レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~

マイルCS、各馬短評

このエントリーをはてなブックマークに追加

今週は秋のマイル王決定戦・マイルCS。春はサトノアラジンが勝利しましたが、中心と言える存在が不在の群雄割拠。春秋連覇を狙う馬、悲願達成を狙う馬、久々の美酒に酔いたい馬、それぞれにチャンスがありそうな一戦です。それでは相変わらずの独断と偏見に満ち溢れた各馬解説をどうぞ。

◎1-1 ブラックムーン 牡5 57kg アッゼニ 今年の中京記念で一番人気に押された素質馬。そのレースは3着に終わったが、末脚の威力を存分に発揮した内容だった。場合によっては32秒台の脚を使えるほどキレる馬だが、現状はそれしか武器がないので、このメンバー相手だとよほど展開がはまらないと厳しいだろう。とはいえはまった時の破壊力は抜群だし、大外一気が決まることを信じてじっくりと脚を溜めたい。

◎1-2 アメリカズカップ 牡3 56kg 松山 今年のきさらぎ賞の勝ち馬が京都マイルで頂点を目指す。きさらぎ賞以降は結果が出なかったが距離やコース適性よりは身体が小さく、輸送の影響が大きかった可能性がある。リフレッシュした前走は降りしきる雨の中、圧巻のぶっちぎり。きさらぎ賞でもそうだったが雨の適性は相当に高い。単純なスピード比べでは見劣るだろうが、いい枠を引いたし、土曜日の雨の影響が残るのであれば一発もあり得る存在だ。

◎2-3 ヤングマンパワー 牡5 57kg 石橋 今年も安定感のあるレースを続けるマイル重賞の常連。確かな先行力から粘りこむレースぶりは健在だ。しかし、ロゴタイプ以外先行勢全滅の安田記念をはじめ、なぜかG1になると凡走が続いているのは気になるところで現状G3までの馬という印象は受ける。今回も勝ち負けまでは難しいだろうが、一つでも上の着順を目指したい。

◎2-4 サングレーザー 牡3 56kg 福永 怒涛の4連勝でG1に挑む大器。2歳のころから素質の高さは見せていたが、かなり掛っていく馬で鐙が外れて暴走したレースを覚えている方も多いことだろう。しかし、クラシックをあきらめ競馬を教えてきた成果がでてきて、前走ではなんと苦手だった重馬場も克服してしまった。とはいえあくまで「こなした」に過ぎす、スピードや切れ味を要求される馬場の方が合っているのは間違いない。期待の若駒が混沌のマイル界に新風を吹き込むか、注目だ。

◎3-5 サトノアラジン 牡6 57kg 川田 今年の春のマイル王に輝いた驚異の末脚自慢。千四までのイメージだったが、安田記念、毎日王冠と折り合い面でも成長を見せているし、得意の京都でマイルに戻るとなれば前進は必至だろう。が、とにもかくにも問題は雨。前走などパドックで雨に降られた瞬間テンションが落ちたというほどの超雨嫌い。濡れてさえいなければ多少馬場が悪くてもこなしてくれるだろうが、天気がすべて。お天道様に快晴を祈り、春秋連覇だ。

◎3-6 ダノンメジャー 牡5 57kg 北村友 前々走の小倉日経OPを勝利するなど、平坦中距離を得意とする印象のあった当馬。だが、前走スワンSは着順こそ5着だが、前半促しつつもしっかり2番手で追走できていたように収穫のあるレースだった。さすがに忙しかったのか最後は踏ん張れなかったが、今回はマイルになるのでポジションをとるのも幾分楽になるだろう。さすがに勝ち負けまではどうかと思うが、京都は得意だし掲示板くらいはあるかもしれない。

◎4-7 レッドファルクス 牡6 57kg C.デムーロ スプリンターズS連覇の短距離王がマイル界も制圧する。前走のスプリンターズSは完璧な競馬をしたレッツゴードンキを瞬く間に差し切る圧巻の内容。決して楽な展開ではなかったにもかかわらずの勝利で、現在のスプリンターの中では突出した存在と言っていいだろう。マイルの距離はギリギリかもしれないが、このレベルの馬だから能力で乗り越えてしまう可能性は高い。自慢の末脚でマイルの強豪を一蹴だ。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
各馬短評2017
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

前回馬券圏内率70%オーバーの【ペケマル指数】1位、さ~て、今回は!?※追記アリ※【【競馬まとめ!ペケマル】編集長のblog】

2017 11月第2週2歳新馬戦など レース回顧【ホースレース・ロマネスク】

マイルチャンピオンシップ雑感【直感的競馬】

ブロガープロフィール

profile-icon7doraemons

競馬とサッカーを中心に
スポーツ全般好き。
好きな競走馬はトランセンド
応援チームはアルビレックス新潟、横浜DeNAベイスターズ。
記事に対するコメント歓迎です。
  • 昨日のページビュー:442
  • 累計のページビュー:10964220

(12月09日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念(2016)、各馬短評
  2. ルージュバックが「もうヤダ」と苦しがってしまった、桜花賞回顧
  3. 日本ダービー(2016)、各馬短評
  4. 天皇賞秋(2016)、各馬短評
  5. 天皇賞春、各馬短評
  6. 彼は横山典弘にダービーを勝たせる為に生まれてきた馬だ
  7. シゲルスダチが印象的だった、NHKマイルC回顧
  8. 桜花賞、各馬短評
  9. 皐月賞、各馬短評
  10. 天皇賞秋、各馬短評

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
11
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月09日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss