レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~

高松宮記念、各馬短評

このエントリーをはてなブックマークに追加

今週は春の短距離王決定戦・高松宮記念。大阪杯がG1に昇格したこともあって、皐月賞の週まで4週連続でG1が続くわくわくするシーズンに突入しましたね。中京最終週の高松宮記念ですが、昨年はBコースに変更になっただけでなく、いきなりレコード連発の超高速馬場になって目論見が外れた陣営も多数いました。今年は土曜日の競馬にも注目したいところです。日曜日はちょっと雨の気配もあって馬場を読むのは難しそう。では、おなじみの各馬短評いってみましょう。

◎1-1 ティーハーフ 牡7 57kg 国分優 一昨年の函館SSの勝ち馬。その時に繰り出した衝撃の末脚が忘れられないファンも多いことだろう。しかし以降は見せ場もないまま着を拾うのが精いっぱいといった感じで、今回も厳しい戦いになるだろう。何度も書いてるがこの馬は「他の馬が伸びないような状態でもいつも通りの末脚を繰り出せる」のが持ち味。今回も「ハマる」ことを祈り末脚にすべてをかける。

◎1-2 フィエロ 牡8 57kg 内田 主な勝ち鞍「六甲S」のマイル界が誇るミスター善戦マンが新境地を求めてスプリント戦線へ殴り込み。今まで戦ってきた相手を考えればここでも上位の力はあるし、こういうタイプは多少条件が変わっても善戦はできそうだ。スプリントのペースだと後方からの競馬を余儀なくされるだろうが末脚不発は考えにくい。が、同時に突き抜けるまでは想像できないのも事実で取捨が悩ましいところ。この馬にとって欲しいのは勝利という結果のみ、一か八かで勝負をかけた豪脚一閃なるか?

◎2-3 レッツゴードンキ 牝5 55kg 岩田 好走すれども勝利から見放され続けていた桜花賞馬が、前走京都牝馬で2年ぶりの勝利を挙げた。差す競馬を完全にものにしたので展開不問なのも心強い。ただ、過去2回のスプリントG1ではプレッシャーがきつく結果が出ていないように、このレベルで好走するにはプレッシャーが少ないことが大前提。桜花賞、レディスクラシック、京都牝馬とプレッシャーが少ない時は必ず上位に顔を出してくれる。内枠を克服し、揉まれない競馬ができれば上位を伺うことも十分に可能だ。

◎2-4 ラインスピリット 牡6 57kg 森一 一時期不振に陥っていたものの、再び軌道に乗ってきたOP特別の常連。「千二よりは千四」の馬だったが、復調後はスプリンターとして完全に一皮むけた。特に3走前のルミエールOHはトップハンデかつ新潟最終週にも関わらず54秒9の時計を叩き出し圧勝したようにスピードが増している。元来道悪は下手なので日曜日の馬場・天気は気になるところだが高速馬場になった場合、軽視できない存在だろう。相棒の二刀流・森一馬騎手、念願の平地重賞初制覇はG1勝利で決めてみせる。

◎3-5 レッドアリオン 牡7 57kg 菱田 一昨年のマイラーズCの勝ち馬でマイル重賞の常連が再びスプリント戦線へ。セントウルSでは見せ場のある内容で新境地を見せたように、気性の問題から今はスプリントの方がよさそうだ。しかし全盛期ならともかく現状G1の舞台だと力不足な感じは否めない。スムーズに立ち回れたとしても、着あればといったところだろう。

◎3-6 セイウンコウセイ 牡4 57kg 幸 連勝でOP特別を勝ち、続くシルクロードSでは勝ちに等しい内容で2着と急成長を遂げた若き俊英。スタートが上手でレースセンスは相当なものがありそうだし馬場を問わないのも心強い。強敵が揃うここでの力関係もダンスディレクターと僅差の競馬ならば臆することはない。あとはG1のペースとプレッシャーをどう乗り越えるかだけ。今年絶好調の鞍上を味方に、もちろん狙うは頂点だ。

◎4-7 レッドファルクス 牡6 57kg M.デムーロ 国内の1200M戦では無敗の実績を誇る昨秋のスプリント王。芝・ダート二刀流らしくパワーあふれる走りが魅力で、CBC賞をレースレコードで快勝した中京コースは得意中の得意。荒れ馬場は大丈夫だが、昨年のレベルまで時計が早くなってしまうと苦労するかもしれない。まあ今回はそこまでスピードに特化したタイプは少ないのでどんな馬場でも不利にはならないだろう。神がかり的な活躍を続ける鞍上を背に秋春スプリント連覇を達成し、短距離王をめぐる争いに終止符を打つ。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
各馬短評2017
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

高松宮記念簡易展望と先週のレース回顧【サンチェス・ピスファン】

2017 ドバイミーティングレース展望 及び簡易予想【ホースレース・ロマネスク】

高松宮記念【攻略データ】&【トラックマン注目馬情報】【【おウマの玉手箱】】

ブロガープロフィール

profile-icon7doraemons

競馬とサッカーを中心に
スポーツ全般好き。
好きな競走馬はトランセンド
応援チームはアルビレックス新潟、横浜DeNAベイスターズ。
記事に対するコメント歓迎です。
  • 昨日のページビュー:580
  • 累計のページビュー:10872869

(11月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念(2016)、各馬短評
  2. ルージュバックが「もうヤダ」と苦しがってしまった、桜花賞回顧
  3. 日本ダービー(2016)、各馬短評
  4. 天皇賞秋(2016)、各馬短評
  5. 天皇賞春、各馬短評
  6. 彼は横山典弘にダービーを勝たせる為に生まれてきた馬だ
  7. シゲルスダチが印象的だった、NHKマイルC回顧
  8. 桜花賞、各馬短評
  9. 皐月賞、各馬短評
  10. 天皇賞秋、各馬短評

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
11
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss