レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~

天皇賞春、各馬短評

このエントリーをはてなブックマークに追加

今週はいよいよ天皇賞・春。キタサンブラックとサトノダイヤモンドの再戦を多くの競馬ファンが心待ちにしていたことでしょう。しかし、舞台は魔物が棲む淀3200M。過去10年一番人気が負け続けて、20年に延ばしても4勝という波乱含みのレースです。それでは各馬見ていきましょう。

◎1-1 シャケトラ 牡4 58kg 田辺 昨年6月デビューながらも順調に勝ち上がり、あっという間にOP入り。そして前走・日経賞ではグランプリホースをはじめとする強豪を打ち負かし重賞初制覇を飾った大器。いまの時代だから距離はそこまで気にならないだろうが、懸念はわずか6戦のキャリアだろう。相手関係や時計ではなく経験不足からくるG1特有の厳しいプレッシャーに敗れていった馬は少なくない。人気にはなるだろうが胸を借りる立場、ロングスパートに耐えうる自慢の末脚がどこまで通用するか楽しみだ。

◎1-2 ラブラドライト セン8 58kg 酒井 2500M以上のレースでは掲示板を外したことがない長距離レースの安定株。8歳になった今年も万葉S、ダイヤモンドSを2着しマラソンレースでの安定感は健在で先行力もあるのは心強いだろう。だが重賞レースでの好走は斤量面で恵まれたところもあるし、このメンバーに入ると単純にスピード不足。とはいえこの年齢で初G1挑戦だし、自慢のスタミナを活かして一つでも上の着順を目指したい。

◎2-3 キタサンブラック 牡5 58kg 武豊 G1大阪杯を制しG1・4勝目を挙げた年度代表馬が連覇を目指す。大阪杯は貫録勝ちで着差以上に強い内容。何度やってもキタサンブラックが勝ったであろう競馬だった。前走は普通だったがスタートが上手く楽にポジションを取れるので、今回も実質ペースを握ることになるだろう。適正は中距離だとは思うが掛かるところも全くないので距離の守備範囲は非常に広いし、実力はもはや論ずるまでもないだろう。サトノダイヤモンドに雪辱を果たし、現役最強を高らかに歌う。

◎2-4 スピリッツミノル 牡5 58kg 幸 3歳時はクラシック3冠を皆勤した当馬。当時は逃げていたのだがスタートや二の脚が特に早いわけでもなかったので徐々に控える競馬にシフト。綺麗な先行抜け出しや鋭い中位差しを見せるなど、よく言えば変幻自在、悪く言えば安定しないレースぶりを見せている。若い頃は逃げて結果を出していたことからおそらく「気で走る」馬なのだろう。相手も強いし距離も疑問符だが久しぶりのG1、自分との戦いに打ち勝ち一つでも上の着順を目指す。

◎3-5 ファタモルガーナ セン9 58kg 浜中 ディープインパクト産駒・異色の長距離馬が2年連続で春の盾へ参戦。G1初挑戦となった昨年は強豪相手に7着と大健闘と言っていい内容。もう9歳だが故障での休養期間があり馬はまだ若し、昨年のステイヤーズSではアルバートをひやりとさせるレースをしたように衰えはない。さすがに勝ち負けまでは苦しいと言わざるを得ないが、実質キタサンブラックの刻むペースはこの馬に合うだろう。自慢の末脚で昨年以上の結果を目指す。

◎3-6 シュヴァルグラン 牡5 58kg 福永 昨年同レース3着のスタミナ自慢がG1制覇を目指して今年も参戦。前走、連覇を狙った阪神大賞典はサトノダイヤモンドに完敗だったが、実質マッチレースだったしシュヴァルグランがサトノダイヤモンドを負かすには先に動くしかなかったので目標にされた面もある。単純な実力差は認めることになるが、2強と比較すれば3200Mは確実にアドバンテージになりえる馬。おそらくキタサンブラックの直後を狙って出していくと思われる。間隙を縫ってG1制覇だ。

◎4-7 アルバート 牡6 58kg 川田 ステイヤーズS連覇など、3000M以上の重賞を3勝している現役屈指の長距離砲。ある程度の切れ味も有しているが、もちろん売りは無尽蔵ともいえるスタミナ。昨年6着に敗れたようにスピードが必要な京都克服がカギだが、昨年の有馬記念も不利な15番枠から7着に追い込んでおり今のキタサンブラックが作り出すペースは確実に向く。3200Mという距離がアドバンテージになる数少ない馬で、ステイヤーとして春の盾のタイトルは譲れない。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
各馬短評2017
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【展望】第155回天皇賞・春② 先週末の簡単な振り返りも。【人生は競馬と共に】

【天皇賞春馬券】セレブの強運を妬まない(4/30京都)【馬券に年間500万投じる”リアル”な週末 by 安置エイジ】

2017 香港クイーンエリザベスⅡ世S レース展望 及び簡易予想【ホースレース・ロマネスク】

ブロガープロフィール

profile-icon7doraemons

競馬とサッカーを中心に
スポーツ全般好き。
好きな競走馬はトランセンド
応援チームはアルビレックス新潟、横浜DeNAベイスターズ。
記事に対するコメント歓迎です。
  • 昨日のページビュー:517
  • 累計のページビュー:10352835

(09月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念(2016)、各馬短評
  2. ルージュバックが「もうヤダ」と苦しがってしまった、桜花賞回顧
  3. 日本ダービー(2016)、各馬短評
  4. 天皇賞秋(2016)、各馬短評
  5. 天皇賞春、各馬短評
  6. シゲルスダチが印象的だった、NHKマイルC回顧
  7. 彼は横山典弘にダービーを勝たせる為に生まれてきた馬だ
  8. 桜花賞、各馬短評
  9. 皐月賞、各馬短評
  10. マイルCS(2016)、各馬短評

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
11
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss