レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~

【シリーズ最強世代・番外編17】1999年クラシック世代【テイエムオペラオー】

このエントリーをはてなブックマークに追加

世紀末覇王、ここに降臨す

年間無敗を誇った最強馬にして世界の賞金王テイエムオペラオーを擁する世代。とかくテイエムオペラオーが注目されがちなこの世代の真の傾向とは?

獲得G1一覧 【中央】 フェブラリーS  →(‘01)ノボトゥルー 高松宮記念  →(‘01)トロットスター 天皇賞春  →(‘00,’01)テイエムオペラオー 安田記念  →(‘02)アドマイヤコジーン 宝塚記念  →(‘00)テイエムオペラオー、(‘01)メイショウドトウ スプリンターズS  →(‘01)トロットスター 天皇賞秋  →(‘00)テイエムオペラオー エリザベス女王杯  →(‘01)トゥザヴィクトリー マイルCS  →(‘02)トウカイポイント ジャパンC  →(‘00)テイエムオペラオー 有馬記念  →(‘00)テイエムオペラオー 【地方】 川崎記念  →(‘02)リージェントブラフ マイルCS南部杯  →(‘00)ゴールドティアラ、(‘02)トーホウエンペラー JBCスプリント  →(‘03)サウスヴィグラス 東京大賞典  →(‘01)トーホウエンペラー ※ヴィクトリアマイル、JBCクラシック、JBCレディスクラシックは除く

◎制覇率 1999-1

◎分野別詳細 1999-2

◎順位 ※次回更新は1995年更新後

◎所感 ついに出た!芝のG1完全制覇。スプリント戦線でトロットスターが出現しその年のスプリント戦線を制圧。オペラオーが勝ったレースの2着は全てこの世代の馬(2着も大体同じだろとか言ってはいけない)。「勝つのは常にオペラオー」だっただけで、相当レベルの高い世代だったのだろう。3年半ぶりG1勝利のアドマイヤコジーン、今日は追い込んだトゥザヴィクトリーなど個性派がズラリとそろう強い上に面白い世代だ。芝完全制覇ということは必然的に中央の制覇率も高くなるということなので、中央の制覇率は2002年世代をしのぐ記録。ダービー馬・アドマイヤベガの離脱をものともしない活躍ぶりだ。

この世代は3歳時でのG1勝利がないがそこは相手が悪いの一言に尽きる。いよいよお待ちかね、次回は「最強世代」と名高い1998年世代に迫ります。

※一応1995年の世代分まで作ってあるので来週くらいには各世代の紹介は終わると思います。また、関連記事の項目別ランキングは随時更新中。現在のランキングがチェックできます。



【各世代記事】 2015年クラシック世代 2014年クラシック世代 2013年クラシック世代 2012年クラシック世代 2011年クラシック世代 2010年クラシック世代 2009年クラシック世代 2008年クラシック世代 2007年クラシック世代 2006年クラシック世代 2005年クラシック世代 2004年クラシック世代 2003年クラシック世代 2002年クラシック世代 2001年クラシック世代 2000年クラシック世代 1999年クラシック世代 1998年クラシック世代 1997年クラシック世代 1996年クラシック世代 1995年クラシック世代

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
シリーズ最強世代
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【弥生賞1週前】ブレスジャーニー怪物説、ヨシトミ萬田久子説【馬券に年間400万投じる”リアル”な週末 by 安置エイジ】

帆柱山特別の【ペケマル指数】が確定! デスク木下とペケ田編集長の3日連続的中はあるのか!?【【競馬まとめ!ペケマル】編集長のblog】

2017 フェブラリーS プレビュー【ホースレース・ロマネスク】

ブロガープロフィール

profile-icon7doraemons

競馬とサッカーを中心に
スポーツ全般好き。
好きな競走馬はトランセンド
応援チームはアルビレックス新潟、横浜DeNAベイスターズ。
記事に対するコメント歓迎です。
  • 昨日のページビュー:1899
  • 累計のページビュー:10296882

(07月12日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念(2016)、各馬短評
  2. ルージュバックが「もうヤダ」と苦しがってしまった、桜花賞回顧
  3. 日本ダービー(2016)、各馬短評
  4. 天皇賞秋(2016)、各馬短評
  5. 天皇賞春、各馬短評
  6. 彼は横山典弘にダービーを勝たせる為に生まれてきた馬だ
  7. シゲルスダチが印象的だった、NHKマイルC回顧
  8. 桜花賞、各馬短評
  9. 皐月賞、各馬短評
  10. マイルCS(2016)、各馬短評

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
11
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss