レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~

エリザベス女王杯(2016)、各馬短評

このエントリーをはてなブックマークに追加

JBC競走はありましたが中央のG1は今週から年末まで続きます。今週はエリザベス女王杯、3歳馬の参戦が少なくさびしいメンバーになってしまいましたが、いつも通り個人見解を載せていきましょう。

◎1-1 ミッキークイーン 牝4 56kg 浜中 昨年3歳牝馬路線2冠馬。6か月ぶりの戦線復帰はG1の舞台となった。休み明けでも力は出せるタイプだがこれまでは叩いてから本番を迎えてただけに、ぶっつけ本番がどう出るかがポイントだ。とはいえ得意の京都だし、能力もここならマリアライトと並んで最上位なのは間違いない。G1・3勝目をがっちりと掴み取る。

◎2-2 マリアライト 牝5 56kg 蛯名 今年の宝塚記念でドゥラメンテ、キタサンブラックら強敵を破りG1・2勝目を挙げた当馬。前走オールカマーは5着に敗れたが叩き良化型なので今回はさらに上昇しているだろう。死角があるとすれば高速馬場は不向きであるということ。一雨来ればなお完璧だが、有馬記念や日経賞でも牡馬トップクラスと互角に戦っていることを考えれば能力最上位は間違いない。グランプリホースとしてここは譲れない1戦だ。

◎2-3 クイーンズリング 牝4 56kg デムーロ 前走府中牝馬Sを鋭い差し足で快勝。距離は前走くらいが理想だが、秋華賞2着もあるし京都コースならば2200Mも大丈夫だろう。ただヴィクトリアマイルなどもそうなのだがレースの流れに乗りきれないことがあるのが気がかり。その意味でもムラのあるタイプなのでアテにはできないが2強逆転もあり得る存在だろう。

◎3-4 ヒルノマテーラ 牝5 56kg 四位 今年のマーメイドSで2着の実績を持ち、前走OP特別で重賞でも上位に来るような牡馬相手に完勝。安定感も出てきたし今年のメンバーならば実力は見劣るものではない。京都巧者で掲示板を外したことがないのも魅力だ。さすがに上位2頭とは実力差を認めることになるだろうが、前走に続く大駆けを期待したい。

◎3-5 メイショウマンボ 牝6 56kg 池添 2013年に牝馬G1・3勝をマークした当馬。しかし翌年以降はヴィクトリアマイル2着以外は見せ場らしい見せ場すらなく近走はブービー、シンガリの着順が続いている。3歳時の力が出せれば2強にも全く引けを取る物ではないが現状では酷というもの。競走馬生活も終盤だし、見せ場があればいいのだが。

◎4-6 プロレタリアト 牝5 56kg 杉原 初勝利後のレースを全て2000M以上を走り続けている牝馬では珍しい中・長距離型。ムラのあるタイプにも見えるが、戦績を見ると直線に坂のあるコースが苦手っぽい印象を受ける。その点、前走1600万下を勝利した京都コースはいいだろう。しかし前走はハンデ差もあったしここに入ると見劣りするのは否めないが、若い鞍上と共に少しでも上の着順を目指す。

◎4-7 マキシマムドパリ 牝4 56kg 武豊 昨年の秋華賞3着馬。コンスタントに使われているがへこたれず常に掲示板を確保する安定感は魅力だ。特に京都コースとの相性は抜群で先の秋華賞と合わせて3着以内を外したことがない。1600万下の身なのでさすがに胸を借りる立場だがコース相性と相手なりの強みを活かして上位を伺う。

◎5-8 タッチングスピーチ 牝4 56kg ムーア 昨年のエリザベス女王杯で3歳牝馬最先着となる3着入線を果たした素質馬。牝馬にしては中~長距離向きな為、春シーズンは強豪牡馬との対戦を余儀なくされ結果が出なかったが牝馬同士なら力は上位だろう。追込一辺倒の脚質なだけに展開がカギだが名手ムーアの手綱で昨年以上を目指す。

◎5-9 シングウィズジョイ 牝4 56kg ルメール 昨年末のターコイズS、中山マイルの大外枠からを先手を取りに行って勝ちきってしまった。勝つときは実に強いが負けるときはあっさり負ける馬券ファンには悩ましい存在。距離もコースもあまり関係なく、典型的な気で走る馬なのだろう。さすがに実力的には見劣りすると言わざるを得ないが、名手ルメールがこの気難しい馬をどう導くのか注目だ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
各馬短評2016
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

多くの人が良い環境というところが、必ずしも自分にも良いとは限らない【Armar know Jack Bigwild】

【展望】 第41回エリザベス女王杯 ~ 今週も難しそうです【人生は競馬と共に】

エリザベス女王杯【攻略データ】&【トラックマン注目馬情報】【【おウマの玉手箱】】

ブロガープロフィール

profile-icon7doraemons

競馬とサッカーを中心に
スポーツ全般好き。
好きな競走馬はトランセンド
応援チームはアルビレックス新潟、横浜DeNAベイスターズ。
記事に対するコメント歓迎です。
  • 昨日のページビュー:1359
  • 累計のページビュー:10508234

(10月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念(2016)、各馬短評
  2. ルージュバックが「もうヤダ」と苦しがってしまった、桜花賞回顧
  3. 日本ダービー(2016)、各馬短評
  4. 天皇賞秋(2016)、各馬短評
  5. 天皇賞春、各馬短評
  6. 彼は横山典弘にダービーを勝たせる為に生まれてきた馬だ
  7. シゲルスダチが印象的だった、NHKマイルC回顧
  8. 桜花賞、各馬短評
  9. 皐月賞、各馬短評
  10. マイルCS(2016)、各馬短評

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
11
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss