レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~

皐月賞、各馬短評

このエントリーをはてなブックマークに追加

今週は若葉薫る中山競馬場で行われる牡馬クラシック第一弾・皐月賞です。桜花賞に引き続き雨が心配されますがギリギリ持ちそうな予報です。しかし中間は結構降ったし中山最終週ということもあって当然馬場状態はよくありません。まだ身体が完成していない3歳馬には過酷な条件となる皐月賞。それではおなじみの各馬短評です。

◎1-1 マイスタイル 牡3 57kg 横山典 8番人気の低評価を覆して弥生賞を2着に逃げ粘り優先出走権を獲得。前走はスローペースを見越した鞍上の好判断もあったし、このメンバーだと多少見劣りするところはある。しかし、重たい馬場は平気だし今回もペースは早くならないだろうからスタートさえ出れば楽に好位をとれるだろう。さすがに勝ち負けまでは厳しいと思うが、息をひそめて上位を伺いたい。

◎1-2 スワーヴリチャード 牡3 57kg 四位 ベテラン期待の若駒が皐月賞制覇を目指す。前走共同通信杯は好位から悠然と抜け出す競馬で格の違いを見せつけた。多少相手手薄だったが1頭だけ全くレベルの違う競馬をしていたのは素直に評価するべきだろう。切れる脚も持っているのでペースが早ければ控えればいいし、よほど極端にならなければ展開不問なのも魅力だ。馬場もある程度こなせると思うが懸念点は新馬、東スポで見せた出遅れ癖。2歳王者ではなくこちらを選んだ鞍上・四位騎手と共にスタートを決め、狙うは頂点唯一つだ。

◎2-3 コマノインパルス 牡3 57kg 江田 京成杯を後方から追い込んで重賞初制覇を果たした追込馬。続く弥生賞ではスローペースを向こう正面からポジションを上げて行ったものの直線は伸びきれず6着に敗れている。強気の競馬だったが、現状自分から動いていって勝ちきるまでの差はないということだろう。京成杯は上位は全て追込みで決まった展開利も正直あったし、ここに混じると上位争いは厳しい。末脚にすべてをかけ一つでも上位を狙いたい。

◎2-4 カデナ 牡3 57kg 福永 驚異の瞬発力を披露し弥生賞を制した当馬。この時期の若駒らしく、レースを重ねるごとに成長を見せている。個人的に雨や馬場が気になることはないが、まだ色々完成途上の馬。その意味でも皐月賞と同コースを経験できたことはプラスだろう。競馬の選択肢が少なく展開に左右されるのは否めないが、こと瞬発力に関しては今回のメンバーでも最上位。最大の武器を活かし、鞍上福永騎手にとっても菊花賞に続く親子クラシック制覇を狙う。

◎3-5 レイデオロ 牡3 57kg ルメール 3戦3勝でホープフルSを制し、年末の段階では牡馬クラシック戦線の最上位の評価を得ていた当馬。しかし年明け後は順調に調整できず、前哨戦なしのぶっつけで皐月賞へ参戦することになった。素質・コース適正などは今更ケチをつけることもないのだが、ホープフルSは結果的に相手関係も楽だったし、厳しいレースを経験したことがないのも気がかりだ。課題はあるがどんな競馬になっても脚は使えそうなのは魅力。桜花賞で不覚を取った藤沢&ルメールのコンビで、今度こそクラシック制覇だ。

◎3-6 アウトライアーズ 牡3 57kg 田辺 前走スプリングS2着から逆転を狙う。いかにも休み明けだった前走はともかく、圧巻は前々走のひいらぎ賞での走り。少頭数とはいえ中山マイルを出遅れたにもかかわず、大外を回して一捲りで勝ちきってしまった。叩き2走目で状態アップは間違いないだろう。血統的にも緩い馬場を苦手とする感じでもないし、上位争いは必至だ。関東リーディング田辺騎手を背に混戦を絶って見せる。

◎4-7 ペルシアンナイト 牡3 57kg M.デムーロ アーリントンCを圧勝で皐月賞の舞台に挑む俊英。この前走は他馬とは全く違う末脚で、素質と馬体が噛み合ってきた印象を受ける。シンザン記念では重馬場の中3着に敗れているが、この敗戦は馬場適性というよりも経験の差が出た印象で、緩い馬場が極端にマイナスになる様には感じない。むしろ瞬発力勝負は分が悪い分、パワーのある馬場の方が相対的にいい気もする。G1の大舞台、馬場の真ん中を豪快に突き抜けることができるか期待したい。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
各馬短評2017
タグ:
G1
競馬
皐月賞

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

皐月賞、各馬短評

すみません

皐月賞、各馬短評

短評で再三緩い馬場とか重馬場はどうとか言ってますけど、明日は良馬場ですよ。
昨日投稿されたみたいですけど、昨日の時点で日曜の天気予報晴れでしたし。
ちゃんと確認してから投稿した方がいいですよ。

こんな記事も読みたい

中山グランドジャンプ、各馬短評【レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~】

人気者になろうと思ってもなれないし、作ろうと思っても作れない【Armar know Jack Bigwild】

ストーリーで考える皐月賞:男たちによろしく【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

ブロガープロフィール

profile-icon7doraemons

競馬とサッカーを中心に
スポーツ全般好き。
好きな競走馬はトランセンド
応援チームはアルビレックス新潟、横浜DeNAベイスターズ。
記事に対するコメント歓迎です。
  • 昨日のページビュー:5032
  • 累計のページビュー:10294984

(07月11日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念(2016)、各馬短評
  2. ルージュバックが「もうヤダ」と苦しがってしまった、桜花賞回顧
  3. 日本ダービー(2016)、各馬短評
  4. 天皇賞秋(2016)、各馬短評
  5. 天皇賞春、各馬短評
  6. 彼は横山典弘にダービーを勝たせる為に生まれてきた馬だ
  7. シゲルスダチが印象的だった、NHKマイルC回顧
  8. 桜花賞、各馬短評
  9. 皐月賞、各馬短評
  10. マイルCS(2016)、各馬短評

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
11
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss