レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~

競馬予想

高松宮記念と直近の短距離G1の関係はいかほど?

今週は高松宮記念です。昨年の同レースの覇者ビッグアーサーは無念の回避となりましたが、スプリンターズSの覇者であるレッドファルクスは出走予定。そこで、単純に前年のスプリンターズSの最先着馬、前年の高松宮記念の最先着馬の過去10年の高松宮記念の成績をまとめました。ちなみに2011年の高松宮記念は阪神開催、2014年のスプリンターズSは新潟開催です。中京の馬場改修は2012年から。 まず、前年のスプリン......続きを読む»

【競馬】スプリンターズS、今週の重賞予想【予想】

こんばんは、久しぶりに予想を掲載してみます。船橋は降ったりやんだりではっきりしない天気ですね。パンパンの良馬場は望めないと思います。細かい各馬の見解を前日の記事をご覧いただければと思います。 スプリンターズS ◎ビッグアーサー ○スノードラゴン ▲レッドファルクス △ブランボヌール △シュウジ △ネロ △ミッキーアイル 本命はビッグアーサー、今回は1枠1番を引きました。陣営は否定していましたが今......続きを読む»

前門のコパノリッキー、後門のサウンドトゥルー

今日は帝王賞です。 怪我のアウォーディーと距離が長いモーニン以外は全てでてきました。地方勢はハッピースプリント、ソルテも不在ではチャンスはないように思います。やはり中央勢の決着になるでしょう。 さて、新興勢力が台頭してきたとはいえいまだダート界のトップクラスに君臨しているホッコータルマエ。昨年の帝王賞も制しており、今年に入って川崎記念も制覇。唯一馬券外になったチャンピオンズCもハイペースの早仕掛け......続きを読む»

宝塚記念(2016)、各馬短評

早いもので今年も半分が過ぎようとしています。そんな上半期の中央競馬を締めくくるのは夏のグランプリ宝塚記念です。時期的なものも相まって回避馬も少なからずありましたが楽しみなメンバーが揃いました。それでは1頭ずつ毎度おなじみになってきている各馬短評を個人的な見解でお送りしたいと思います。 ◎1-1 フェイムゲーム 牡6 58kg 柴山 ダイヤモンドS連覇もある現役屈指の長距離砲。前走のように緩まない展......続きを読む»

安田記念(2016)、各馬短評

ダービーも終わり、今週から新馬戦が始まります。私の大好きなトランセンドの産駒も今年デビューですし、活躍してくれるとうれしいですね。 さてダービーの余韻も冷めやらぬ中、春のマイル王決定戦安田記念です。最強マイラー・モーリスの参戦により回避馬続出でフルゲート割れになってしまった今年の安田記念。はたしてジャイアントキリングは起こるのでしょうか? ◎1-1 クラレント 牡7 58kg 小牧 いまだ衰えない......続きを読む»

東京優駿日本ダービー予想

こんにちは、明日はいよいよ競馬の祭典・日本ダービーです。素晴らしい18頭が揃いました。素晴らしいレースを期待します。 久しぶりですがさすがにダービーなので予想を乗っけておきましょう。明日の日本ダービーは『東京10R』です。お間違えのないようにお気をつけください。 日本ダービー 各馬の特徴や見解などは前回の記事でほとんど言っていますのでサラッと。本命はディーマジェスティです。前走の皐月賞は展開が......続きを読む»

日本ダービー(2016)、各馬短評

さあ今週は競馬の祭典、東京優駿日本ダービーです。レースごとに目まぐるしく一番馬が変わり少なからず離脱はあったもののまさしくハイレベルの様相を呈している今年のダービー。皐月賞から大きな離脱もなく、みんな元気にダービーへとコマを進めてきました。豪華メンバーにふさわしい最高のレースを見せてほしいと思います。 枠番-馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 ◎1-1 ディーマジェスティ 牡3 57kg 蛯名 堂々主役......続きを読む»

オークス(2016)、各馬短評

今週は世代No.1牝馬決定戦優駿牝馬オークスです。3歳戦は各馬の特性がまだはっきり見えないことが多いので省いてきましたが、オークスとダービーはプレビュー記事を書いていこうかなと思います。それでは各馬の見解です。 枠番-馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 ◎1-1 フロムマイハート 牝3 55kg 石橋脩 スイートピーS2着でオークスの優先出走権を手にした。好走はするものの掲示板までの戦いが続いていた中で......続きを読む»

ヴィクトリアマイル(2016)、各馬短評

性懲りもなく今回も各馬プレビューということでつらつらと書いていきたいと思います。例によってガッツリ個人的な感想・意見を交えてお送りしたいと思います。 枠番-馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 ◎1-1 ウインプリメーラ 牝6 55kg 川田 明け6歳ながら今年に入って京都金杯を制し、前走阪神牝馬Sでも強敵を相手に3着と健闘をみせ絶好調。どんな展開でも崩れないタイプでG1とはいえ牝馬同士のレースとなれば今......続きを読む»

天皇賞春(2016)、各馬短評

おなじみになってきたG1レースの各馬短評。楽しみな18頭が揃い、ゴールドアクターをめぐる春の盾の戦いはどうなるのでしょうか?今回もガッツリ個人的な感想・意見を交えてお送りしたいと思います。 枠番-馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 ◎1-1 キタサンブラック 牡4 58kg 武豊 母父サクラバクシンオーながら菊花賞を制し、有馬記念でも想定外の逃げる展開になるもマリアライトを差し返して3着と実力を見せた。......続きを読む»

【高松宮記念】今年も白い竜巻が混戦を断つ【予想】

ドバイはリアルスティールとラニが見事勝利、特にUAEダービーは日本馬にとって厚い壁だったので、喜びも大きいですね。しかし落鉄があったとはいえドゥラメンテが普通に負けるなんて・・・世界にはまだまだ強い馬がいますね。 さて、直前になりますが、高松宮記念の予想です。 高松宮記念 ◎スノードラゴン ◯エイシンブルズアイ ▲アルビアーノ ☆サトノルパン △ティーハーフ △ウリウリ △ビッグアーサー △ミッ......続きを読む»

高松宮記念(2016)、各馬短評

今週は春の短距離王決定戦・高松宮記念です。前日の深夜にはドバイ中継もあり、競馬ファンには忙しい週末になりますね。それでは高松宮記念の個人的な各馬の短評と見解を書いていきたいと思います。 枠番-馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 ◎1-1 ブラヴィッシモ 牡4 57kg 横山典 素質を評価されてきた若駒が才能を見せつける。回避馬もあり繰り上がり出走となった当馬だが、初の重賞挑戦となった前走阪急杯でもミッキ......続きを読む»

【競馬】フェブラリーS、なるか世代交代【予想】

直前になりましたが予想を乗っけておこうと思います。 フェブラリーS ◎ホワイトフーガ ○ノンコノユメ ▲コパノリッキー △スーサンジョイ △ベストウォーリア △アスカノロマン △モーニン △グレープブランデー 本命はホワイトフーガです。サンビスタを物差しにすればここでも十分力は通用しますし、前走も道中力みながらも最後の瞬発力勝負で鋭い末脚が売りのパワースポットを相手に並びかけられそうなところを......続きを読む»

フェブラリーS(2016)、各馬短評

早くも今年最初のG1・フェブラリーSが今週末に開催されます。個人的な各馬の短評と見解を書いていきたいと思います。 枠番-馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 ◎1-1 パッションダンス 牡8 57Kg 三浦 昨年の新潟記念の覇者がダート戦線へ殴り込み。8歳ではあるがここまでわずか18戦しか消化しておらず馬は若い。ただ、前走川崎記念では大敗。中央のダート変わりが好転する可能性もなくはないが、このメンバーに入......続きを読む»

チャンピオンズC(2015)、各馬短評

久しぶりに回顧記事以外を書いてみます。 チャンピオンズCの予想というか、私なりの各馬の見解を書いていこうかなと思います。 枠番-馬番 馬名 斤量 騎手 ◎1-1 ノンコノユメ 56Kg ルメール  ダート界に現れた超新星。前走武蔵野Sでは58キロの影響か本来の切れ味は発揮できなかったがそれでも勝ったところにこの馬のすごさが見て取れる。追い込み不発は想像しにくい。唯一の懸念点は2強との対戦が初めてと......続きを読む»

【競馬】安田記念、今週の重賞予想【予想】

ダービーが終わった喪失感の中、今週は春のマイル王決定戦安田記念です。世界のジャスタウェイが凱旋します。それでは印です。 安田記念 本命はジャスタウェイ。もはや説明するのも失礼な世界的ホースです。今年の安田記念は世界が注目する舞台となりました。ドバイよりも出来は遥かにいいそうで雨模様もこの馬には関係なし。故障がなければ間違いなく突き抜けるはずです。今回は対抗も単穴も必要なし。アグネスタキオン最後の......続きを読む»

【競馬】天皇賞春、トウカイトリックの分まで素晴らしいレースを【予想】

性懲りもなく予想コーナー。例年に比べ好メンバーが揃った天皇賞春です。3強の様相も、昨年の覇者やならず者など一癖も二癖もある伝統と権威を誇る長距離戦。再びその姿を見せることが叶わなかった名ステイヤー・トウカイトリックの為にも素晴らしいレースになることを期待します。 天皇賞春 本命はキズナ。初の超長距離戦、バンデ除外でペースも上がらないであろうレース展開、前が止まらない高速馬場。不安材料は確......続きを読む»

【競馬】走れアジア超特急、皐月賞予想【予想】

予想を掲載するのはなんと去年の有馬記念以来となるなんちゃって競馬ブログ。ちゃんと馬券は購入しています。 皐月賞 本命はアジアエクスプレス。スプリングS前までは適正はダートのマイルまでと言う評価でしたが、スプリングSでは思わぬズブさを見せてしまい、それが逆に2000をこなせない馬ではないという証明になったように思います。前走は加速に時間が掛かり馬群を捌くロスもありましたが今回は外枠で包まれる心......続きを読む»

【競馬】さあ、夢を見よう。有馬記念、今週の重賞予想【予想】

今年もいよいよ中央競馬の総決算、国民的行事・有馬記念です。他の重賞、G1レースと異なり、このレースだけは私好きな馬から印をつけるというコンセプトです。過去の有馬記念の印の付け方を見ていただければ分かると思いますが・・・ 過去の有馬記念 2012年◎トレイルブレイザー、○ルーラーシップ、▲ローズキングダム 2011年◎ローズキングダム、○ヴィクトワールピサ、▲ブエナビスタ 2010年◎オウケン......続きを読む»

【競馬】エリザベス女王杯など、今週の重賞予想【予想】

こんばんは、今週はエリザベス女王杯ですね。誰もが認めるNo.1牝馬ジェンティルドンナはJCの為、実質牝馬No.2を決めるレースになりそうです。 エリザベス女王杯 本命はメイショウマンボです。雨もそこまで気にするタイプでもなく、外回りに変わるのも魅力あり。唯一の懸念は秋華賞にピークがあったことですが、どんどん成長している3歳馬。2キロの恩恵があれば、ここは古馬相手でも十分勝機ありです。対抗......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8

ブロガープロフィール

profile-icon7doraemons

競馬とサッカーを中心に
スポーツ全般好き。
好きな競走馬はトランセンド
応援チームはアルビレックス新潟、横浜DeNAベイスターズ。
記事に対するコメント歓迎です。
  • 昨日のページビュー:1257
  • 累計のページビュー:10970222

(12月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念(2016)、各馬短評
  2. ルージュバックが「もうヤダ」と苦しがってしまった、桜花賞回顧
  3. 日本ダービー(2016)、各馬短評
  4. 天皇賞秋(2016)、各馬短評
  5. 天皇賞春、各馬短評
  6. 彼は横山典弘にダービーを勝たせる為に生まれてきた馬だ
  7. シゲルスダチが印象的だった、NHKマイルC回顧
  8. 桜花賞、各馬短評
  9. 皐月賞、各馬短評
  10. 天皇賞秋、各馬短評

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
11
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss