賞、各馬短評
  9. 皐月賞、各馬短評
  10. マイルCS(2016)、各馬短評

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
11
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss