レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~

アイビスサマーダッシュ、各馬短評

このエントリーをはてなブックマークに追加

今週から舞台を新潟、小倉、札幌に移し夏競馬も中盤戦。新潟の開幕はもちろん新潟名物・直線1000Mの究極のスピードレース・アイビスサマーダッシュです。スピードが出やすい新潟コース、しかも直線という舞台ですが意外にもスピード一辺倒では乗り切れず最後にひと踏ん張りするパワーも要求されます。その辺がダートをこなすようなパワータイプも好走する要因でしょう。それでは各馬見ていきます。

◎1-1 ナリタスターワン 牝5 56kg 柴田善 芝とダートの二刀流が重賞初制覇を目指して越後の舞台へ。CBC賞は低評価を覆して6着に健闘し、重賞でも十分戦えることを証明した。直線競馬は初めてになるが、ダート馬が適性を持つことも多い舞台なのでこなせる可能性は高い。試練の1枠だが、父ショウナンカンプの血が騒ぐ舞台。栄冠へ一直線だ。

◎1-2 ブライトチェリー 牝7 54kg 柴田大 2年連続での参戦となる千直巧者。なのだが単純なスピード勝負だと分が悪く、近走は直線競馬でも入着が精いっぱいの状況が続いているし、このメンバーに混じると勝ち負けは難しいと言わざるを得ない。今週天気が悪かったので、少しでも雨の影響が残っていてほしいところだろう。

◎2-3 ブレイズエターナル 牡7 56kg 北村友 長らく「1600万条件の安定株」の印象だった当馬だが、2走前の駿風Sで末脚を炸裂させて快勝。OP入りを果たした。続く韋駄天Sは6着に敗れたもののその末脚には見どころがあったので、舞台設定は間違いなくあうのだろう。ただし、駿風Sはうまく前が空いたしすべてが上手くいった感がある。この舞台はたとえ前がやりあってもそのまま最後までもってしまうので展開が向いたとしても勝ちきるまではどうだろうか?前が空くことを祈り末脚を研ぐ。

◎2-4 ラインスピリット 牡6 56kg 岩田 一時期スランプに陥っていた実績馬が重賞初制覇を目指し千直に参戦する。昨秋のルミエールOHでは新潟最終週かつトップハンデ57キロながら54秒9の時計で完勝して舞台への適性を発揮した。もまれ弱い馬なのでノビノビと走れる直線競馬があっていたのだろう。さらにいえば開幕週ならばプレッシャーがない内枠がプラスに働くかもしれない。だが気になるのは天気と馬場状態。道悪はド下手というかもはや雨が落ちただけでテンションが下がるレベルの馬なので、ぜひとも晴れかつ良馬場でやりたい。

◎3-5 アースエンジェル 牝5 54kg 吉田隼 全4勝のうち3勝を新潟千直の舞台で上げている巧者。なのだが持ち時計に不安は残るし、例年以上に巧者がそろった今年は直線競馬とはいえアドバンテージには不十分。厳しい戦いになると言わざるを得ないが、舞台設定自体は絶好だし1つでも上の着順を目指したい。

◎3-6 イオラニ セン6 56kg 木幡巧 新潟の千直を得意とし、2走前の駿風Sでも2着と好走。前走は不可解だったが、シンガリ負けだったし何かあったのだろう。さすがに相手もそろったし、直線もこの馬だけに有利というわけでもないが、昨年の夏から見違えるように成長した当馬。一変があっても不思議ではないので警戒は必要かもしれない。

◎4-7 シンボリディスコ 牡7 56kg 伴 千直を4戦して勝利こそないものの3着内率100%、一昨年のアイビスSDでも強豪相手に2着と抜群の適性を持つ当馬。スペースができれば馬場のいい外に持ち出したりするが、まっすぐ走るのが上手な事は崩れない要因の1つだろう。今回もスピード自慢がそろうし、そこまで人気にもならないだろうがリピーターが活躍するレース。決して甘く見てはいけない1頭だ。

◎4-8 ダンシングワンダー 牝5 54kg 北村宏 昨年8月の邁進特別を54秒1という猛時計で快勝して一躍直線競馬のスペシャリストかと注目されたと当馬。しかし、クラスが上がってからは周囲のプレッシャーもきつくなって満足のいく結果が出ないでいる。ただ、時計勝負を恐れない馬なので前がやりあって時計が早くなってくれれば巻き返しも十分あり得るだろう。「夏は牝馬」の格言通りここで魅せることができるか?

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
各馬短評2017
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

アイビスサマーダッシュ【攻略データ】【【おウマの玉手箱】】

アイビスSDを枠順出る前に買い目を決めてみる【枠順出る前に買い目を決めてみる】

2017 上半期私的名レースベストテン【ホースレース・ロマネスク】

ブロガープロフィール

profile-icon7doraemons

競馬とサッカーを中心に
スポーツ全般好き。
好きな競走馬はトランセンド
応援チームはアルビレックス新潟、横浜DeNAベイスターズ。
記事に対するコメント歓迎です。
  • 昨日のページビュー:27914
  • 累計のページビュー:10869715

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念(2016)、各馬短評
  2. ルージュバックが「もうヤダ」と苦しがってしまった、桜花賞回顧
  3. 日本ダービー(2016)、各馬短評
  4. 天皇賞秋(2016)、各馬短評
  5. 天皇賞春、各馬短評
  6. 彼は横山典弘にダービーを勝たせる為に生まれてきた馬だ
  7. シゲルスダチが印象的だった、NHKマイルC回顧
  8. 桜花賞、各馬短評
  9. 皐月賞、各馬短評
  10. 天皇賞秋、各馬短評

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
11
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss