レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~

野球

永遠番長

三浦大輔投手の現役最終登板の試合を観戦させていただくことができました。 球場周辺は三浦選手一色。 入場門からのぼりに至るまですべて三浦選手。 三浦選手の投球、三浦選手のストライク一球一球に攻撃より大きな歓声がスタンドから沸きます。ピンチ、3ボール、点を失うなど、あらゆるシーンで三浦コールが球場全体を覆いました。 しかし、ヤクルトさんも容赦なく三浦選手に襲い掛かります。 6回を投げ終わり1......続きを読む»

「NPB最後のスター選手」がついに?高橋由伸監督報道に思う

最初に断わっておきますが私は横浜ファンです。 自他ともに認める超プラス思考なのでラミレス監督就任にも肯定的です。若松さんや原さんなどいい監督と共に優勝を経験していることもあるのでどんな采配をしてくれるのか楽しみです。キャラクターの割に研究熱心だという話はよく聞くので意外と手堅い采配なのかなとも思いますが、いわゆる監督の色ともなる「勝負師の勘」にも注目しています。 さて、表題について。巨人の高橋由伸......続きを読む»

DeNA対巨人観戦記 IN 新潟

5/9に新潟でDeNA対巨人が行われました。その観戦記になります。 スタジアムDJの南さんも来てました。タヌキも一緒。 試合前練習で引き揚げてくる筒香選手、笑顔でリラックスしてました。 スタンドは外野席は五分五分といったところ、土地柄巨人ファンが多いのはわかってたのですが、予想よりも横浜の応援が多かったように思います。(飯塚君効果もあり?飯塚君が来年はこの舞台に立ってくれることを期待します......続きを読む»

敗者を咎めるより勝者を讃えられるようになりたい

日本、3連覇の夢散る。敗れた原因を見つける、分析する。それは大いに結構。大いにやるべきだと思います。 しかし、選手個人の不調を攻撃したりするのは卑怯。私は個人攻撃は大嫌い。 野球ではありませんがキャプテン翼のセリフにこんなのがあります。 「今のオウンゴールは、俺たち全員のオウンゴールだ。」 オウンゴールしてしまった選手だけが悪いのではない、奪われ方、攻められ方、ポジションどりそのいく......続きを読む»

【WBC】チームがひとつになる要因

競馬は好きだし、サッカーも好き、野球も好きと基本的にスポーツはやっていれば見るタイプな管理人。 さて、驚異的な粘りで勝ち進む日本チームは勝ちあがっていくごとにひとつになっていっているような気がします。 苦しんでひとつになるのって強豪チームにはよくあることだと思うんです。野球に限らずサッカーなら、たとえば2010年W杯で優勝したスペインも、優勝候補筆頭との評判で向かえた初戦を落としましたが......続きを読む»

引き際って何だろう?高津臣吾選手の引退に思う

ちょっと今さら感があるのですが、この話題を。 今年は日本プロ野球界から小久保選手、金本選手、石井琢選手ら名球界入りした選手が多く引退を表明しております(まだいらっしゃるかもしれません、忘れていたらすみません)。そんな中、2012/09/22、北陸の地域リーグで元ヤクルトの抑え高津臣吾投手が引退しました。試合の内容は後日以下のサイトで観戦しました。 新潟アルビレックスBC【公式】 on U......続きを読む»

松井秀喜選手の500号達成

アスレチックスの松井秀喜選手が日米通算500号本塁打を記録しました。 おめでとうございます。 すごいですね。巨人で4番を打ち、あのヤンキースでクリーンナップを任され、エンゼルスでも結果が出なかったとはいえ中軸、アスレチックスでも4番。特にヤンキースで4番を打つ日本人選手がこの先出てくるのでしょうか?もちろん出てこなければいけないのでしょうが、これだけでも凄いことが分かります。 昔は王選......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icon7doraemons

競馬とサッカーを中心に
スポーツ全般好き。
好きな競走馬はトランセンド
応援チームはアルビレックス新潟、横浜DeNAベイスターズ。
記事に対するコメント歓迎です。
  • 昨日のページビュー:509
  • 累計のページビュー:10971385

(12月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念(2016)、各馬短評
  2. ルージュバックが「もうヤダ」と苦しがってしまった、桜花賞回顧
  3. 日本ダービー(2016)、各馬短評
  4. 天皇賞秋(2016)、各馬短評
  5. 天皇賞春、各馬短評
  6. 彼は横山典弘にダービーを勝たせる為に生まれてきた馬だ
  7. シゲルスダチが印象的だった、NHKマイルC回顧
  8. 桜花賞、各馬短評
  9. 皐月賞、各馬短評
  10. 天皇賞秋、各馬短評

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
11
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss