レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~

菊花賞(2016)、各馬短評

このエントリーをはてなブックマークに追加

今週は秋の3歳クラシックの掉尾を飾る菊花賞。このレースを最後に3歳限定戦は幕を閉じ古馬との戦いが始まります。皐月賞、ダービーと同じ馬が上位5頭を占めた今年のクラシック戦線、マカヒキは海を渡り、リオンディーズは無念の戦線離脱となってしまいましたが、夏を越えて一層たくましくなった牡たちが最後の一冠をかけて淀3000Mに挑みます。それでは各馬短評行ってみましょう。

◎1-1 カフジプリンス 牡3 57kg 岩田 夏の札幌で1000万下を5馬身差の圧勝を決めた当馬。続く同距離のOP特別は重賞でも好走歴のあるレベルの古馬たちが相手となりさすがに不発も、同世代相手の前走神戸新聞杯はサトノダイヤモンドを見る形で運び直線突き放されたものの4着と健闘、引けを取っていないことを証明した。まだ上位陣との差があるのは否めないが長距離経験を活かして少しでも上の着順を目指す。

◎1-2 ジョルジュサンク 牡3 57kg 幸 春のすみれSを勝利し皐月賞に挑んだものの16着と完敗。前走、神戸新聞杯も見せ場らしい見せ場もなく満足のいく内容が出せないでいる。やってみなければわからないところもあるが3000Mも向いてるとは言えない感じだしさすがに着あればといったところだろう。好枠を引いたし見せ場を演出してみせたい。

◎2-3 サトノダイヤモンド 牡3 57kg ルメール 皐月賞3着、ダービー2着の期待の超素質馬。前走、神戸新聞杯はミッキーロケットの強襲にヒヤリとしたが休み明けを考えれば上々の内容だろう。叩いてよくなるのは皐月賞→ダービーで証明済みだし、得意の京都に替わるのも好材料だ。あとは3000Mをどう克服するかだが同年代相手だしどんなレース展開でも対応できる馬で内枠、そして名手ルメールならばマイナスになることはないだろう。「3強」で唯一タイトルのない当馬にとって、ここは絶対に譲れない1戦だ。

◎2-4 シュペルミエール 牡3 57kg 北村宏 デビュー以来すべて2000M以上の距離を走ってきてすべて3着以内と安定感抜群の当馬。前走も着差こそ控えめだがメンバー中最速の上がりを繰り出し完勝だった。トップレベルとの対戦は初めてになる今回、力関係がカギだしさすがに厳しい戦いになるだろう。菊花賞が得意なステイゴールドだし相手なり強みを活かして上位進出を目指す。

◎3-5 ミライヘノツバサ 牡3 57kg 藤岡佑 前走1000万下を快勝し皐月賞以来となるクラシックに参戦。3000Mは大丈夫だとは思うが初めての関西遠征だし、安定感が魅力も重賞クラスになると足りない印象で正直上位陣との力の差があるのは否めない。前々でレースの流れに乗って少しでも上の着順を目指したい。

◎3-6 ディーマジェスティ 牡3 57kg 蛯名 ゴールドシップ以来の皐月賞&菊花賞制覇をめざし参戦。前走セントライト記念は着差こそわずかだが負けた陣営も力の差があることを認める内容。直線抜け出した後のもたつきなどはいかにも休み明けという感じだったし叩いて間違いなく良化しているだろう。母父ブライアンズタイムは長距離で実績のある血統だし、同世代相手ならば3000Mはアドバンテージにすらなりえる。唯一の懸念点は出遅れ癖とまではいかないがスタートに難があること。3000Mとはいえポジションを取る為にも、ゲートをしっかりと決めて最後の1冠もいただく。

◎4-7 レッドエルディスト 牡3 57kg 四位 青葉賞で驚異の末脚を披露し2着、前走神戸新聞杯も鋭く末脚を伸ばし3着で優先出走権を獲得し勇躍菊花賞へ。ダービーでもいい走りを見せたようにここに入っても力は上位で、かかっていくような馬でもなくむしろズブいくらいだから3000Mも問題ないだろう。完成はまだ先だろうがレースをこなすごとに成長を見せているし「神戸新聞杯3着」はなぜか菊花賞と好相性。同厩のライバル・エアスピネルより早く大仕事をやって見せるか。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
各馬短評2016
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

菊花賞【攻略データ】&【トラックマン注目馬情報】【【おウマの玉手箱】】

vol.64 菊花賞 予想【赤い悪魔と時々天使】

【予想】菊花賞【スミスの素人馬券予想】

ブロガープロフィール

profile-icon7doraemons

競馬とサッカーを中心に
スポーツ全般好き。
好きな競走馬はトランセンド
応援チームはアルビレックス新潟、横浜DeNAベイスターズ。
記事に対するコメント歓迎です。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:10968966

(12月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 有馬記念(2016)、各馬短評
  2. ルージュバックが「もうヤダ」と苦しがってしまった、桜花賞回顧
  3. 日本ダービー(2016)、各馬短評
  4. 天皇賞秋(2016)、各馬短評
  5. 天皇賞春、各馬短評
  6. 彼は横山典弘にダービーを勝たせる為に生まれてきた馬だ
  7. シゲルスダチが印象的だった、NHKマイルC回顧
  8. 桜花賞、各馬短評
  9. 皐月賞、各馬短評
  10. 天皇賞秋、各馬短評

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
11
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss