レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~

メモリアルホース

【再録】スペシャルウィークメモリアル~「王道」それは語り継がれる伝説の世代~

スペシャルウィークの種牡馬引退のニュースがありました。シーザリオ、ブエナビスタなどの名馬を輩出。一方で中々牡馬の大物に恵まれなかったのですが、西山さんの慧眼で種牡馬入りしたリーチザクラウンの産駒が前評判を覆して大活躍、さらに菊花賞馬トーホウジャッカルも種牡馬入りを果たし後継種牡馬の目途も立ったのでゆっくり余生をという感じでしょうね。私が競馬に興味を持ち始めたのはちょうどスペシャルウィークが活躍してい......続きを読む»

JBCクラシックメモリアル~ダート界の両雄激突、事実上2頭立てのマッチレース~

明日は川崎競馬場で地方競馬の祭典JBCデーが開催されます。そこで、久しぶりにメモリアルホースシリーズとしてスマートファルコンVSトランセンドの対決が注目された2011年JBCクラシックを振り返ってみようと思います。 スマートファルコン 戦績 34戦23勝 主な勝ち鞍 JCBクラシック(‘10,’11)、東京大賞典(‘10,’11)、帝王賞(̵......続きを読む»

【東京優駿メモリアル】絆のもとで完結する物語

実に久々となるメモリアルホースシリーズですが、タイトルでお分かりいただけたでしょう。今回の主役はキズナです。基本的に現役の馬を取り上げることはなかったのですが今回はあえてこの馬をチョイスしたいと思います。 キズナ 現役期間 2012~ 主戦 武豊、佐藤哲 通算成績 11戦7勝 主な勝鞍 東京優駿(‘13)、京都新聞杯(‘13)、ニエユ賞(‘13)、産経大阪杯(‘14)、毎日杯(‘13) キズナ......続きを読む»

黄金の旅路は次世代へ、ステイゴールドよ永遠なれ

名種牡馬ステイゴールドが2015/02/05に種付け後に体調を崩しこの世を去りました。 ステイゴールド 戦績 50戦7勝 主な勝鞍 香港ヴァーズ(‘01)、ドバイSC(‘01)、日経新春杯(‘01)、目黒記念(‘00) 主戦 熊沢、武豊 ステイゴールドは父に大種牡馬サンデーサイレンスを持つ良血ということもあってメジロマックイーンなどを管理した名門・池江泰郎厩舎へ。クラシックでの活躍が期待されまし......続きを読む»

彼は横山典弘にダービーを勝たせる為に生まれてきた馬だ

1年前、札幌記念でシンガリに敗れた彼を、私は「彼をダービー馬と呼ぶ時は次に勝利したときか、引退した時」といいました。そしてついに、その時が来ました。「諦めの悪い世代」のダービー馬がその競走馬生活に幕を引きます。 ロジユニヴァース 通算成績 10戦5勝 主戦騎手 横山典弘 主な勝鞍 東京優駿(‘09)、弥生賞(‘09)、ラジオNIKKEI杯2歳S(‘08)、札幌2歳S(‘08) ダービー馬はダービ......続きを読む»

2012年メモリアルホースシリーズ一覧

2012年に記事にさせていただいたメモリアルシリーズの一覧です。 メモリアルホースシリーズ2012 ・フェブラリーS(2009年:サクセスブロッケン(内田博)) フェブラリーSメモリアル~いざ、世代交代の時~ ・高松宮記念(2004年:サニングデール(福永)) 高松宮記念メモリアル~風が吹く、それは中京の風、それは勝利の風~ ・桜花賞(1990年:アグネスフローラ(河内)) ......続きを読む»

有馬記念メモリアル~覇王の讃歌~

こんにちは、今週はいよいよ中央競馬のオーラス・有馬記念。3冠馬2頭は不在も素晴らしいメンバーが集まりました。そんな有馬記念のメモリアル。悩みました今年も。しかし有馬記念は「夢」のレース。好きな馬を選ぼうということで、今回はこの馬「世紀末覇王」テイエムオペラオーです。意外でしたか?テイエムオペラオーは2度目の選出となりますので、特に2000年の有馬記念に絞ってみたいと思います。 テイエムオペラオ......続きを読む»

朝日杯FSメモリアル~61馬身の伝説、語り継ごうお前の強さを~

こんにちは、今週は朝日杯FS。今年はクラシック有力馬も登場予定。果たして久々の怪物誕生となるでしょうか?さて、そんな朝日杯のメモリアルホースに選択したのは「スーパーカー」マルゼンスキーです。 マルゼンスキー 戦績 8戦8勝 主な勝鞍 朝日杯3歳S('76)、府中3歳S('76)、日本短波賞('77)、短距離S('77) 主戦 中野渡 競走馬には適性があります。短距離、長距離、芝、ダ......続きを読む»

阪神JFメモリアル~オープンマイハート!年に一度の夢フェス~

JCダート、現地にトランセンドの応援に行ってきましたが。あの並んだが最後絶対に抜かせなかった、驚異的な2枚腰を誇ったトランセンドが4角で下がっていく姿。もう悔しいを通り越して悲しくなっていました・・・。いや、その話はまた今度にしましょう。 さて、メモリアルホースシリーズ。ジャパンCダートはパスしてしまい申し訳なかったです。今回はセレクトするのはタイトルで分かったでしょう。「戦うヒロイン」テイエ......続きを読む»

ジャパンカップメモリアル~皇帝~

こんにちは、メモリアルホースシリーズの時間です。今週はジャパンC。史上初の牡牝3冠馬対決、さらに凱旋門賞馬、復活なったダービー馬も参戦するとビックレースになりそうです。ゴールドシップ、トレイルブレイザーは不在も、最強馬決定戦にふさわしレースとなれば、おそれながらこの馬を選択させてください。今回のメモリアルホースは「皇帝」シンボリルドルフです。ちと長めなのでご配慮ください。 シンボリルドルフ ......続きを読む»

マイルCSメモリアル~たとえその血は残せなくても~

こんにちは、メモリアルホースシリーズの時間です。今週は秋のマイル王決定戦マイルCSです。タイトルで分かった方も多いのでは?今回選択したのは「皇帝・帝王の系譜」トウカイポイントです。 トウカイポイント 戦績 37戦7勝 主な勝鞍 マイルCS('02)、中山記念('02) 主戦 蛯名、岡部、小林淳 トウカイポイントは父にスターホースでもあったトウカイテイオー、母父にリアルシャダイといっ......続きを読む»

エリザベス女王杯メモリアル~天然系がんばり少女、ほんとの君はいつの君?~

こんにちは、JBCに行ってまいりました。トランセンドは残念でしたが、JBCデイは存分に楽しめたのでよかったです。来年は金沢での開催。時間をとってぜひ行きたいですね。 では更新が遅れましたがメモリアルホースシリーズです。今週は牝馬最強決定戦エリザベス女王杯。残念ながら雪の妖精と3冠牝馬の参戦はありませんが、楽しみなメンバーが揃いそうです。 さて、ここ最近のメモリアルホースシリーズでピックア......続きを読む»

天皇賞秋メモリアル~神様に選ばれた勝利者~

菊花賞など、今年の3歳戦線の回顧は別の機会にするとしても、今年の3歳は各路線で粒ぞろいですね。でも記事は、メモリアルホースシリーズです。 今週は古馬最高峰のレース天皇賞秋。マイラーから長距離まで一流馬たちが一堂に会します。そんな天皇賞秋メモリアルに今回選出したのは「神様に選ばれた馬」ヘヴンリーロマンスです。 ヘヴンリーロマンス 戦績 33戦8勝 主な勝鞍 天皇賞秋('05)、札幌記念......続きを読む»

菊花賞メモリアル~淀に吹いた黒き疾風、今なお続く菊の系譜~

こんにちは、ジェンティルドンナとヴェルシーナの叩き合い、見ごたえがありましたね。ヴェルシーナが差し返しに行ったときは鳥肌ものでしたが、2冠牝馬の意地を見せて最後まで抜かせなかったジェンティルドンナはすごい。次走はエリザベスかJCかわかりませんが、JCとなれば史上初となる牡牝3冠馬対決実現となります。ただ、岩田騎手はディープブリランテ次第で、川田騎手になるかもしれないですが・・・どちらにせよがんばって......続きを読む»

秋華賞メモリアル~ナンバー2の悲劇を乗り越えて~

こんにちは、当ブログのメイン企画としてお世話になっているメモリアルホースシリーズの時間です。毎回文末でも謳っていますが、当該馬、当該レースに対する思い出や意見等あればどしどしお寄せください。モチベーションアップにもなってますのでよろしくお願いします。 今週は牝馬3冠戦線最終戦となる秋華賞。3冠をかけてジェンティルドンナが登場します。さて、今年の牝馬路線のようにクラシック戦線でとてつもなく強い馬......続きを読む»

スプリンターズSメモリアル~日本競馬史上最大級の番狂わせ、『空気読めよ』とかいわないで~

秋になってますますパワーアップはしていない自己条件でこつこつのメモリアルホースシリーズです。今週は秋の最速馬決定戦となるスプリンターズSです。いきなり意表をついたセレクトかもしれません。今回お送りする主役は『不屈の戦艦』ダイタクヤマトです。 ダイタクヤマト 戦績 40戦10勝 主な勝鞍 スプリンターズS('00)、スワンS('00)、阪急杯('01) 主戦 江田、高橋亮 (※特に指......続きを読む»

メモリアルホースシリーズの秋に向けたまとめ

こんばんは、秋シーズンへの備忘録と利便性の観点からメモリアルシリーズをまとめました。すでにディープとグラスがかぶっているんですが、できるだけかぶらないようにしたいので。 ◎2012年 ・グラスワンダー(1999) 宝塚記念メモリアル(前編)~それはわずか2度の戦いで伝説になった、「栗毛の怪物」VS「SSの最高傑作」~ 宝塚記念メモリアル(後編)~それはわずか2度の戦いで伝説になった、「栗......続きを読む»

宝塚記念メモリアル(後編)~それはわずか2度の戦いで伝説になった、「栗毛の怪物」VS「SSの最高傑作」~

こんにちは、いよいよ春のG1シリーズの最後を飾る「春のグランプリ」宝塚記念まで1週間を切りました。今回は先週の続き、グラスワンダーメモリアルの後編です。後編の今回はスペシャルウィークと2度目の対戦となった「冬のグランプリ」有馬記念について回顧してみましょう。 前編はこちらから↓ 宝塚記念メモリアル(前編)~それはわずか2度の戦いで伝説になった、「栗毛の怪物」VS「SSの最高傑作」~ グ......続きを読む»

宝塚記念メモリアル(前編)~それはわずか2度の戦いで伝説になった、「栗毛の怪物」VS「SSの最高傑作」~

いよいよ春のG1シリーズの最後を飾る「春のグランプリ」宝塚記念まで2週間を切り、特別登録馬も発表されましたね。今年も好メンバーがそろい本当に楽しみです。 さて、当ブログメイン企画でもあるメモリアルホースシリーズ。やはり、あのプロモCMを見てしまったらこの馬にせざるを得ません。宝塚記念のメモリアルホースは『栗毛の怪物』グラスワンダーです。2度目の選出ということで、今回は『SSの最高傑作』スペシャ......続きを読む»

安田記念メモリアル~起こるべくして起きた大波乱、主役の彼はモダンなベテラン~

こんにちは、8週間にわたって続いたG1シリーズも、宝塚記念はありますが、とりあえず今週の安田記念で一段落。そんな安田記念のメモリアルホースですが、まさかこの馬にするとは誰が予想したのか?いや、いまい。なんたって自分でもこの馬にするとは思わなかったのだから。メモリアルホースシリーズの主役は「モダンなベテラン」ショウワモダンです。 ショウワモダン 戦績 47戦10勝 主な勝鞍 安田記念('10......続きを読む»

1 3 4

ブロガープロフィール

profile-icon7doraemons

競馬とサッカーを中心に
スポーツ全般好き。
好きな競走馬はトランセンド
応援チームはアルビレックス新潟、横浜DeNAベイスターズ。
記事に対するコメント歓迎です。
  • 昨日のページビュー:268
  • 累計のページビュー:10338139

(08月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念(2016)、各馬短評
  2. ルージュバックが「もうヤダ」と苦しがってしまった、桜花賞回顧
  3. 日本ダービー(2016)、各馬短評
  4. 天皇賞秋(2016)、各馬短評
  5. 天皇賞春、各馬短評
  6. シゲルスダチが印象的だった、NHKマイルC回顧
  7. 彼は横山典弘にダービーを勝たせる為に生まれてきた馬だ
  8. 桜花賞、各馬短評
  9. 皐月賞、各馬短評
  10. マイルCS(2016)、各馬短評

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
11
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss