レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~

フェブラリーS、打倒カフジテイクの展開を考える

このエントリーをはてなブックマークに追加

早いもので今週はフェブラリーSです。カフジテイクは馬をよく知る津村騎手に手綱が戻ることが決定しました。今回のフェブラリーSはグレンツェント、アウォーディーが不在なのでおそらく1番人気はカフジテイクになるでしょう。

騎手の立場からも警戒する一番手はカフジテイクかなと思います。それくらい前走は鮮やかでした。ならば瞬発力勝負にならない程度にペースを落としてと思うところですが、問題はコパノリッキー。コパノリッキーはご存じのとおり自分のペースでスムーズに走れた時にこそ凄まじい力を発揮します。馬なりでのスローならともかく、東京大賞典のようにワザと落としたスローはリッキーのリズムではありませんし、ホッコータルマエによくやられていたようにがっつりマークされたりすると最後まで頑張れないのです。現にホッコータルマエにびっしり来られた時って、リッキーは地方交流でも3着に残るのが精いっぱいだったはずです。「勝つときは実に強いが負けるときはあっさり負ける」現役馬ではリッキーが最もあてはまるでしょう。カフジテイクだけでなくサウンドトゥルー、モーニン、ノンコノユメなど有力と目される馬が差し脚を武器としている馬が多いですが、これらを警戒して無作為にペースを落とすことはコパノリッキーを自由にさせてしまうということになります。

先行馬は「コパノリッキーをどうするか」がポイント。昨年3連覇を狙ったコパノリッキーは内枠でプレッシャーをかけられて敗れましたが、今年去年のようなレースをしたら間違いなくカフジテイクに飲み込まれます。だからと言ってリッキーをほおっておくことは難しい。しかも武騎手が手綱を取るのですんなり行かせたら怖い。

それに今回のメンバーはチャンピオンズCより強力な先行馬は少ない印象。枠次第ですがケイティブレイブはマイルだと逃げられない可能性が高く、レッツゴードンキは京都牝馬へ向かいそうなので、コパノリッキー以外だとアスカノロマン、ベストウォーリアが候補。中でもポイントはベストウォーリアと戸崎騎手かなと思います。理想は「逃げているのはアスカノロマンでも実質ペースを握っているのはコパノリッキーとベストウォーリア」の展開。つまり自分のペースで走りたいコパノリッキーと、前走カフジテイクに鮮やかに差されたベストウォーリアがコパノリッキーのペースに合わせて走ることでギリギリまでコパノリッキーに頑張ってもらう。2014年の有馬記念。元々距離が長いトーセンラーと苦手な右回りのジェンティルドンナの2頭を、少しでも馬に有利になるスローの瞬発力勝負に持ち込みたいという武騎手と戸崎騎手の思惑が一致した展開を2人は作りました。他の先行馬が納得するペースを武騎手と戸崎騎手で作ることができるかどうかが打倒カフジテイクのポイントでしょうか?

最後に、この記事を上げた段階ではまだサウンドトゥルーの鞍上が不明。気性的に難しいタイプではありませんが、多分中央マイル+芝スタートだと尋常じゃないくらい遅れるので腹をくくって脚を溜められるかどうか。主戦・大野騎手ならば馬を信じて我慢できるでしょうが、テンのりだとあまりに勢いよく離されて、焦って動かしてしまう可能性も出てきますね。カフジテイクについていく感じでいいんじゃないでしょうか?



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
競馬(全般)
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【シリーズ最強世代・番外編17】1999年クラシック世代【テイエムオペラオー】【レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~】

【弥生賞1週前】ブレスジャーニー怪物説、ヨシトミ萬田久子説【馬券に年間400万投じる”リアル”な週末 by 安置エイジ】

帆柱山特別の【ペケマル指数】が確定! デスク木下とペケ田編集長の3日連続的中はあるのか!?【【競馬まとめ!ペケマル】編集長のblog】

ブロガープロフィール

profile-icon7doraemons

競馬とサッカーを中心に
スポーツ全般好き。
好きな競走馬はトランセンド
応援チームはアルビレックス新潟、横浜DeNAベイスターズ。
記事に対するコメント歓迎です。
  • 昨日のページビュー:1899
  • 累計のページビュー:10296882

(07月12日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念(2016)、各馬短評
  2. ルージュバックが「もうヤダ」と苦しがってしまった、桜花賞回顧
  3. 日本ダービー(2016)、各馬短評
  4. 天皇賞秋(2016)、各馬短評
  5. 天皇賞春、各馬短評
  6. 彼は横山典弘にダービーを勝たせる為に生まれてきた馬だ
  7. シゲルスダチが印象的だった、NHKマイルC回顧
  8. 桜花賞、各馬短評
  9. 皐月賞、各馬短評
  10. マイルCS(2016)、各馬短評

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
11
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss