レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~

菊花賞、各馬短評

このエントリーをはてなブックマークに追加

今週は3歳クラシック掉尾を飾る菊花賞。今週に入って雨続きで週末もあまり天気よくありません。良馬場を見込むのは酷な状況となっており、よりいっそう過酷な今年の淀3000M。今年はダービーの1~3着馬が不在の中、先頭で走り切るのは果たしてどの馬なのでしょうか?

◎1-1 ブレスジャーニー 牡3 57kg 柴田善 2歳時に3連勝で東スポ杯を制し、ダービー最有力と目された逸材がいよいよ戦線に復帰してくる。しかしいくら実力馬でも故障明け初戦で菊花賞はあまりにも厳しい条件。さすがに陣営も慎重な姿勢で回って来るだけになってもおかしくはない。だが、1年たっているので単純な比較はできないが、皐月賞3着のダンビュライト、ダービー2着のスワーヴリチャードを下しているし能力は最上位。距離はともかく馬場悪化はむしろ歓迎なタイプだ。再び旅路につく当馬に約1年ぶりの祝福がもたらされるか、注目だ。

◎1-2 ウインガナドル 牡3 57kg 津村 古馬相手の新潟記念で4着と健闘した逃げ馬。その前のラジオNIIKEI賞も逃げ粘っての2着と戦法がはっきりしていて内枠の今回は多少強引でも先手を奪いに行くだろう。と、いうのもこの馬はスタートも二の脚も別段早いわけではなく割と動かしていく必要がある馬で、ゆくゆくは先行タイプにシフトチェンジすると思うが、今回に限っては何が何でも先手だろう。それで1周目の下りからホームストレッチにかけて折り合えるかの心配はあるものの、強豪古馬との対戦経験を活かし、上位進出を狙う。

◎2-3 スティッフェリオ 牡3 57kg 松若 セントライト記念は4着と惜しくも権利獲得はならなかったが、1/6の抽選突破で大舞台へ進むことができた。前走は絶対に権利をとらなければいけない立場だったのでペースが遅くなりそうな組み合わせを見越しての勝負の先行策だったが、本来は中団から脚を繰り出す正統派。それでも有力馬たちと現時点での力の差はありそうだが、枠もいいし息をひそめて上位をうかがいたい。

◎2-4 クリンチャー 牡3 57kg 藤岡佑 4着に頑張った皐月賞。続くダービーも期待されたが、序盤のポジション争いに敗れその時点で勝負ありとなってしまった。スタートや二の脚の速さで先手を奪うタイプではないので内枠が逆に災いしてしまったようだ。セントライト記念も中途半端な競馬になってしまい完敗だったが、3角から進出していく脚はよかったし叩いて良化しているだろう。なんとなく馬の気分を優先した方がいいタイプの気がするので今回も内枠がカギだ。バラけやすい菊花賞だし、皐月賞の走りができれば上位進出も見えてくる。

◎3-5 トリコロールブルー 牡3 57kg 戸崎 期待の素質馬が夏の北海道から菊の舞台へ。元々期待は高かった当馬だが春のクラシックには参戦することができず、自己条件を勝利して十分な間隔をあけての参戦。春の時点では差を感じたクラシック上位組とどれだけ差を詰めているのかがポイントだ。よく言えば何でもできる馬、悪く言えば大きな武器がない相手なりのタイプ。勝ち切るとなると展開の助けはいりそうだが、何とか上位を脅かして見せたい。

◎3-6 マイネルヴンシュ 牡3 57kg 柴田大 中山2500M戦を勝利して、菊の舞台に乗り込んできた。前走を見ればわかるが決して早くないペースなのに終始気合をつけながらの追走するなど相当ズブい馬。それでも最後まで伸びきるあたりスタミナもあるのだろう。馬場状態もあうだろうし、3000Mはアドバンテージになりえるがやはりこの中に入ると単純に格落ちに思う。豊富なスタミナが活きる展開になれば掲示板くらいはあるかもしれない。

◎4-7 アダムバローズ 牡3 57kg 池添 神戸新聞杯は10着だったが、早めに来られたし骨折明け初戦と思えば上々だろう。スタート自体は普通だが二の脚が速く、今回のメンバーでも逃げようと思えば逃げられるだろう。まあ逃げ一辺倒の馬というわけでもなく番手からの競馬もこなしてくれるので、ウインガナドルを行かせての2番手が濃厚か。切れる脚はないので2頭で後続に足を使わせる展開に持ち込みたい。勝つまでは難しいだろうが、不気味な存在だ。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
各馬短評2017
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「菊花賞、各馬短評」へのコメント

コメントありがとうございます。

物凄い豪雨でしたが今のところ故障した馬もいなさそうで一安心です。クリンチャーとポポカテペトルの馬券をもっていたのでぐぬぬって感じでした。

グレーターロンドン、天皇賞に出られてよかった。さらなる前進を期待したいですね。

菊花賞、各馬短評

こんばんわ!
私はひと夏を越して成長したと思ったトリコロールブルーから買いましたが。。。キセキは出遅れに悪馬場もものともせず凄いお馬さんですね!来週の天皇賞が楽しみです。。。Gロンドンから!

こんな記事も読みたい

【重賞展望】第78回菊花賞② 前走データを中心に。【人生は競馬と共に】

今週はウインでの出資馬の動きが活発です【競馬はいろいろ難しい】

菊花賞 プラチナヴォイス 日陰のシンデレラ【137のブログ@スポナビ+】

ブロガープロフィール

profile-icon7doraemons

競馬とサッカーを中心に
スポーツ全般好き。
好きな競走馬はトランセンド
応援チームはアルビレックス新潟、横浜DeNAベイスターズ。
記事に対するコメント歓迎です。
  • 昨日のページビュー:247
  • 累計のページビュー:10873940

(11月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念(2016)、各馬短評
  2. ルージュバックが「もうヤダ」と苦しがってしまった、桜花賞回顧
  3. 日本ダービー(2016)、各馬短評
  4. 天皇賞秋(2016)、各馬短評
  5. 天皇賞春、各馬短評
  6. 彼は横山典弘にダービーを勝たせる為に生まれてきた馬だ
  7. シゲルスダチが印象的だった、NHKマイルC回顧
  8. 桜花賞、各馬短評
  9. 皐月賞、各馬短評
  10. 天皇賞秋、各馬短評

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
11
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss