レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~

【シリーズ最強世代・番外編14】2002年クラシック世代【シンボリクリスエス】

このエントリーをはてなブックマークに追加

時代を席巻した21世紀の新・最強世代

2年連続天皇賞秋・有馬記念を勝利したシンボリクリスエス、名刀デュランダル、嵐を呼ぶ馬ヒシミラクル、ダート王アドマイヤドンなど一級品の名馬をズラリと揃えたハイレベル世代。隙がない布陣に見えますが果たして?

獲得G1一覧 【中央】 フェブラリーS  →(‘03)ゴールドアリュール、(‘04)アドマイヤドン 高松宮記念  →(‘04)サニングデール、(‘05)アドマイヤマックス 天皇賞春  →(‘03)ヒシミラクル、(‘04)イングランディーレ 安田記念  →(‘05)アサクサデンエン 宝塚記念  →(‘03)ヒシミラクル スプリンターズS  →(‘03)デュランダル 天皇賞秋  →(‘02,’03)シンボリクリスエス エリザベス女王杯  →(‘02)ファインモーション マイルCS  →(‘03,’04)デュランダル 有馬記念  →(‘02,’03)シンボリクリスエス 【地方】 川崎記念  →(‘04)エスプリシーズ かしわ記念  →(‘05)ストロングブラッド 帝王賞  →(‘04)アドマイヤドン マイルCS南部杯  →(‘03)アドマイヤドン JBCクラシック  →(‘02,’03,’04)アドマイヤドン JBCスプリント  →(‘04)マイネルセレクト 東京大賞典  →(‘02)ゴールドアリュール、(‘03)スターキングマン ※ヴィクトリアマイル、JBCレディスクラシックは除く

◎制覇率 2002-1

◎分野別詳細 2002-2

◎順位(2001~2015) 【中央・地方】 ・中央・・・1位 ・地方・・・2位 ・総合・・・1位 【芝・ダート】 ・芝・・・2位 ・ダート・・・3位 【距離別】 ・スプリント・・・4位 ・マイル・・・3位 ・中長距離・・・4位 ・ダート短距離・・・4位 ・ダート長距離・・・4位(タイ) ※次回更新は1995年更新後

◎所感 芝、ダート、スプリントから長距離とまったく隙の見当たらない超ハイレベル世代。取り逃したレースはJCとJCダートのわずかに2つと完璧な戦績を収めた。制覇率も中央83.3%、総合89.5%はこれまでで断トツの最高値。すべての分野を網羅しており本当に全てにおいてハイレベルなメンバーを揃えていた。かといって突出した馬がいないというわけでもなく、各路線にエースが存在したところも見逃せない。最強世代と呼んでも何ら差し支えない世代と言えるだろう。



【各世代記事】 2015年クラシック世代 2014年クラシック世代 2013年クラシック世代 2012年クラシック世代 2011年クラシック世代 2010年クラシック世代 2009年クラシック世代 2008年クラシック世代 2007年クラシック世代 2006年クラシック世代 2005年クラシック世代 2004年クラシック世代 2003年クラシック世代 2002年クラシック世代 2001年クラシック世代 2000年クラシック世代 1999年クラシック世代 1998年クラシック世代 1997年クラシック世代 1996年クラシック世代 1995年クラシック世代

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
シリーズ最強世代
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「【シリーズ最強世代・番外編14】2002年クラシック世代【シンボリクリスエス】」へのコメント

>mizuha0407さん
いつもコメントいただきありがとうございました。レベルの高い馬が揃っててダービー馬の名前をあげるのを怠ってしまうとは・・・。
フリートストリートダンサーすごかったです。完全にかわされた状態からでしたからね。
当コーナーはもう少し続くのでお付き合いいただけたら光栄です。

【シリーズ最強世代・番外編14】2002年クラシック世代【シンボリクリスエス】

名前は出てこないダービー馬とか皐月賞馬とかローエン(以下略)とかいろんな意味でまだまだ層が厚い世代ですねえ。。
ゴールドアリュールも器としてはアドマイヤドンにひけはとらないというか、カネヒキリとヴァーミリアンの関係に近いような気も。
復帰しなかったわけだから比較はできませんけれど。

JCDで印象深いのは、確かかなり重い馬場のなか、多分史上唯一のJCD勝ち(だったはず)外国馬フリートストリートダンサーが思いっきり差し返してきたとかそんなだった記憶が。
逆にこの時期JCはあんまり印象に残らない……いやタップダンスシチーの圧勝劇とかありましたけど。

こんな記事も読みたい

2017 佐賀記念 レース回顧【ホースレース・ロマネスク】

【再録】スペシャルウィークメモリアル~「王道」それは語り継がれる伝説の世代~【レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~】

【佐賀記念2017予想】倉本匠馬・馬産地NAOKI・馬主・R-田中の予想を特別公開!【倉本匠馬の重賞コラム・予想】

ブロガープロフィール

profile-icon7doraemons

競馬とサッカーを中心に
スポーツ全般好き。
好きな競走馬はトランセンド
応援チームはアルビレックス新潟、横浜DeNAベイスターズ。
記事に対するコメント歓迎です。
  • 昨日のページビュー:27914
  • 累計のページビュー:10869715

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念(2016)、各馬短評
  2. ルージュバックが「もうヤダ」と苦しがってしまった、桜花賞回顧
  3. 日本ダービー(2016)、各馬短評
  4. 天皇賞秋(2016)、各馬短評
  5. 天皇賞春、各馬短評
  6. 彼は横山典弘にダービーを勝たせる為に生まれてきた馬だ
  7. シゲルスダチが印象的だった、NHKマイルC回顧
  8. 桜花賞、各馬短評
  9. 皐月賞、各馬短評
  10. 天皇賞秋、各馬短評

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
11
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss