レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~

大阪杯、各馬短評

このエントリーをはてなブックマークに追加

今週はG1に昇格を果たした大阪杯が行われます。長らく春シーズンに中距離のG1が欲しいという意見は多かったし、実際にここを春シーズン最大の目標で挑んでくる馬も多く参戦してきました。それでは各馬短評行ってみましょう。

◎1-1 ミッキーロケット 牡4 57kg 和田 夏の北海道で連勝し、神戸新聞杯ではサトノダイヤモンドをヒヤリとさせるシーンを演出した当馬。続く菊花賞は距離もあっただろうが使い詰めが効いた印象だった。仕切り直しで挑んだ日経新春杯では古馬も同世代の雄も一蹴し戴冠。非常に充実している。懸念点は若干スタートに難がある馬だということで、最内枠は諸刃の剣。ちゃんと出れればこれ以上ない好枠なので、ぜひスタートを決めたい。胸を借りる立場に違いないが、ここを勝つ力は十分に持ち得る逸材だ。

◎2-2 アングライフェン 牡5 57kg 岩田 OP昇格後は苦しいレースが続いていたが、京都記念では強敵相手に5着と健闘した。京都巧者の印象でコース替わりはマイナスだろうが、京都記念のような緩い馬場はこなしてくれるので、今週ずっと天気が良くない影響が残る馬場であれば他馬が苦しむ分、上の着順を狙えるかもしれない。とはいえ現状では相手がさらに強化されるここで勝ち負けに加わるのは至難の業、着あればといったところだ。

◎3-3 スズカデヴィアス 牡6 57kg 藤岡佑 一昨年の京都記念でキズナを押さえて2着に入ったくらいで長らく不振に陥っていたが、前々走、白富士Sを快勝し続く金鯱賞も3着と脚質転換が功を奏した。さすがにこの相手だと力不足は否めないが、久々のG1の舞台。内枠でじっくり脚を溜める競馬に徹して一つでも上の着順を目指したい。

◎3-4 ステファノス 牡6 57kg 川田 昨年の天皇賞秋3着と2000M戦は崩れない堅実派。直線は長い方がいい気がするので内回りがどうかだし、内を捌いて伸びてこれるような馬でもないので外に出すタイミングもカギになるだろうが、末脚の破壊力はこの中に入っても上位の存在。前走金鯱賞は6着と敗れたが、この馬は典型的な叩き良化型なので大幅な上積みは間違いない。マルターズアポジーがハイペースで引っ張って前がつぶれる流れになれば、上位進出も十分可能だ。

◎4-5 キタサンブラック 牡5 57kg 武豊 年度代表馬が今年初戦に挑む。昨年はアンビシャスに僅差の2着も2キロの斤量差があったし、ショウナンパンドラ以下は抑え込んでるわけだから強い内容だった。長距離G1を3勝だが、私自身この馬の本質は中距離とみていて距離に不安はないとみる。手足の長い分若干テクニカルな阪神内回りが気になるくらいで、馬場状態も関係なく崩れる姿は想像できない。今回も番手からの競馬になるだろうし、有馬記念同様、逃げ馬以外の全馬からマークされるに違いないが、ここで負けるわけにはいかない。NEW・G1もキタサン祭りを響かせる。

◎4-6 サクラアンプール 牡6 57kg 横山典 強豪揃いの中山記念を2着に激走して波乱を演出した当馬。中央の全3勝をすべて中山であげていることから中山巧者の印象は多分にある。阪神内回りは走ってみなければわからない面もあるが、今の充実度ならこなしてくれる楽しみの方が多いだろう。ロゴタイプ、アンビシャスらに先着しているのだから、この相手でも恐れることはない。いい枠を引いたし、今回も人気馬の間隙を縫い自慢の末脚を炸裂させて上位を伺う。

◎5-7 サトノクラウン 牡5 57kg M.デムーロ 昨年の京都記念で極悪馬場を突き抜けて圧勝。続く国内戦では結果が出なかったが暮れの香港でハイランドリールを負かす大金星を挙げ、今年の京都記念ではマカヒキを破って連覇など完全に一皮むけた印象の当馬。毎年この時期は好調なので、季節的なものもあるのかもしれない。いわゆる高速馬場に対応できる馬ではなく多少緩い方が本領を発揮するタイプなので、当日の馬場状態も鍵になる。皐月賞1番人気にかけて同期キタサンブラックに下剋上を果たせるか。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
各馬短評2017
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

大阪杯【攻略データ】&【トラックマン注目馬情報】【【おウマの玉手箱】】

【大阪杯2017予想】G1昇格初年度を制す血統的法則とは!?キタサンブラックなど徹底解説!【倉本匠馬の重賞コラム・予想】

ストーリーという視点で大阪杯を予想する【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

ブロガープロフィール

profile-icon7doraemons

競馬とサッカーを中心に
スポーツ全般好き。
好きな競走馬はトランセンド
応援チームはアルビレックス新潟、横浜DeNAベイスターズ。
記事に対するコメント歓迎です。
  • 昨日のページビュー:58837
  • 累計のページビュー:10841802

(11月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念(2016)、各馬短評
  2. ルージュバックが「もうヤダ」と苦しがってしまった、桜花賞回顧
  3. 日本ダービー(2016)、各馬短評
  4. 天皇賞秋(2016)、各馬短評
  5. 天皇賞春、各馬短評
  6. 彼は横山典弘にダービーを勝たせる為に生まれてきた馬だ
  7. シゲルスダチが印象的だった、NHKマイルC回顧
  8. 桜花賞、各馬短評
  9. 皐月賞、各馬短評
  10. 天皇賞秋、各馬短評

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
11
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss