レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~

ジャパンC、各馬短評

このエントリーをはてなブックマークに追加

今週は国内最強馬決定戦ジャパンC。極悪馬場で行われた天皇賞でしたが、意外と各馬のダメージ自体は少なかったそうです。馬の方も気をつけながら走ってるところもあるんでしょうね。しかしサトノアラジンが無理をしなかった分、レースをやめてしまう事を覚えてしまったそうで、本当に人の言葉を語らぬ馬との向き合いである競馬は難しいものだと痛感させられます。万全でレースに臨むことすら日々の積み重ねの賜物。全馬無事に走り切って、その上で熱いレースを見せてほしいです。

◎1-1 シュヴァルグラン 牡5 57kg ボウマン 今年の天皇賞春2着馬がこの1戦に賭ける。年明けから勝利こそないが、トップレベルでも差のない競馬を続けている当馬。ロングスパートとそれに耐えうる確かなスタミナを備えた堅実派だ。ただ、エンジンのかかりが遅いのは相変わらずで仕掛けるタイミングが難しく、乗り替わりの影響は気になるところ。とはいえ昨年3着の舞台だし、今回も自慢の末脚で上位進出・あわよくば逆転を目指す。

◎1-2 レイデオロ 牡3 55kg ルメール 今年のダービー馬が勇躍・古馬最高峰へ挑戦する。超スローペースを道中捲っていき勝ち切ったダービー、そして休み明けの神戸新聞杯は菊花賞馬キセキ以下を問題にしない完勝で進化を見せるなど、あらゆる面で完成度が高く、スタートが遅いことがあるくらいで弱点が少ない馬だ。もちろんキタサンブラックをはじめとする古馬トップクラスとの対決は楽ではないが、好枠・斤量差・ゆったりとしたローテーションと魅力満載。前評判が低かった今年の3歳牡馬だがこの秋存在感を見せているし、その大将格として堂々・頂点を狙う。

◎2-3 ギニョール 牡5 57kg ミナリク 海外馬の為、略

◎2-4 キタサンブラック 牡5 57kg 武豊 現役最強の6冠馬がジャパンC連覇を果たす。出遅れ、荒れた内側を押し上げる、早仕掛けの早め先頭と滅茶苦茶な競馬だったにも関わらず完勝とその力を改めて誇示して見せた天皇賞秋、もはやこの馬を讃える言葉も尽きてきた。東京2400Mは最も合っている舞台だと思うし、叩き良化型で前走からの上積みは確実。前回に引き続き強豪揃いだが、考えうる最高の枠を引いたしスタートをきちんと決めればあっけなく連覇達成のシーンもあるだろう。ラスト2戦、最強馬の走りをとくと見よ。

◎3-5 サウンズオブアース 牡6 57kg 田辺 最強の2勝馬が世界の舞台で大駆けを見せる。もはや説明不要の中距離界のミスター善戦マン。前走は10月としては異例の30度近い気温になり暑さに弱い当馬にとってはつらかったようで参考外といえるだろう。何よりジャパンC1本に絞ったローテーションだし、昨年2着のレースで実力が通用するのはみんな分かっている。勝利の女神が振り向いてくれることを願って渾身の末脚を放ちたい。

◎3-6 イキートス 牡5 57kg ボルク 海外馬の為、略

◎4-7 ディサイファ 牡8 57kg 柴山 天皇賞では強豪を相手に7着と大健闘の内容だったベテラン馬。得意な馬場状態になった、腹を括ったインベタ、直線でほとんどの馬が外に回さざるを得なかったと、全ての面がプラスに働いたようだ。翻って今回、全盛期ならともかく距離も長そうだし、今回は内をつくとごちゃついてしまう可能性が高い。勝ち負けまでは難しいだろうが、前走がきっかけになっていれば、そこまで悪い走りもしないだろう。根性の末脚で一つでも上の着順を目指す。

◎4-8 ソウルスターリング 牝3 53kg C.デムーロ 樫の女王が頂点に輝いた舞台で逆襲を誓う。強豪古馬との対戦となった近2走は経験・底力の差を見せつけられた内容になったが、それでも春は苦手に思えた馬場状態でも6着と踏ん張ったのは成長の証だろう。オークス馬とはいえこの相手となると気持ち距離は長い感じも良馬場でやれそうなのは確実にプラスだ。今度こそ3歳牝馬の戴冠へ確かな先行力と力強い抜け出しで真っ向勝負だ。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
各馬短評2017
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

世代の権威、ダービー馬の誇り【137のブログ@スポナビ+】

叩き2戦目・乗り慣れた鞍上・手ごろな頭数【競馬はいろいろ難しい】

【重賞ポイントチェック】ローテーション別出走馬分析【hanakota_horse_club】

ブロガープロフィール

profile-icon7doraemons

競馬とサッカーを中心に
スポーツ全般好き。
好きな競走馬はトランセンド
応援チームはアルビレックス新潟、横浜DeNAベイスターズ。
記事に対するコメント歓迎です。
  • 昨日のページビュー:1439
  • 累計のページビュー:10967382

(12月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念(2016)、各馬短評
  2. ルージュバックが「もうヤダ」と苦しがってしまった、桜花賞回顧
  3. 日本ダービー(2016)、各馬短評
  4. 天皇賞秋(2016)、各馬短評
  5. 天皇賞春、各馬短評
  6. 彼は横山典弘にダービーを勝たせる為に生まれてきた馬だ
  7. シゲルスダチが印象的だった、NHKマイルC回顧
  8. 桜花賞、各馬短評
  9. 皐月賞、各馬短評
  10. 天皇賞秋、各馬短評

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
11
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss