レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~

月別アーカイブ :2011年05月

安田記念メモリアル~今をあきらめない~

こんにちは、震災の影響でどうなることかと思われた競馬界も普段の姿を取り戻してきました。宝塚記念もありますがメモリアルシリーズも今回で一段落。おかげさまでこのシリーズは毎回1万を超えるヒット数を記録させていただいています。拙い文章ではありますが、続く宝塚記念、さらには秋シリーズも引き続きよろしくお願いします。 さて、前置きが長くなりましたが私が安田記念でチョイスしたのは「執念のマイル王」アドマイ......続きを読む»

そこに見えたVロード、オルフェーヴル圧勝!!(と、ディープインパクトが重馬場でも走った理由)

こんばんは、今年のダービーは戦前の混戦ムードをオルフェーヴルが一刀両断。終わってみれば今年の春は1強という結末に終わりました。レースを振り返ってみましょう。 オールアズワンが満を持して飛び出して行きました。騎手は藤田騎手。得意のスローに落としての逃げかと思われましたが、そんなことはなく、不良にしては早い流れでした。母父にあのナリタブライアンを持つオールアズワンは8着に残ってがんばりました。そん......続きを読む»

東京優駿など、今週の重賞予想

こんにちは。今週も舞台は東京、京都、新潟。重賞は土曜日に東京で今年は土曜日開催となった伝統のG2目黒記念、京都で宝塚記念の最重要ステップG2金鯱賞。日曜日には東京で競馬の祭典G1東京優駿が行われます。引き続きG1レースの最終レースも同様に被災地支援つばさ賞として売上の約5%相当額が義援金として使われますのでダービーが終わった後は余韻に浸りながらでも参加してみてはいかがでしょうか? ダービーは最......続きを読む»

東京優駿日本ダービーメモリアル~「おかえり」ターフも彼を待っていた~

こんにちは、いよいよ今週は競馬の祭典・東京優駿日本ダービーです。一昨年はベテラン横山典騎手がロジユニヴァースで悲願のダービー制覇。昨年は史上最高メンバーによるダービーと称され、見事エイシンフラッシュ内田博騎手が載冠。今年はどんなドラマが待っているのでしょうか?そんなダービーで今回メモリアルホースとして紹介させていただくのは「帝王」トウカイテイオーです。JRAのダービーのプロモーションでも採用されてい......続きを読む»

ちょっと気になったこと

こんにちは、タイトル通り大した内容ではないんですが気になったことについて少しだけ。 東海Sにアサクサキングスの登録がありました。(出走可否は分かりませんが)アサクサキングスといえば2007年の菊花賞馬。でなにが気になったかというと 「最近の菊花賞馬ってその後活躍できてなくね?」ってこと。 そこでここ5年の菊花賞馬を見てみると 2010年ビッグウィーク(現)・・・菊花賞後、未勝利、故障中 ......続きを読む»

優駿牝馬オークスメモリアル~名手は言う「今まで乗ってきた中で群を抜く最強の牝馬だ」~

こんにちは、今週はオークスです。一昨年はライバル2頭の歴史的なマッチレースが、昨年はそれをさらに上回る文字通りデッドヒートが繰り広げられた毎年息をのむ接戦が展開される3歳牝馬の最高峰。幼さを残す少女たちが過酷な東京芝2400Mに挑みます。その優駿牝馬オークスを勝った名牝たちの中でセレクトするのが「最強の牝馬」シーザリオです。 シーザリオ 現役期間 2004~2005 通算成績 6戦5勝 ......続きを読む»

勝負を分けたのは「信頼の絆」、ヴィクトリアマイル回顧

すばらしい勝負でした。 他の馬には悪いですが、はっきり言ってこのレースは2頭立て。ハイペースになったとはいえ、大外を回した2頭が前をまとめて差し切ってしまうのだから、この2頭は他の馬とは全く力が違ったのでしょう。 ブエナビスタにとって残念だったのはやはり岩田騎手への乗り替わりでしょう。岩田騎手はもちろん日本のトップジョッキーでテン乗りでも馬の力を十分に引き出すことができる騎手です。しかし、今......続きを読む»

ヴィクトリアマイルなど今週の重賞予想

こんにちは。今週も舞台は東京、京都、新潟。重賞は土曜日に東京でG2京王杯SC、京都でジャンプG2京都ハイジャンプ。日曜日には東京で春の最速牝馬決定戦G1ヴィクトリアマイルが行われます。 引き続きG1レースの最終レースも同様に被災地支援きぼう賞として売上の約5%相当額が義援金として使われます。前回の予想での負けフラグですが、当ったはしたもののド本命決着ではまだ折っていないと考えるべきでしょう。 ......続きを読む»

エアシェイディの引退とコスモバルクの復帰

こんにちは、ほとんど連闘な形での投稿になりますが、ご容赦ください。 京王杯SCで復帰を目指していた10歳馬エアシェイディが三度故障を発生。競走能力喪失の疫病らしく、まだ正式な発表はされていませんが今度こそ引退となるでしょう。7歳、8歳と連続して有馬記念で3着に入り、古豪健在っぷりをアピール。素質馬と期待されながらもなかなか本番で結果を出せなかったエアシェイディ。結局勝った重賞はAJCCのみでし......続きを読む»

【アルビ】これは痛い!チョ・ヨンチョルが右太もも裏の肉離れで全治5~6週間

こんにちは、久々のサッカーの記事です。遅い感じですが、題名の通り大宮戦で故障したチョ・ヨンチョル選手。思っていたくらいかちょっと重いくらいでしょうか。早々の負傷退場ということもあって不安でしたが、1ヶ月半くらいの離脱になりますかね。 J屈指の攻撃力と自負していた新潟の左サイドの要、いや攻撃の要の離脱は相当痛いです。マルシオとまではいかなくても今年はある程度はヨンチョルありきで戦術を組み立てていたの......続きを読む»

ヴィクトリアマイルメモリアル~それは一陣の風のように~

帰ってきたメモリアルホースシリーズ。こんにちは、荒れることで有名なNHKマイルCは人気どおりの決着(リアルインパクトは4番人気でしたが)。勝ったグランプリボスは父の墓前に最高の形でタイトルをプレゼントしましたね。2着に終わったコティリオンですが、あきらかにマイラーの走りではありません。ダッシュが付かなかったこともありますが「適性の差」が勝敗を分けたのかなと思います。ダービーでも面白いのではないでしょ......続きを読む»

NHKマイルCなど、今週の重賞予想

こんにちは。今週も舞台は東京、京都、新潟。重賞は土曜日には京都でG2京都新聞杯。日曜日には新潟でG3被災地支援新潟大賞典、東京で3歳No.1マイラー決定戦G1NHKマイルCが行われます。 ちなみにG1後の東京最終レースも同様に被災地支援みらい賞として売上の約5%相当額が義援金として使われます。魅力がないと思われる方も新潟大賞典とともにぜひ参加してみてはいかがでしょうか。予想の方ですが、プリンシバル......続きを読む»

日本競馬界の勢力図はどうなってるんだ?個人的競走馬ランキング

このGWに地方競馬で重賞が行われました。 ダイオライト記念はスマートファルコンがキングスエンブレムなどをぶっちぎり、かきつばた記念ではセイクリムズンがラブミーチャンらを寄せ付けず完勝。そして大注目のかしわ記念ではフリオーソがエスポワールシチーを降し念願のかしわ記念初制覇。ダート界の勢力図を見るには絶好のレースプログラムでしたね。スマートファルコンがかしわ記念に向かていてくれればもっとわかったのです......続きを読む»

NHKマイルCメモリアル~その馬生、波乱万丈。その走り、疾風迅雷~

帰ってきたメモリアルホースシリーズ。こんにちは、この時期になると毎週恒例になりましたメモリアルホースシリーズです。今まではタイトルに馬名を書いていたんですが、今回はタイトルをちょっと凝ってみましたがいかがでしょうか。どの馬か分かりましたか?NHKマイルCの今回、ピックアップするのは「青い瞳の快速娘」シーキングザパールです。 シーキングザパール 現役期間 1997~1999 通算成績 21......続きを読む»

これぞ古馬最高峰!!天皇賞回顧

こんばんは、天皇賞春はすごい駆け引き。いや~面白かった。 入れ替わり立ち替わり先頭が変わるすごいレースでした。面白いレースでした。その中でも「動かなかった」ヒルノダムールと「自分の競馬に徹した」エイシンフラッシュが1・2フィニッシュ。「動いた」トゥザグローリーが13着と明暗がくっきりでした。 1着ヒルノダムール・・・超ドスローでも折り合いを欠かず、自分のリズムを崩さずに進めることができました......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icon7doraemons

競馬とサッカーを中心に
スポーツ全般好き。
好きな競走馬はトランセンド
応援チームはアルビレックス新潟、横浜DeNAベイスターズ。
記事に対するコメント歓迎です。
  • 昨日のページビュー:25199
  • 累計のページビュー:10272374

(06月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念(2016)、各馬短評
  2. ルージュバックが「もうヤダ」と苦しがってしまった、桜花賞回顧
  3. 日本ダービー(2016)、各馬短評
  4. 天皇賞秋(2016)、各馬短評
  5. 天皇賞春、各馬短評
  6. シゲルスダチが印象的だった、NHKマイルC回顧
  7. 彼は横山典弘にダービーを勝たせる為に生まれてきた馬だ
  8. 桜花賞、各馬短評
  9. 皐月賞、各馬短評
  10. マイルCS(2016)、各馬短評

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
11
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss