レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~

ジャパンC(2016)、各馬短評

このエントリーをはてなブックマークに追加

今週は古馬中距離戦線の大一番、ジャパンCです。天皇賞秋から挑む馬、有馬記念へ向かう馬がちょうどここでぶつかり層の厚いレースになってきました。国内最高賞金額を誇るレースでどの陣営も意欲十分でここへ挑んでくることでしょう。それではおなじみの各馬見解いってみましょう。

◎1-1 キタサンブラック 牡4 57kg 武豊 今年の春の天皇賞馬。宝塚記念も先行馬全滅のハイペースで逃げ粘り3着に残った。さしたる逃げ馬不在の今回はハナを切ることになるだろうが、かわされても抵抗し差し返してくる恐るべき脚を持っており、他馬にとっては競りかけるのも勇気がいる難儀な相手だ。唯一の死角と思われる東京コースだが、デビュー2戦目でダービー2着のサトノラーゼンをちぎっており問題ないだろう。叩いて良化は間違いなく、雨で馬場が悪くなるのもプラスになりえる。欲しいのは1枠でも1番人気でもなく1着、現役ナンバー1のみだ。

◎1-2 ビッシュ 牝3 53kg 幸 紫苑Sを制し秋華賞で1番人気に支持された素質馬が意欲の参戦。前走の敗因がつかめないが、地元関東の競馬では崩れていないので前走のようなことはないだろう。しかし相手のレベルはこれまでの非ではない。ジャパンCで掲示板を確保するような3歳牝馬はファビラスラフィンやレッドディザイアのようにG1を勝ってる馬で、この馬がそのレベルかと言われたら疑問符が残る。逆にここで掲示板を確保できるようならその後の活躍は約束されたようなもの、試金石だ。

◎2-3 ゴールドアクター 牡5 57kg 吉田隼 4連勝で昨年の有馬記念を制したグランプリホース。天皇賞春こそ折り合いを欠いて完敗だったが、着を狙うような立場でもなく早めにキタサンブラックを捕まえにいった結果なので仕方ない。休み明けのオールカマーを横綱競馬で完勝し改めて実力を示した。東京コースはアルゼンチン共和国杯を勝っているし、父スクリーンヒーローも勝った舞台なので問題ないだろう。馬場の悪化が気になるような馬でもないので雨でもOK。今回は内枠で天皇賞のようなことはないだろう。父同様、世界の舞台で主演を務めてみせる。

◎2-4 ルージュバック 牝4 55kg 戸崎 毎日王冠を驚異の末脚で制した大器。天皇賞秋でも後方から追い込んだものの7着と及ばなかった。オークス2着があるとはいえこのレベルだと距離延長はプラスではないように思うし、モーリスはともかく相手のレベルが落ちたとも言い難い上、雨が残る馬場も正直プラスとは言えない。厳しいレースが予想されるが、G1タイトルなしでは終われない馬。虎視眈々と上位を伺う。

◎3-5 イキートス 牡4 57kg ファーガソン 初参戦の海外馬の為、略。

◎3-6 ラストインパクト 牡6 57kg 川田 昨年2着に頑張り小波乱を演出してみせたG1常連。とはいえ昨年は鞍上の好騎乗でごちゃつく展開を利用できた感じもあったし、基本的に重たい馬場は不得手なのも不安材料で厳しいレースになるだろう。昨年同様、内に潜り込んでレースの流れに乗り上位を伺いたい。

◎4-7 ワンアンドオンリー 牡5 57kg 田辺 2014年のダービー馬が輝き放った舞台で復活を誓う。前走のアルゼンチン共和国杯は着順こそ振るわないものの、この馬としては悪くない内容だった。しかし、さらに相手が強化されるとあってはチャンスは少ないと思うし、ダービー馬に使いたくないフレーズだがここでは力不足な印象だ。現状では厳しい戦いになるだろうが、ダービー馬の誇りを胸に一つでも上の着順を。

◎4-8 イラプト 牡5 57kg ブドー 昨年に続き参戦。昨年は4コーナーで下がる不利があったものの、直線はしぶとく伸びて6着を確保。陣営の思惑通り日本の馬場への適性は示せた内容だった。イスパーン賞の完敗もあり水を含んだ馬場が気になるところだが、最近は調子を上げてきているようだし軽視は禁物だろう。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
各馬短評2016
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【KINGクリの単勝複勝】京都2歳S,京阪杯【KINGクリの単勝複勝】

【レース展望】第36回ジャパンカップ またまた1枠1番。。。【人生は競馬と共に】

JC 3頭の外国馬について【サンチェス・ピスファン】

ブロガープロフィール

profile-icon7doraemons

競馬とサッカーを中心に
スポーツ全般好き。
好きな競走馬はトランセンド
応援チームはアルビレックス新潟、横浜DeNAベイスターズ。
記事に対するコメント歓迎です。
  • 昨日のページビュー:20883
  • 累計のページビュー:10320738

(07月29日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念(2016)、各馬短評
  2. ルージュバックが「もうヤダ」と苦しがってしまった、桜花賞回顧
  3. 日本ダービー(2016)、各馬短評
  4. 天皇賞秋(2016)、各馬短評
  5. 天皇賞春、各馬短評
  6. 彼は横山典弘にダービーを勝たせる為に生まれてきた馬だ
  7. シゲルスダチが印象的だった、NHKマイルC回顧
  8. 桜花賞、各馬短評
  9. 皐月賞、各馬短評
  10. マイルCS(2016)、各馬短評

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
11
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss