レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~

各馬短評2016

有馬記念(2016)、各馬短評

今年の競馬もついにオーラス。最後を飾るのはもちろん暮れの風物詩・有馬記念。世界で一番馬券が売れる国民的行事でもあります。今年も素晴らしいメンバーが揃いました。それでは見ていきましょう。 ◎1-1 キタサンブラック 牡4 57kg 武豊 昨年の菊花賞に続き今年は天皇賞春、ジャパンCとG1・3勝の優駿。これまでは勝っても負けても僅差だった馬が前走ジャパンCでは2着以下を2馬身半突き放す圧勝とレースの度......続きを読む»

チャンピオンズC(2016)、各馬短評

今週は砂の王者決定戦チャンピオンズC。長年ダート界を牽引してきたホッコータルマエの直前の引退表明、そしてタガノトネールの悲しい出来事がありました。この晴れ舞台に上がれなかった馬たちの分まで、出走馬には頑張ってほしいと思います。それでは各馬短評行ってみましょう。 ◎1-1 カフジテイク 牡4 57kg 津村 武蔵野Sを強烈な末脚で3着と善戦した当馬。その前のOP特別では強豪キングズガードを完封したよ......続きを読む»

ジャパンC(2016)、各馬短評

今週は古馬中距離戦線の大一番、ジャパンCです。天皇賞秋から挑む馬、有馬記念へ向かう馬がちょうどここでぶつかり層の厚いレースになってきました。国内最高賞金額を誇るレースでどの陣営も意欲十分でここへ挑んでくることでしょう。それではおなじみの各馬見解いってみましょう。 ◎1-1 キタサンブラック 牡4 57kg 武豊 今年の春の天皇賞馬。宝塚記念も先行馬全滅のハイペースで逃げ粘り3着に残った。さしたる逃......続きを読む»

マイルCS(2016)、各馬短評

今週はマイルCS。マイル王・モーリス、安田記念の覇者ロゴタイプが不在で混戦模様のメンバーとなりました。果たして新たなマイル王の座に就くのはどの馬なのでしょうか? ◎1-1 ディサイファ 牡7 57kg 武豊 長年トップクラスでの活躍を続けていて既にベテランの域だが、今年のAJCCを制すなど、全く衰えを見せていない。安田記念で初めてとなったマイルでも難なく適用していたように、年月を重ねるにつれ距離適......続きを読む»

エリザベス女王杯(2016)、各馬短評

JBC競走はありましたが中央のG1は今週から年末まで続きます。今週はエリザベス女王杯、3歳馬の参戦が少なくさびしいメンバーになってしまいましたが、いつも通り個人見解を載せていきましょう。 ◎1-1 ミッキークイーン 牝4 56kg 浜中 昨年3歳牝馬路線2冠馬。6か月ぶりの戦線復帰はG1の舞台となった。休み明けでも力は出せるタイプだがこれまでは叩いてから本番を迎えてただけに、ぶっつけ本番がどう出る......続きを読む»

天皇賞秋(2016)、各馬短評

今週は秋の古馬中距離戦線のG1開幕戦、伝統の天皇賞秋です。残念ながらフルゲート割れになってしまいましたが世界ランキング2位と7位が登場し、昨年の覇者、G1・3勝馬と質の高いメンバーが揃いました。それでは各馬見ていきましょう。 ◎1-1 エイシンヒカリ 牡5 58kg 武豊 世界ナンバー2の日本が誇る超特急。プリンスオブウェールズの敗因が不可解だが、イスパーン賞を見れば現役最強レベルなのは疑う余地は......続きを読む»

菊花賞(2016)、各馬短評

今週は秋の3歳クラシックの掉尾を飾る菊花賞。このレースを最後に3歳限定戦は幕を閉じ古馬との戦いが始まります。皐月賞、ダービーと同じ馬が上位5頭を占めた今年のクラシック戦線、マカヒキは海を渡り、リオンディーズは無念の戦線離脱となってしまいましたが、夏を越えて一層たくましくなった牡たちが最後の一冠をかけて淀3000Mに挑みます。それでは各馬短評行ってみましょう。 ◎1-1 カフジプリンス 牡3 57k......続きを読む»

秋華賞(2016)、各馬短評

今週は秋の3歳牝馬の頂点を決める秋華賞。NHKマイルCの覇者メジャーエンブレム、オークス2着のチェッキーノ、さらに直前にオークス馬シンハライトまでも戦線を離脱し一気に混戦ムードとなりました。それでは各馬の個人見解です。 ◎1-1 エンジェルフェイス 牝3 55kg 浜中 フラワーCで鮮やかな逃げ切りを決めオークスでも上位人気の推されたが惨敗、休み明けの紫苑Sも2ケタ着順に終わってしまった。距離が長......続きを読む»

スプリンターズS(2016)、各馬短評

今週は秋のG1開幕戦スプリンターズSです。日本が誇るスプリント王サクラバクシンオーが晩年に残した最速の優駿が、絶対王者としての地位を築くのか。はたまた逆転があるのでしょうか?それでは見ていきましょう。 ◎1-1 ビッグアーサー 牡5 57kg 福永 今春の高松宮記念を制した新たなスプリント王。前走は初めて逃げる競馬をして他馬が競りかけられない強い内容。元々高速決着歓迎のタイプだし競馬の幅が広がった......続きを読む»

アイビスサマーダッシュ(2016)、各馬短評

今週から新潟、小倉、札幌に舞台を移し夏競馬も中盤戦を迎えます。そんな私の地元新潟のオープニングを飾るのはおなじみアイビスサマーダッシュ。スピード自慢の馬が覇を競います。せっかくの地元名物レースなので久しぶりに短評を。 ◎1-1 ヤマニンプチガトー 牝7 54kg 村田 近走は後方からの競馬が続いているが、前走函館SSでは上がり最速を繰り出すなど走っていないわけではない。ただ、結果が出てた時期は先行......続きを読む»

宝塚記念(2016)、各馬短評

早いもので今年も半分が過ぎようとしています。そんな上半期の中央競馬を締めくくるのは夏のグランプリ宝塚記念です。時期的なものも相まって回避馬も少なからずありましたが楽しみなメンバーが揃いました。それでは1頭ずつ毎度おなじみになってきている各馬短評を個人的な見解でお送りしたいと思います。 ◎1-1 フェイムゲーム 牡6 58kg 柴山 ダイヤモンドS連覇もある現役屈指の長距離砲。前走のように緩まない展......続きを読む»

安田記念(2016)、各馬短評

ダービーも終わり、今週から新馬戦が始まります。私の大好きなトランセンドの産駒も今年デビューですし、活躍してくれるとうれしいですね。 さてダービーの余韻も冷めやらぬ中、春のマイル王決定戦安田記念です。最強マイラー・モーリスの参戦により回避馬続出でフルゲート割れになってしまった今年の安田記念。はたしてジャイアントキリングは起こるのでしょうか? ◎1-1 クラレント 牡7 58kg 小牧 いまだ衰えない......続きを読む»

日本ダービー(2016)、各馬短評

さあ今週は競馬の祭典、東京優駿日本ダービーです。レースごとに目まぐるしく一番馬が変わり少なからず離脱はあったもののまさしくハイレベルの様相を呈している今年のダービー。皐月賞から大きな離脱もなく、みんな元気にダービーへとコマを進めてきました。豪華メンバーにふさわしい最高のレースを見せてほしいと思います。 枠番-馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 ◎1-1 ディーマジェスティ 牡3 57kg 蛯名 堂々主役......続きを読む»

オークス(2016)、各馬短評

今週は世代No.1牝馬決定戦優駿牝馬オークスです。3歳戦は各馬の特性がまだはっきり見えないことが多いので省いてきましたが、オークスとダービーはプレビュー記事を書いていこうかなと思います。それでは各馬の見解です。 枠番-馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 ◎1-1 フロムマイハート 牝3 55kg 石橋脩 スイートピーS2着でオークスの優先出走権を手にした。好走はするものの掲示板までの戦いが続いていた中で......続きを読む»

ヴィクトリアマイル(2016)、各馬短評

性懲りもなく今回も各馬プレビューということでつらつらと書いていきたいと思います。例によってガッツリ個人的な感想・意見を交えてお送りしたいと思います。 枠番-馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 ◎1-1 ウインプリメーラ 牝6 55kg 川田 明け6歳ながら今年に入って京都金杯を制し、前走阪神牝馬Sでも強敵を相手に3着と健闘をみせ絶好調。どんな展開でも崩れないタイプでG1とはいえ牝馬同士のレースとなれば今......続きを読む»

天皇賞春(2016)、各馬短評

おなじみになってきたG1レースの各馬短評。楽しみな18頭が揃い、ゴールドアクターをめぐる春の盾の戦いはどうなるのでしょうか?今回もガッツリ個人的な感想・意見を交えてお送りしたいと思います。 枠番-馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 ◎1-1 キタサンブラック 牡4 58kg 武豊 母父サクラバクシンオーながら菊花賞を制し、有馬記念でも想定外の逃げる展開になるもマリアライトを差し返して3着と実力を見せた。......続きを読む»

高松宮記念(2016)、各馬短評

今週は春の短距離王決定戦・高松宮記念です。前日の深夜にはドバイ中継もあり、競馬ファンには忙しい週末になりますね。それでは高松宮記念の個人的な各馬の短評と見解を書いていきたいと思います。 枠番-馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 ◎1-1 ブラヴィッシモ 牡4 57kg 横山典 素質を評価されてきた若駒が才能を見せつける。回避馬もあり繰り上がり出走となった当馬だが、初の重賞挑戦となった前走阪急杯でもミッキ......続きを読む»

フェブラリーS(2016)、各馬短評

早くも今年最初のG1・フェブラリーSが今週末に開催されます。個人的な各馬の短評と見解を書いていきたいと思います。 枠番-馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 ◎1-1 パッションダンス 牡8 57Kg 三浦 昨年の新潟記念の覇者がダート戦線へ殴り込み。8歳ではあるがここまでわずか18戦しか消化しておらず馬は若い。ただ、前走川崎記念では大敗。中央のダート変わりが好転する可能性もなくはないが、このメンバーに入......続きを読む»

チャンピオンズC(2015)、各馬短評

久しぶりに回顧記事以外を書いてみます。 チャンピオンズCの予想というか、私なりの各馬の見解を書いていこうかなと思います。 枠番-馬番 馬名 斤量 騎手 ◎1-1 ノンコノユメ 56Kg ルメール  ダート界に現れた超新星。前走武蔵野Sでは58キロの影響か本来の切れ味は発揮できなかったがそれでも勝ったところにこの馬のすごさが見て取れる。追い込み不発は想像しにくい。唯一の懸念点は2強との対戦が初めてと......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icon7doraemons

競馬とサッカーを中心に
スポーツ全般好き。
好きな競走馬はトランセンド
応援チームはアルビレックス新潟、横浜DeNAベイスターズ。
記事に対するコメント歓迎です。
  • 昨日のページビュー:316
  • 累計のページビュー:10276793

(06月28日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念(2016)、各馬短評
  2. ルージュバックが「もうヤダ」と苦しがってしまった、桜花賞回顧
  3. 日本ダービー(2016)、各馬短評
  4. 天皇賞秋(2016)、各馬短評
  5. 天皇賞春、各馬短評
  6. シゲルスダチが印象的だった、NHKマイルC回顧
  7. 彼は横山典弘にダービーを勝たせる為に生まれてきた馬だ
  8. 桜花賞、各馬短評
  9. 皐月賞、各馬短評
  10. マイルCS(2016)、各馬短評

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
11
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss