レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~

ヴィクトリアマイル、各馬短評

このエントリーをはてなブックマークに追加

今週は春の牝馬ナンバーワン決定戦ヴィクトリアマイルです。牝馬の春G1レースはここしかないので、スプリンターから中距離まで様々なカテゴリーの牝馬が集結します。マイルへの適性も大切になってきますね。それではおなじみの各馬短評です。

◎1-1 アットザシーサイド 牝4 55kg 田辺 昨年の桜花賞3着馬。とはいえ完璧な立ち回りだったし本質的にマイルは若干長い気もする。しかしヴィクトリアマイルで穴をあけるのは気持ち距離が長いタイプだし、オーロCで牡馬相手に上がり最速の末脚で3着している東京コースはプラスだろう。内枠から息をひそめて勝機を伺いたい。

◎1-2 スマートレイアー 牝7 55kg 武豊 秋華賞2着など牝馬戦線では常にトップレベルにいる牝馬G1の常連。馬場も味方したとはいえマカヒキに先着した京都記念の走りはお見事だった。高速決着は勘弁してほしいが距離の守備範囲が非常に広く戦法も自在なのでここでも凡走はないだろう。逆にG1になると善戦マンどまりの印象はぬぐえないが何でもできそうな枠を引けたし、名手がどう導くかも注目したい。有力他馬の隙を狙って4度目の正直を狙う。

◎2-3 ジュールポレール 牝4 55kg 幸 3連勝で一気に重賞挑戦となった阪神牝馬Sでは勝ち馬には完敗だったものの、アドマイヤリードに僅差の3着と自信になるレースだったに違いない。関東圏でのレースは初めてだし、あまり緩い馬場が得意じゃない印象も受けたので土曜日の雨予報が気がかり。ミッキークイーンを逆転できるかと言われれば難しいと言わざるを得ないが、伸び盛りの4歳馬、前走の経験を糧に逆転を狙いたい。

◎2-4 ソルヴェイグ 牝4 55kg 川田 現役上位の快速馬が春の女王決定戦へ望む。年明けのレースは結果が出ていないが休み明けだったり、馬場に苦しんだり敗因はある。スプリンターズS・3着の実績ならばここでも臆することはないだろう。ここではスピードが違うのでおそらくハナを切ることになる。距離は長いに違いないが、スプリンターが好成績を残すことも多いレース。一発を狙って一目散だ。

◎3-5 アドマイヤリード 牝4 55kg ルメール 昨年の桜花賞でメジャーエンブレムに迫った末脚が注目された当馬。結局クラシック戦線は悔しい結果に終わったが、自己条件をトントンと勝ち上がり前走・阪神牝馬Sも重馬場を豪快に追い込んで2着を奪取。自慢の末脚にさらに磨きがかかっている。こういうタイプなので勝ちきるには展開の助けは必要だし、ミッキークイーンとの差を詰めるのは容易ではないが長い直線での末脚爆発を期待したい。

◎3-6 アスカビレン 牝5 55kg 池添 前走六甲Sで鋭い決め手を繰り出し牡馬も一蹴しここへコマを進めてきた当馬。上位勢と比較すると一枚落ちる感じはあるが、4着ながら府中牝馬Sの走りには見所があったし、東京コースは間違いなくプラスだろう。切れ味が注目されがちだが、この相手ならアドバンテージになるのはスタートの上手さだ。ポンッと出ていい位置を取れるのはG1では大きな武器になるはず。上位進出の可能性は十分、甘く見てはいけない1頭。

◎4-7 ルージュバック 牝5 55kg 戸崎 すべてが噛み合わず完敗に終わった桜花賞から中々勝てなかったが、昨年は牡馬を蹴散らす走りを披露し存在感を示すことはできた。前走の金鯱賞は行くところ行くところロードヴァンドールがヨれてきた不運があったので着順を鵜呑みにするのは危険だ。ただルージュバックは本質的にマイルは短い馬なので、本気でこのタイトルを狙うならば遠征になってでもマイラーズCや阪神牝馬S辺りの短い距離を一度走ってもらいたかったのが正直なところも、牝馬同士ならば能力はトップクラス。大得意の東京で今度こそ無冠の女王を返上してみせる。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
各馬短評2017
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【グラスワンダー素人日記】ヴィクトリアマイル - 1人検討会【競馬徒然日記 筆者:グラスワンダー】

NHKマイルC アエロリットの勝因は鞍上の『覚悟』と手腕【ダービージョッキー大西直宏 騎手の視点】

2017 チャンピオンズマイル・チェアマンズSP レース回顧【ホースレース・ロマネスク】

ブロガープロフィール

profile-icon7doraemons

競馬とサッカーを中心に
スポーツ全般好き。
好きな競走馬はトランセンド
応援チームはアルビレックス新潟、横浜DeNAベイスターズ。
記事に対するコメント歓迎です。
  • 昨日のページビュー:167
  • 累計のページビュー:10354011

(09月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念(2016)、各馬短評
  2. ルージュバックが「もうヤダ」と苦しがってしまった、桜花賞回顧
  3. 日本ダービー(2016)、各馬短評
  4. 天皇賞秋(2016)、各馬短評
  5. 天皇賞春、各馬短評
  6. シゲルスダチが印象的だった、NHKマイルC回顧
  7. 彼は横山典弘にダービーを勝たせる為に生まれてきた馬だ
  8. 桜花賞、各馬短評
  9. 皐月賞、各馬短評
  10. マイルCS(2016)、各馬短評

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
11
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss